『二重生活』木村多江、みうらじゅん、アラーキーが絶賛した“理由なき尾行”の魅力とは?

大注目の門脇麦、各界からの評価は?

大注目の門脇麦、各界からの評価は?/(C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ

映画『二重生活』(配給:スターサンズ)が6月25日(土)より全国公開。NHK「ラジオ」(文化庁・芸術祭大賞受賞、国際エミー賞にノミネート)を手掛けた映像作家・岸善幸が、同名小説を大胆に脚色。映画『愛の渦』、NHK連続テレビ小説「まれ」でも注目を浴びた、今もっとも注目度の高い女優、門脇麦が単独初主演に挑んだ。

『二重生活』に各界から絶賛の声

尾行しているような感覚に…

尾行しているような感覚に…/©2015『二重生活』フィルムパートナーズ

全国公開を目前に控え、写真家、作家、女優など、各界の著名人より、本作のコメントが到着。
映画「二重生活」に、そして“理由なき尾行”に魅せられた方たちのコメントを是非チェックして頂きたい。

門脇麦がすごくイイ、リアル。
この夏はムギを尾行。この映画、痛切。

荒木 経惟(写真家)

気が付くと私は、映画の中の男を緊張しながら尾行してい
た。そして、乾いた映像と孤独に、心の隙間をのぞかれた
気がした。

木村多江(女優)

これは映画ではない。テレビでもない。
『二重生活』という新しいメディアの中を、
僕はクラゲのように漂い続けて、いつか自分を尾行している。いまも。

一色伸幸(脚本家・小説家)

センテンス・スプリングに諸行無常の響きあり。知らぬが仏、
知ったら地獄。人間だもの、ならぬ人間けだもの。
まるでホラー映画のようでした。

みうらじゅん(イラストレーターなど)

各界から寄せられる絶賛の声からは本作の衝撃の強さが感じられる。物語の中に入り込み、“尾行”という行為に引き込まれていく。そんな感覚を生じさせる門脇麦の高い演技力は本作でも必見だ。

>『二重生活』の記事をもっと読む


映画『二重生活』
6月25日(土)新宿ピカデリー他全国公開

監督・脚本:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち
音楽:岩代太郎
原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊)
出演:門脇麦、長谷川博己、菅田将暉 / 河井青葉、篠原ゆき子、西田尚美、烏丸せつこ/ リリー・フランキー
配給:スターサンズ

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

門脇麦

生年月日1992年8月10日(26歳)
星座しし座
出生地東京都

門脇麦の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST