“CG界の神”ILMが魅せる!『ウォークラフト』最先端特殊効果の裏側に迫る映像が解禁

ウォークラフト

世界中で大ヒットを巻き起こす『ウォークラフト』の裏側に迫る/
(c) 2016 legendary and universal studios

月に囚われた男』、『ミッション:8ミニッツ』ダンカン・ジョーンズが世界的人気ゲーム「ウォークラフト」を映画化した『ウォークラフト』が7月1日(金)より公開される。本作では、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の圧倒的なVFX効果を生み出したILM(インダストリアル・ライト&マジック)も特殊効果に参加。今回、“CG界の神”と名高いILMの最新技術を収めた映像が解禁となった。

リアルすぎる表情、リアルすぎる躍動感

本作で導入された、「フェイシャル・キャプチャー技術」による繊細な表情の表現、さらにはダイナミックな動きを演出する「ヘアクラフト」の裏側に迫る映像だ。

監督が「最重要課題はオーク族のビジュアル」と語るように、物語の主役であるオークにいかに感情移入してもらえるかが製作の大きな鍵を握っていた。

そのためILMのVFXチームは、微妙な表情を表現するため、特殊メイクではなく、フェイシャル・キャプチャーを進化させた新たな方法に挑戦。本映像では、オーク側の主人公であるデュロタンを演じたトビー・ケベルの、瞬きから口角の動き、目のかすかな揺らぎにいたるまで、見事に表現される様子が紹介されている。また、今回は“ヘアクラフト”という毛専門の技術も導入。力強く躍動するオークの姿は圧巻だ。

最新技術で表現されたオークはまるで実写のようだ/(c) 2016 legendary and universal studios 

最新技術で表現されたオークはまるで実写のようだ/(c) 2016 legendary and universal studios 

VFXスーパー・バイザーのジェフ・ホワイトは「夢のような機会だったよ」と嬉々とコメント。壮大な世界観を持つ本作は、ILMのスタッフ陣にとっても刺激的だったようだ。監督も「彼らはまさに映画の最先端だよ」と本作の特殊効果に絶大な自信を持っている。ILM、驚異の最新技術によって生き生きと表現されるキャラクターたちをぜひ本作でチェックしていただきたい。


映画『ウォークラフト』
2016年7月1日(金)全国公開

原題:Warcraft
監督・脚本:ダンカン・ジョーンズ『月に囚われた男』『ミッション:8ミニッツ』
脚本:チャールズ・リーヴィット『白鯨のいた海』
キャスト:トラヴィス・フィメル、ポーラ・パットン、ダニエル・ウー、ベン・フォスター、ドミニク・クーパー ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST