【レビュー】『ブルックリン』―故郷への思いに揺れる主人公に胸を打たれる一本

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

控え目な輝きを放つシアーシャ・ローナンが素晴らしい


艶やかな髪、吸い込まれるような瞳、そして身に讃える柔らかな雰囲気…シアーシャ・ローナンは、実に美しく、画になる女優だ。ニューヨークに生まれてアイルランドで育った彼女は、ハリウッドの典型的な美人女優たちとは対照的に、美しくも親しみやすさを感じさせる姿と確かな演技力によって、数々の作品で輝きを放ってきた。そんなシアーシャの主演最新作『ブルックリン』は、コルム・トビーンによる同名小説を基に、アイルランドとニューヨークを舞台に繰り広げられる、一人の女性が見せる成長と葛藤のドラマを描いた作品だ。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

物語は、1950年代のアイルランドで幕を開ける。食料品店に務めるエイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、アメリカの高級デパートで働くチャンスを得て、故郷を旅立つこととなる。姉のローズ(フィオナ・グラスコット)、母のメアリー(ジェーン・ブレナン)に別れを告げたエイリシュは、船で海を渡ってブルックリンに足を踏み入れる。寮の住人たちや、職場の上司の助けを得ながら新たな環境に適応したエイリシュは、トニー(エモリー・コーエン)という心優しい配管工の青年と恋に落ち、目標である会計士になるための勉強をしながら、充実した日々を過ごすのだが…。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

牧歌的な風景が広がる町で生まれ育ったエイリシュは、意地悪なミス・ケリー(ブリッド・ブレナン)が経営する食料品店で働いている。そんな彼女が抱くのは、「現状に対する不満」と「都会への憧れ」という、若かりし日に誰もが抱く普遍的な感情だ。その後、エイリシュは自分か姉のどちらかが、半生を費やして母の面倒を見なければならないという問題にぶつかるのだが、ここで描かれる姉の自己犠牲が実に感動的だ。そして、その感動的な行いの背後に姉が隠す「秘密」も、ドラマティックで予期せぬ展開をもたらす仕掛けとして、効果的に機能している。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

姉の献身によって、エイリシュはアメリカ行きが可能となり、ブルックリンで「新生活」をスタートさせるのだが、このパートでも、やはり共感を誘う感情が掬い取られていく。新しい同居人や仕事仲間との「微妙な距離感」、故郷を離れた誰もが抱くであろう「激しいホームシック」、こうした一種の障害に対して、落ち込み、時には涙を流すエイリシュの姿には、すべての大人がかつての自分を重ね合わせることだろう。こうして、極めて普遍的で共感を生む物語の要素が、導入部分からシンプルかつ効果的に積み上げられていくことにより、鑑賞者は自然とストーリーに引き込まれていく。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

そんなエイリシュに扮したシアーシャが見せる繊細かつリアルな演技は、完璧と言って差し支えないほど洗練されている。劇中には、エイリシュが故郷で暮らす母や姉を思う余り涙を流し、そして落ち込むシーンが数多く登場する。こうしたネガティブなシーンでは、演者が不必要な煽情性を醸し出すと一気に胡散臭い演技が生まれてしまうものだが、本作におけるシアーシャの演技に、煽情性や胡散臭さは微塵も感じない。寧ろ、その実に自然な負の感情表現は、見る者の涙を誘うほどにリアルだ。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

なぜ、彼女はこの名演を実現できたのか。それは、自身のバックボーンに、エイリシュという役柄に重なるものが多かったからだ。というのも、シアーシャは本作の舞台であるニューヨークで生まれ、もう一つの舞台であるアイルランドで育った。そして彼女は、幼い頃から俳優としてのキャリアをスタートさせ、第二の故郷であるアイルランドを後にしてロンドンに移り住み、強烈なホームシックを経験したのだ。エイリシュの設定と重なる、「流浪の感覚」に満ちた自身の生い立ちが、シアーシャに役柄への深い自己投影を促し、心理描写における絶妙なバランス感覚を与えたのである。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

中盤では、移民の街であるブルックリンの特性を活かし、エイリシュとイタリア人青年トニーが織りなすロマンスが展開されていく。過剰にドラマタイズされることなく、常に穏やかなリズムで甘い日々を過ごしていく2人の恋愛は、SNSやスマートフォンで手軽に恋人と繋がることができる現代のそれには感じられない奥ゆかしさと清らかな空気を感じさせ、50年代という時代への憧憬を抱かせる。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

それぞれの民族性を絡めたジョークや、トニーの一家、特に末っ子のフランキー(演じたジェームズ・ディジアコモの話し方は、イタリア系の名優ジョー・ペシを彷彿させる)が見せるユーモアも、ストーリーの中だるみを防止するギミックとして面白い。その一方、スープキッチン(貧しい人々に向けて行われる、食料の供給)のシーンでは、不遇な人生を送ることになったアイルランド人のブルー・ワーカーたちの悲哀を描き出すことによって、アメリカに渡ることすべてが成功に結び付くのではないという厳しくも味わいのある現実を補完しているのも素晴らしい。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

後半にかけては、「ある悲劇」が起こることによって、エイリシュの地元町への帰還と、しばしの休息の日々が描かれる。ここで本作の物語に厚みを与えるのが、地元町に住む好青年・ジム(ドーナル・グリーソン)の存在だ。様々な思いが交錯した結果、エイリシュはニューヨークに残してきたトニーとジムの間で揺れ動くこととなる。トニーと婚約をしたにもかかわらず、ジムへの思いも募らせるエイリシュの姿は、一見すると自己中心的だと感じられるのだが、ことはそう単純ではない。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

というのも、劇中では故郷や母への思いを募らせるエイリシュの姿がたびたび描かれており、こうした心理描写の積み上げが十分に為されることによって、エイリシュの中には「トニーへの愛」×「母と故郷+ジムへの思い」という二項対立を形成するにあたって、十分な理由が与えられているのだ。エイリシュが思い悩んだ末に下した決断も、決して場当たり的、あるいは打算的という印象を与えることがない。こうしてエイリシュは、鑑賞者にストレスを与えることがないまま、終幕に至るまで共感できる主人公として立脚し続け、原作にはないラストで見せる彼女の成長は、観客に爽やかなカタルシスを与えてくれる。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

キャラクターやストーリーだけでなく、画面構成も素晴らしい。赤・黄色・水色などの原色が採用されたオディール・ディックス=ミロー担当の衣装や、フランソワ・セギュアンによる細やかな美術は、物語のシンボルカラーである緑と美しい調和を見せている。マイケル・ブルックが奏でる音楽も秀逸で、都会的なサウンドととノスタルジックなメロディが共存した楽曲の数々は、ずっと耳を傾けていたくなるほど心地よい。

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

普遍的に共感を生むストーリーとキャラクター、自己投影と絶妙なバランス感覚に基づくシアーシャの名演、そして物語の脇を締める映像・美術・音楽…。本作は、物語を構成する要素がそれぞれ噛み合うことによって、感動的なドラマとして完成されている。シアーシャはまだ22歳で、今後もさらなる活躍が期待されているが、本作が彼女のキャリアにおける代表作と称すに相応しい作品に仕上がったことは間違いない。

(文:岸豊)


映画『ブルックリン』
大ヒット上映中

監督:ジョン・クローリー(『BOY A』)
脚本:ニック・ホーンビィ(『わたしに会うまでの 1600 キロ』『17 歳の肖像』)
原作:コルム・トビーン
出演:シアーシャ・ローナン(『つぐない』『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ドーナル・グリーソン(『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』)、エモリー・コーエン、ジム・ブロードベント(『アイリス』)、ジュリー・ウォルターズ(『リトル・ダンサー』)
製作国:アイルランド=イギリス=カナダ合作/英語/カラー/ヴィスタ/112分
配給:20世紀フォックス映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST