山本美月×伊野尾慧 W主演映画『ピーチガール』:三角関係を繰り広げるさわやか男子は真剣佑に決定!

(C)上田美和/講談社

(C)上田美和/講談社

累計発行部数1,300万部を超える伝説のウルトラヒット少女コミック「ピーチガール」が、山本美月×伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)のW主演により実写映画化、2017年に公開となる。原作は 1997年10月号から2004年1月号にかけて講談社「別冊フレンド」にて連載されていた上田美和による同名コミック。

元水泳部のももは、日焼けした肌と赤い髪という外見のせいでいつも周囲から「遊んでる」などと誤解されてしまうが、実は誰よりも純粋な心をもつ女子高生。ももには、とーじという中学時代からずっと想い続けている人がいた。そして、そんな一途なももに興味を持つ、学校一のイケメン男子・カイリ。そんな中、もものお気に入りを何でも欲しがる最強最悪の小悪魔・沙絵は、とーじを横取りしようと、ももに様々な罠を仕掛ける。沙絵の罠によるピンチから、いつもももを救ってくれたカイリは、いつしかももの一番の理解者となっていく。お調子者のカイリと硬派なとーじ、全くタイプの違う二人の間で気持ちが揺れるもも。果たしてももが最後に選ぶのは――?

見た目と本当の自分とのギャップに悩むヒロインが、自分の気持ちに素直になり、勇気を出して一歩踏み出していく、前向きでパワフルなストーリー。登場人物たちの様々な想いが交錯し、最後の最後までヒロインがどちらを選ぶかが分からない、予測不可能で波乱に満ちたスピーディーな展開。2017年、少女コミック原作映画史上もっともスリリングで、最高に切ない、これまでにないラブストーリーが誕生する。

今回、もも役の山本美月、カイリ役の伊野尾慧、沙絵役の永野芽郁という顔ぶれに加え、ヒロイン・もも(山本)をめぐって、カイリ(伊野尾)と三角関係を繰り広げる、野球一筋の硬派なさわやか男子・とーじ(東寺ヶ森一矢)役が、真剣佑に決定!『ちはやふる-上の句-/-下の句-』をはじめ、今後もTBS日曜劇場「仰げば尊し」、映画『にがくてあまい』、『少女』、『チア☆ダン』と、出演作が目白押しとなっている今大注目の若手俳優。今もっとも勢いのある豪華キャストが大集結し、胸キュン満載の、波乱の恋愛模様を繰り広げる。

キャスト・監督・原作者のコメント

真剣佑【とーじ(東寺ヶ森一矢)役】
とーじは、優しくて正義感のある役で、途中いろいろな困難と立ち向かう姿がとても魅力的だと思ったのでお話を頂いた時にとてもワクワクしました。今回とーじを演じてみて、人を守りたいと思う感情や、誰かを大切にしたいという想いを、改めて感じることができました。内容は恋愛たっぷりな映画になっています。一人でも、カップルでも、ご夫婦でも…どんな方が観ても笑えて泣けて応援したくなるような映画です。映画館で是非楽しんでください。

神徳幸治【監督】
真剣佑さんとは以前仕事したこともあり、誠実さ、清潔さ、礼儀正しさ、そして我慢強くて努力を惜しまないところがとーじにピッタリで、キャスティングでは真っ先に真剣佑さんが思い浮かびました。感情表現が難しい役なので、準備段階から悩み、苦しみながら役を掴もうとする真剣佑さんの姿が、もうとーじになってるなと感じていました。撮影中も正解のない役作りに没頭し、一歩づつ前に進む真剣佑さんを見て、僕も身の引き締まる思いで正解のない作品作りに邁進していきました。是非スクリーンで優しさ溢れるとーじに出会ってもらいたいです。

上田美和【原作】
撮影現場でお会いした真剣佑さんは礼儀正しく、監督さんの指示に熱心に耳を傾け、役に取り組んでおられました。大人っぽい眼差しをしたかと思えば、まぶしい笑顔を無邪気に振りまいたり、仕草も表情も私が描いたとーじより断然素敵でかっこよかったです。優しいけど不器用な所のあるとーじ。真剣佑さんが演じたら、その不器用さもかっこよくなるのかなと、ニヤニヤわくわくしています。


映画『ピーチガール』
2017年 全国公開

原作:上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:神徳幸治
脚本:山岡潤平
出演:山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁
配給:松竹

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST