『の・ようなもの のようなもの』ほか-【良質邦画工房】心に響く良作を厳選 きっとあなたのお気に入りが見つかります

新米落語家と野球を愛する若者の青春ドラマをご紹介! 一つの目標に情熱を傾ける姿が観る者の心を震わせる。

『の・ようなもの のようなもの』

『の・ようなもの のようなもの』

[品質保証]森田芳光監督の代表作の続編 落語家二人の心温まる人情ドラマ

'11年に急逝した森田芳光監督の『の・ようなもの』の35年後を、森田作品の助監督だった杉山泰一がメガホンを継いで描く。ギャグに主題歌にとオマージュが満載。人情あふれるユルめの空気感が心地いい。仲村トオルや鈴木京香など、森田作品にゆかりのあるキャスト総出で、落語家の青春ドラマを盛り上げる。

『の・ようなもの のようなもの』

[STORY]

前座の落語家、出船亭志ん田(松山)が、数年前に失踪した兄弟子、志ん魚(伊藤)の捜索を師匠から頼まれる。便利屋になっていた志ん魚を見つけ出した志ん田は、志ん魚に復帰を説得するため共同生活を始める。

『の・ようなもの のようなもの』

『の・ようなもの のようなもの』

7.29 RENTAL
'16年・日
監督/杉山泰一
原案/森田芳光
出演/松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、でんでん、尾藤イサオ、三田佳子、ピエール瀧

⇒作品紹介・レビューを読む

(C) 2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

『モンゴル野球青春記』

『モンゴル野球青春記』

[品質保証]日本人青年とモンゴルの人々が野球を通じて交流を深めていく

モンゴルで野球の普及に尽力した関根淳のノンフィクションを映画化したさわやかなドラマ。脚本は、『百円の恋』や『お盆の弟』を手がけた足立紳が担当した。バットが武器と思われてしまうほど野球への認知が低いモンゴルで、経済格差や兵役など、さまざまな困難を乗り越えていく野球少年たちがまぶしい。

『モンゴル野球青春記』

[STORY]

90年代、元高校球児の関根(石田)が野球を教えにモンゴルに留学。しかし、社会主義崩壊直後のモンゴルでは野球はマイナー競技。コーチになった関根は、選手たちとともに国際試合での勝利と野球普及を目指し奮闘する。

『モンゴル野球青春記』

『モンゴル野球青春記』

NOW RENTAL
'13年・日
監督/武正晴
原作/関根淳
出演/石田卓也、ベヘーオチル・ジャルガルサイハン、サンジャー・ウルジフ、水澤紳吾、大河内浩

⇒作品紹介・レビューを読む

(C)「モンゴル野球青春記」製作委員会

(文:山田紗也子)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松山ケンイチ

生年月日1985年3月5日(34歳)
星座うお座
出生地青森県むつ市

松山ケンイチの関連作品一覧

北川景子

生年月日1986年8月22日(32歳)
星座しし座
出生地兵庫県神戸市

北川景子の関連作品一覧

石田卓也

生年月日1987年2月10日(32歳)
星座みずがめ座
出生地愛知県

石田卓也の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST