『呪怨』の清水崇監督のハリウッド製ホラー『7500 ナナゴーゼロゼロ』ほかーホラー、サイコキラー、サスペンスまで!! コワいお話はお好き? 暑い夏は“ゾッとする”映画で楽しもう!

怪現象に戦慄するホラーや、サイコキラーに身の毛がよだつサスペンスで、夏を涼しく乗り切ろう!

『7500 ナナゴーゼロゼロ』

『7500 ナナゴーゼロゼロ』
『7500 ナナゴーゼロゼロ』

『呪怨』の清水崇監督のハリウッド製ホラー

LA発東京行きのジャンボ機7500便が乱気流に巻き込まれたあと、乗客の一人が突然苦しみ出して死亡。以降、死体が動いたり人が失踪したりと怪現象が続発する。飛行機という密室に、キーアイテムとして不気味な人形を登場させ、観る者にじわじわと恐怖を感じさせる。絶望感と意外性のある展開もさえる。

⇒作品詳細・レビューを見る

(C)2014 CBS Films Inc. All Rights Reserved

『渇き。』

『渇き。』
『渇き。』

役所広司らが狂気の演技を見せる衝撃作

元刑事が捜す高校生の一人娘は、裏社会にどっぷり足を突っ込んだ恐るべき少女だった! 深町秋生の小説『果てしなき渇き』を、『告白』の中島哲也監督が映画化。ダーティな役柄に体当たりした役者陣の演技とバイオレンスシーンがすさまじいが、何より薬物や売春、殺人など裏社会の生々しい描写に震える!

⇒作品詳細・レビューを見る

(C)2014「渇き。」製作委員会

『死霊館』

死霊館

『ソウ』の監督が実際の事件を映画化

心霊現象研究家の夫婦が、ある一家が怪現象に悩まされる家で邪悪な存在に立ち向かう。呪われた人形、鏡にしか映らない子どもなど、ジェームズ・ワン監督が巧みな演出で恐怖を醸成する。

⇒作品詳細・レビューを見る

(C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『アナベル 死霊館の人形』

『アナベル 死霊館の人形』

『死霊館』の呪われた人形の正体!

『死霊館』に登場する呪われた人形を題材にしたホラー。自殺した殺人犯の血が人形にかかり、以来奇怪な出来事が頻発する。恐怖度満点の人形が、終始不気味な雰囲気を漂わせる。

⇒作品詳細・レビューを見る

(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『キャビン』

『キャビン』

ホラーのお約束を逆手に取った異色作

若い男女が警告を無視してハメを外し、ゾンビに襲われる。そんなホラー定番の展開は謎の組織が仕組んだという設定が斬新。ゾンビ、狼男、半魚人など恐怖映画らしいキャラが大挙登場。

⇒作品詳細・レビューを見る

『悪の教典』

『悪の教典』

人気教師の本性はサイコキラー

人気高校教師が、自分の残虐な素顔が露見しそうになり、担任クラスの40人超のみな殺しを目論む。三池崇史監督の演出による、生徒一人ひとりの凄惨な“死にざま”がショッキング。

⇒作品詳細・レビューを見る

『新選組オブ・ザ・デッド』

『新選組オブ・ザ・デッド』

バナナマン日村勇紀のゾンビがコワイ?

日村演じる新選組のお荷物隊士、屑山下衆太郎がゾンビにかまれ、仲間たちを巻き込んで京の都を大混乱に陥れる。ユルい雰囲気のなか、みるみる変貌していく屑山の姿がおぞましい。

⇒作品詳細・レビューを見る

『Zアイランド』

『Zアイランド』

ヤクザと“Z”が孤島でバトル

品川ヒロシ監督、哀川翔主演のアクション。対立する二つの暴力団と、麻薬の影響で誕生した化け物“Z”たちが三つどもえの戦いを始める。ヤクザとZ、コワモテだらけの攻防が壮絶!

⇒作品詳細・レビューを見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

清水崇

生年月日1972年7月27日(47歳)
星座しし座
出生地群馬県前橋市

清水崇の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST