マット・デイモン来日決定!シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』で9年ぶりに日本に帰ってくる

マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンにファンの期待も高まる!

マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンにファンの期待も高まる!/(C) Universal Pictures

10月7日(金)より公開の「ボーン」シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』。この度、主演マット・デイモンの9年ぶりの来日が決定!また今回の来日に際し、ファンには堪らないマットに直接会える企画も開催予定だ。

9年前に来日を予告していた?

記憶を失い、愛する者を奪われた暗殺者=ジェイソン・ボーン。アクション映画の金字塔「ボーン」シリーズの最新作『ジェイソン・ボーン』が、ポール・グリーングラス監督とマット・デイモンのシリーズ最強タッグで復活。孤高の暗殺者の物語は、遂に<新章>へと突入する。

映画のプロモーションとしての来日は『ボーン・アルティメイタム』以来、9年ぶりとなったマット・デイモン。前作の来日会見では「5年後、10年後の話として、もしグリーングラス監督が声をかけてくれたら、またボーンを演じたいという気持ちはある」とコメント。そして今年、その宣言通りに再演が決定!「間違いなくシリーズ最高傑作だ」と断言する最新作を引っさげて日本に帰ってくる。

マット自身本作での再演を熱望していた!

マット自身、本作での再演を熱望していた!/(C) Universal Pictures

マットは8月18日(木)に行われる本作のジャパン・プレミアに参加予定。また、今回の来日を記念し、レッドカーペット・イベントなどに参加できる豪華プレゼント企画や、マット本人に直接インタビューができるというファン垂涎のキャンペーンなども実施される。ファン待望、マット演じるジェイソン・ボーンの日本カムバックをお見逃しなく。

>『ジェイソン・ボーン』の記事をもっと読む


■『ジェイソン・ボーン』来日キャンペーン応募ページ(外部ページ) 
レッドカーペット・イベント招待キャンペーン
インタビューキャンペーン(7/23~応募開始予定です)

『ジェイソン・ボーン』
10月7日(金) 全国公開

監督:ポール・グリーングラス
脚本:ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ
キャラクター原案:ロバート・ラドラム
出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィキャンデル、ヴァンサン・カッセル and トミー・リー・ジョーンズ
原題:JASON BOURNE
邦題:ジェイソン・ボーン
公開日(北米)2016年7月29日(日本)2016年10月7日
配給:東宝東和

ボーン・アルティメイタム

ボーン・アルティメイタム

出演者 マット・デイモン  ジュリア・スタイルズ  デビッド・ストラザーン  スコット・グレン  パディ・コンシダイン  エドガー・ラミレス  ジョーイ・アンサー  コリン・スティントン  アルバート・フィニー  ジョーン・アレン
監督 ポール・グリーングラス
製作総指揮 ジェフリー・M・ワイナー  ヘンリー・モリソン  ダグ・リーマン
脚本 トニー・ギルロイ  スコット・Z・バーンズ  ジョージ・ノルフィー
原作者 ロバート・ラドラム
音楽 ジョン・パウエル
概要 マット・デイモン扮する記憶を失った元CIA諜報員が自らの過去を取り戻すため世界中を駆け巡る人気シリーズ完結編となるサスペンス・アクション。監督は引き続き「ユナイテッド93」のポール・グリーングラス。CIAの極秘計画“トレッドストーン”によって過去の記憶を消され、究極の暗殺者にされたジェイソン・ボーン。彼はその過去の断片を辿りながら、全てを明らかにしようと奔走していた。そんなある日、イギリスの大手新聞ガーディアンにボーンの記事が載る。そしてその担当記者ロスから、トレッドストーンをアップデートした“ブラックブライアー”という計画の存在を知らされるボーンだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マット・デイモン

生年月日1970年10月8日(48歳)
星座てんびん座
出生地

マット・デイモンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST