腰を痛めたオダギリジョー、主演作の初日舞台挨拶に欠席することを告白

より

映画『オーバー・フェンス』東京プレミア上映会より、左から、松澤匠、満島真之助、松田翔太、オダギリジョー、蒼井優、北村有起哉、鈴木常吉、山下敦弘監督

28日、都内で映画『オーバー・フェンス』のプレミア上映会が行われ、キャストのオダギリジョー、蒼井優、松田翔太、北村有起哉、満島真之助、松澤匠、鈴木常吉、そしてメガホンを取った山下敦弘監督が登壇。腰を痛めたというオダギリは。杖をついて登場し、自身が初日舞台挨拶に欠席することを報告。その理由については、「海外に行ってしまっているので、どうしようもないんです」と語った。

 

腰を痛めてしまったというオダギリジョー

本作は、妻子と別れて故郷の函館で職業訓練校に通う白岩義男(オダギリ)が、不思議な空気を放つ田村聡(蒼井優)と出会ったことをきっかけに始まる、複雑な人間模様を描くドラマ。杖をついて登場したオダギリは、「ファッションでも何でもなくて、腰を痛めちゃいまして。それでつかせてもらってます。あんまり気にしないでください」とコメント。

 

初上映を迎え、迫るキャストやスタッフとの別れが寂しいと語った蒼井優

オファーを受けて脚本を読んだ時のことについて聞かれると、「素晴らしい脚本で、一言でいうと、これは演じてみたいなと思える台本でした。台詞に惑われないと言えばいいのか…。こんなこと言うとまた怒られるでしょうけど、台詞だけ言ってるような作品も、世の中に沢山あると思うんです…。いい意味で言ってるんですよ(笑)。そういったいい映画もたくさんあると思うんですけど、台詞だけにとらわれない映画と言えばいいのか…。台詞よりも、もっと役者がやらなければならないことがたくさんあるというのか、そういった、俳優として、とても刺激を受ける台本でした」と振り返った。

松田翔太

現場では劇中での役柄同様に、オダギリと蒼井と距離を縮めたという松田翔太

タイトルにフェンスがあることに絡めて、「乗り越えたいこと」について質問されたオダギリは、「フェンスというものを感じてしまうと、乗り越えなければいけない、次のステップに入らなければならない気がするので、あまり感じないように、見ないようにしています」と回答。そして、「乗り越えるのも、めんどくさいじゃないですか。ねえ、わざわざ、体が痛いときに(笑)」と話して会場の笑いを誘った。

会場を沸かせた満島

ひょうきんな姿を見せて会場を沸かせた満島

当日は、本作が釜山国際映画祭の、「アジア映画の窓」部門に出品されることが決定したという嬉しいニュースが、サプライズで発表される一コマも。しかし、手違いがあったのか、キャストはみんな知っていたそう。これに続けてオダギリは、自身が公開初日の舞台挨拶に立てないという、衝撃的な事実を告白。

残念ながら初日舞台挨拶を欠席するというオダギリ

残念ながら初日舞台挨拶を欠席するというオダギリ

「主演作品の初日舞台挨拶に欠席しちゃうって、そんなことが許されるのかと思うんですけど(笑)。なので、今日をもって僕はこの場から消えることにはなるんです。だけど、あくまでも大好きな作品なので、きっと9月27日の次の日当たりに、各ニュースで主演がいないなんてことが書かれちゃうかもしれないですけど、海外に行ってしまっているので、どうしようもないんですよ。地方だったら、ぎりぎり車で行けたりするかもしれないですけど」とぼやいていた。しかし、最後にはおしゃれな杖を見せながら、「最後に一言だけ、これだけ言わせてください。ロケンロール」と締めて、再び会場を笑わせた。

(取材・文:岸豊)


映画『オーバー・フェンス』
9月17日(土)、テアトル新宿ほか全国ロードショー

監督:山下敦弘
脚本:高田亮
出演:オダギリジョー 蒼井優 松田翔太 北村有起哉 満島真之介 松澤匠 鈴木常吉 優香
配給:東京テアトル+函館シネマアイリス(北海道地区)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

蒼井優

生年月日1985年8月17日(33歳)
星座しし座
出生地福岡県

蒼井優の関連作品一覧

山下敦弘

生年月日1976年8月29日(42歳)
星座おとめ座
出生地愛知県

山下敦弘の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST