キスマイ玉森が、メンバーの宮田にがっかり?『キング・オブ・エジプト』 吹替え版完成披露イベントでぶっちゃけた本音とは…

スフィンクスを目の前にして、露わにされた出演者たちの素顔とは?

スフィンクスを目の前にして、露わになった玉森の本音とは?

9月9日より公開の古代エジプトを舞台にした冒険スペクタクル映画『キング・オブ・エジプト』。8月2日(火)、都内で本作の吹替え版完成披露イベントが行われた。イベントには、主人公ベック役のブンレトン・スウェイツの声を担当したKis-My-Ft2の玉森裕太とベックの恋人ザヤ役のコートニー・イートンの声を担当した永野芽郁が登壇。イベントで語られた出演者たちの素顔とは?

恥ずかしがり屋の玉森に会場からブーイング?

客席側からのサプライズ登場に、会場に詰めかけた大勢のファンたちのボルテージは一気に急上昇。2人がステージ上に上がると会場の熱気は最高潮に。金のスーツに袖を通した玉森は「金色は中々着ないので、恥ずかしいです…」と戸惑いを隠せない様子。しかし、観客から「似合ってるよー」という掛け声にハニカミながらも嬉しそうな表情を見せた。一方、金の刺繍を施した黒いドレスを身にまとった永野は「オトナっぽい恰好で背筋がピン! とします。(玉森の)スーツも似合っていて、ふたりともエジプトっぽいなと思いました(笑)」と無邪気な様子でコメントした。

客席を縫っての登場に、観客は大興奮

客席を縫って登場した永野。サプライズな演出に観客は大興奮だった

また、お互いの好きなセリフを質問されると、永野が「ベックの『大丈夫だから、オレを信じて待ってろ!』っていうセリフが好き! みなさんも言われてみたいですよね?」とコメント。客席から期待の歓声が上がった。そして司会者に振られると「いや~こういうの苦手なんですよ(笑)」と思わず、赤面する玉森。いざ披露すると、恥ずかしさからか、若干棒読みとなったセリフに会場からはブーイングが…。「まってまって! 俺が真剣にやってたらどうするの!」とツッコミながらも「まあ、あとは本編でキュンとしてください(笑)」と恥ずかしがり屋な素顔を覗かせた。

また、映画の舞台“古代エジプト”が黄金の都だったことから、舞台上には総額約1億円の黄金のピラミッドも登場! 純金製のピラミッドを前に興奮を隠しきれないふたり。玉森は思わず「これ全部で一億円!?欲しい!」と発言。先ほどまで恥ずかしがっていた様子とは打って変わって、金の延べ棒を懐に隠すなど茶目っ気をみせ、会場のファンを沸かせた。

総額1億円の黄金のピラミッドを前にチョット緊張した様子の永野

一本でも500万円近くする金の延べ棒に、少し緊張した様子の永野

キスマイメンバーの宮田俊哉に思わずガッカリ!?

また、吹き替え決定をほかのキスマイのメンバーに伝えた様子を聞かれた玉森は「宮田が異常に喰いついてきました。ほかの声優陣に興味津々で、オレのことはそんなにフィーチャーしてもらえなかったです…(笑)」と少しがっかりな様子。しかし「自分自身、吹き替えやってる時も、他の方たちの声にドキドキしていました」とコメント。本作で脇を固める豪華声優陣に玉森自身興奮していたようだ。

イベント最後に、玉森は「初声優ということで、思い入れも強いです!みなさんと一緒に盛り上げていけたらと思っています」と本作への熱い思いを語った。永野は「映画の世界観に入っていけるような、ジェットコースターに乗ったような気分になれる映画です。是非最後まで楽しんで行ってください」とコメント。本作のアトラクション体験の魅力をアピールした。

永野の無邪気なキャラクターに会場の女性からも「かわいい」と歓声があがる

永野の無邪気なキャラクターに会場の女性からも「かわいい」と歓声があがる


映画『キング・オブ・エジプト』
9月9日 TOHOシネマズ スカラ座他全国超拡大ロードショー

監督: アレックス・プロヤス(『アイ、ロボット』)
出演:ブレントン・スウェイツ(『マレフィセント』)、ニコライ・コスター=ワルドー(「ゲーム・オブ・ストーンズ」シリーズ)、チャドウィック・ボーズマン(『ブラックパンサー』)、エロディ・ユン(『G.I.ジョー バック2リベンジ』)、コートニー・イートン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ルーファス・シーウェル/ジェラルド・バトラー(『300 <スリーハンドレッド>』)/ジェフリー・ラッシュ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)
配給:ギャガ
2015/127分/アメリカ/カラー/2D 3D 4DX MX4D .D-BOX

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST