ダレノガレの花魁姿に、興奮したウィル・スミスが…『スーサイド・スクワッド』ワールドプレミアレポート

ダレノガレの“和製ハーレー・クイン”姿にキャスト陣たちの反応は?

ダレノガレの“和製ハーレー・クイン”姿にキャスト陣たちの反応は?

デヴィッド・エアー監督の『スーサイド・スクワッド』の全米公開に先立ち、ニューヨークのビーコン・シアターにて開催されたワールドプレミア。世界中が注目するイベントに、日本からダレノガレ明美が参戦。その強烈なビジュアルでファン、マスコミ、そして豪華キャストの視線をくぎ付けにした!

ダレノガレとハーレー・クインの共通点は“バット”?

会場に敷かれたレッドカーペットの周りには、熱烈なファンをはじめ世界各国のメディアが集結。その熱気は「今、全米で一番バズっている映画」と言われるにふさわしい盛り上がりをみせていた。

そんな中、本作のアンバサダーを務めるダレノガレ明美もイベントに参加。実は中学生時代にソフトボールで全国大会出場という経歴を持つダレノガレ。バットを片手に華麗なアクションを魅せるハーレイ・クインとの意外な共通点を持つ彼女が、“和製ハーレイ・クイン”をイメージした花魁姿でレッドカーペットに登場。世界中のメディアの注目の的となった。

イベントに参加したダレノガレは「衣装もツインテールと片目ずつ青とピンクにして、和製のハーレイ・クインを意識してみました!ハーレイ・クインはぶっ飛んでるんですけど、キュートさもあって、好きな人に対する一途さがすごく見える素敵な映画だと思います。日本のファンにも是非見てもらいたい!」と喜びと感動の感想を語った。

“和製ハーレイ・クイン”にウィルスミスも思わず…

豪華出演者たち(左から、ヴィオラ・デイヴィス、ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレッド・レト、ジョエル・キナマン)

豪華出演者たち(左から、ヴィオラ・デイヴィス、ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ジャレッド・レト、ジョエル・キナマン)/(C)Mayumi Nashida Photos by Mayumi Nashida Photography by Mayumi Nashida

本作の監督を務めたデヴィッド・エアー、“悪カワ”ヒロインのハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビー、子煩悩な伝説の暗殺者デッド・ショットを演じたウィル・スミスなど、最悪・最凶の悪党たちを演じた超豪華キャストたちがプレミアに登場すると会場のボルテージは一気にマックスへ!

そんな大熱狂するファンたちを前に、ダレノガレに気付いたウィルが駆け寄り、キスを交わすサプライズが発生!さらにダレノガレとマーゴットが挨拶を交わし、ダレノガレの花魁姿に「アメイジング!」と大絶賛を送るなど、“和製ハーレイ・クイン”にキャスト陣も大興奮の様子だった。

さらに、本作でカタナを演じた日系女優・福原かれんから日本語をレクチャーしてもらったマーゴットは、「こんにちは、マーゴット・ロビーです」と流暢な日本語も披露。別れ際にも「ありがとう!」と日本語で気持ちを込めた。

マーゴットに日本語を教えたカタナ役の福原かれんも登場!「(来日について)めちゃめちゃに楽しみにしています!」とコメントした

マーゴットに日本語を教えたカタナ役の福原かれんも登場「(来日について)めちゃめちゃに楽しみにしています!」とコメントした/(C)Mayumi Nashida Photos by Mayumi Nashida Photography by Mayumi Nashida


映画『スーサイド・スクワッド』
日本公開:2016年9月10日(土)

全米公開:2016年8月5日
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督・脚本:デヴィッド・エアー
製作:チャールズ・ローブン、コリン・ウィルソン、リチャード・サックル
出演:ウィル・スミス、ジャレッド・レト、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン・ジェイ・コートニー、カーラ・デルヴィーニュ、ヴィオラ・デイヴィス、アドウェール・アキノエ=アグバエ、ジェイ・ヘルナンデス、アダム・ビーチ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST