「本当の悪なら断っていたかも…」と松平健が明かすアポカリプスとあの役の共通点

アポカリプス松平が語る、好きなキャラクターは?

洋画吹替え初挑戦の松平健が演じたのはX-MEN最強の敵/(c)2016 MARVEL(c)2016 Twentieth Century Fox

8月11日(木・祝)公開の「X-MEN」シリーズの最新作『X-MEN:アポカリプス』。『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、『X-MEN:フューチャー&パスト』のストーリーを締めくくる集大成となる本作では、X-MEN結成の秘話が明かされ、ミュータントの始祖にして最強を誇るアポカリプスが降臨する。この度、アポカリプスの吹き替えを担当した松平健が、X-MENシリーズ への想いを語った。

アポカリプス=暴れん坊将軍!?

実は、長年やり慣れたキャラクターだった?

実は、長年やり慣れたキャラクターだった?/(c)2016 MARVEL (c)2016 Twentieth Century Fox

この度、松平が演じたのは、テレパシー能力、不老不死の肉体、瞬間移動、念力…など、それぞれのミュータントたちが持つ特殊能力のほぼすべてを持ち合わせる超人的キャラクター、アポカリプス。アメコミファンたちの間ではX-MENシリーズだけでなく、“マーベル・コミック史上最強のヴィラン(=悪役)の一人”とも称されている。

声優のオファーを受けた際、「X-MEN“最大の敵”という役を聞いたのですが、(台本に)本当の悪役というイメージはなかったので、喜んでやらせていただきました」と語る松平。洋画の吹替え声優に初めてチャレンジした決め手を語った。

「古代エジプトから現代に蘇えったことで、様変わりした世の中を正しくするような“世直し”的なキャラクターで、悪しき世を成敗する部分では、これまで演じてきた役にも通じる部分もあると思います」と明かし、「(本当の悪役だとしたら)断っていたかもしれませんね」と笑う。松平の代名詞とも呼べる“暴れん坊将軍”との意外な共通点にも言及した。

実はX-MENファンの松平が好きなキャラクターは…

お気に入りのキャラクターは誰だ!?

お気に入りのキャラクターは誰だ!?/(c)2016 MARVEL (c)2016 Twentieth Century Fox

そんな松平は以前からシリーズを鑑賞するX-MENのファン。好きなキャラクターについて「ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンが好きですね」とコメント。最強の敵・アポカリプスの吹替えを担当した松平も、シリーズの人気キャラクター・ウルヴァリンに魅了されているようだ。3部作の集大成となる本作、ウルヴァリンとアポカリプスが対峙することはあるのか? その行方はぜひ映画館で見届けていただきたい。


映画『X-MEN:アポカリプス』
8月11日(木・祝) TOHOシネマズ スカラ座他3D/2D全国ロードショー

監督:ブライアン・シンガー
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック
配給:20世紀フォックス映画

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

出演者 ジェームズ・マカヴォイ  マイケル・ファスベンダー  ケヴィン・ベーコン  ローズ・バーン  ジャニュアリー・ジョーンズ  オリバー・プラット  ジェニファー・ローレンス  ニコラス・ホルト  ゾーイ・クラヴィッツ  ルーカス・ティル
監督 マシュー・ヴォーン
製作総指揮 スタン・リー  タルキン・パック
脚本 マシュー・ヴォーン  ジェーン・ゴールドマン  アシュリー・エドワード・ミラー  ザック・ステンツ
音楽 ヘンリー・ジャックマン
概要 プロフェッサーXと宿敵マグニートーの若き日にスポットを当て、X-MEN誕生にまつわる知られざる物語を壮大なスケールで描き出すSFアクション大作。主演は「つぐない」のジェームズ・マカヴォイと「イングロリアス・バスターズ」のマイケル・ファスベンダー。監督は「キック・アス」のマシュー・ヴォーン。1960年代のアメリカ。後にプロフェッサーXと呼ばれる青年チャールズは、強力なテレパシー能力を持つミュータント。ある日、同じようにミュータントであるエリックと出会う。ミュータントの能力を人類の平和に活かしたいと考えるチャールズはエリックに協力を要請、2人は次第に友情を育んでいくのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

ウルヴァリン X-MEN ZERO

ウルヴァリン X-MEN ZERO

出演者 ヒュー・ジャックマン  リーヴ・シュレイバー  リン・コリンズ  ダニー・ヒューストン  テイラー・キッチュ  ライアン・レイノルズ  ウィル・アイ・アム  ダニエル・ヘニー  ドミニク・モナハン  ケヴィン・デュランド
監督 ギャヴィン・フッド
製作総指揮 スタン・リー  リチャード・ドナー
脚本 デヴィッド・ベニオフ  スキップ・ウッズ
音楽 ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ
概要 「X-MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”に焦点を当てたSFアクション。“ウルヴァリン”ことローガンの生い立ちを辿り、自らの宿命を前に葛藤するさまと、やがて訪れる悲劇によって復讐の鬼へと生まれ変わる姿を描き出す。主演はヒュー・ジャックマン、監督は「ツォツィ」のギャヴィン・フッド。19世紀半ば、特殊な能力を持つ少年ローガンは、やがて兄ビクターとともにその驚異的な戦闘能力を買われ150年以上にわたり幾多の戦場に駆り出されることに。その後2人は謎の軍人ストライカー率いる特殊部隊“チームX”に参加するも意見の相違から兄弟は対立、チームを離脱したローガンは6年後、カナダの山奥で恋人ケイラと穏やかな日々を過ごしていたが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヒュー・ジャックマン

生年月日1968年10月12日(50歳)
星座てんびん座
出生地豪・シドニー

ヒュー・ジャックマンの関連作品一覧

マイケル・ファスベンダー

生年月日1977年4月2日(41歳)
星座おひつじ座
出生地独・ハイデルベルク

マイケル・ファスベンダーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST