ダース・ベイダーがついに登場! スター・ウォーズ新作『ローグ・ワン』最新映像が全世界一斉解禁!

ジン・アーソンらローグ・ワンに立ちはだかるのは…

ジン・アーソンらローグ・ワンに立ちはだかるのは…/©Lucasfilm 2016

待望の“アナザー・ストーリー”『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日(金)より全世界で公開となる。新たなるSW プロジェクトに注目が集まる中、最新映像が全世界一斉解禁。その映像の中で、あの悪の帝王が登場した!

ダース・ベイダーの登場に胸アツ!

本作は、「スター・ウォーズ」シリーズ1作品目、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続く、今まで語られることのなかったもう一つの物語だ。今回解禁となった映像には“ダース・ベイダーのテーマ”「帝国のマーチ」をBGMに、寄せ集め5人の極秘チーム<ローグ・ワン>の姿が描かれているが…。

映像の中には、おなじみのストームトルーパーや本作初登場のデス・トルーパーなど圧倒的な軍事力を持つ帝国軍も映し出されている。そして極め付けは、ラストに登場するダース・ベイダーだ! スクリーンには二度と現れないとウワサされながらも、再登場への熱望が絶えることのなかった大人気キャラクター。ほんの数秒足らずの登場ではあったが、本作へ大きな期待を植え付けることは間違いなしだ。

プロデューサーのキャスリーン・ケネディが「“「スター・ウォーズ」の世界には、別の形で語られるべき物語がある”という、ジョージ・ルーカスのアイデアから本作品が生まれた。家族の物語という「スター・ウォーズ」の価値観を継承しつつ、これまでのファンはもちろん、新しい世代の観客をも魅了するような作品になるだろう」とコメント。今回のダース・ベイダーの登場にファンはもちろん、まだSWを見たことのない世代にも魅力が広まることが期待される。

ローグ・ワンのメンバー、そのキャラクターも公開!

『エピソード4』の作品冒頭でおなじみのオープニング・クロールの中にある[反乱軍のスパイは帝国の究極兵器に関する秘密の設計図を盗み出す事に成功した]という一節。レイア姫がR2-D2 に託した、帝国軍の究極兵器“デス・スター”の設計図を反乱軍はどのよう盗み出す事ができたのか?今まで語られる事の無かった物語の裏側には名もなき戦士たちが存在していた。

無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ローグ・ワン>
ジン・アーソ
(演:フェリシティ・ジョーンズ)…窃盗・暴行・書類偽造と悪いことは何でもこなす孤独なアウトロー。
キャシアン・アンドア(演:ディエゴ・ルナ)…ジンのお目付け役で優しい性格。実戦経験も豊富で情報戦に強い切れ者。
チアルート・イムウェ(演:ドニー・イェン)…唯一“フォース”の存在を信じ、ジェダイの教えを胸に戦う盲目の戦士。
ベイズ・マルバス(演:チアン・ウェン)…“フォース”の存在を信じない無鉄砲で重装備の戦士。チアルートの親友。
ボーティー・ルック(演:リズ・アーメッド)…帝国軍の運び屋?その正体は気が短くて荒っぽい反乱軍の凄腕エース。

個性豊かなキャラクターたちが挑む究極のミッション。壮大な<スター・ウォーズ>の伝説の入り口と呼べる物語。ファンはもちろん、まだSWシリーズを見たことのない人も、その世界観に飛び込むにはピッタリの本作をお見逃しなく。

>『ローグ・ワン』の記事をもっと読む


映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)全国ロードショー

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヘイデン・クリステンセン

生年月日1981年4月19日(37歳)
星座おひつじ座
出生地カナダ・ヴァンクーヴァー

ヘイデン・クリステンセンの関連作品一覧

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST