映画『ペット』、夏休み映画のサバイバルレースで堂々の1位スタート!

(C) Universal Studios.

(C) Universal Studios.

ゴジラも、ONE PIECEも抜き去って…

映画『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組んだ最新作『ペット』が8月11日(木・祝)に公開され、同日公開の『ジャングル・ブック』や『X-MEN:アポカリプス』だけでなく、『ファインディング・ドリー』や『シン・ゴジラ』『ONE PIECE』らヒット中の作品に囲まれる中、公開4日間で観客動員数78万9,500人、興行収入9億8,282万円を記録し、堂々の週末映画ランキング第1位を獲得した。なお、イルミネーション作品が国内映画ランキングで1位になるのは今回が初となる。

中でも、公開初日の成績は観客動員数23万3,338人、興行収入2億9,526万円という爆発的な数字で、昨年の夏休みを席捲した『ミニオンズ』(興行収入:52億円)、『ジュラシック・ワールド』(興行収入:95億円)の初日成績を凌ぐほど。

一足先に7月8日(金)に公開を迎えた全米では、3日間で約1億435万ドル(約107億円=1ドル102円計算)という数字を叩き出し、圧倒的な強さで週末オープニング第1位のロケットスタートを切り、オリジナル・アニメーション映画史上最高の興収を記録。8月15日(月)現在、全米興行収入は3億3594万ドルを突破し、7月から8月にかけて全米公開された夏の作品でトップの成績。

また、全世界興収もついに5億9,264万ドルの大台に到達。6億ドル超えも目前で、2016年に公開された全作品の中で興行収入ランキング第7位にランクインした。この大ヒットを受け、早くも続編制作も決定している(8月15日時点、Box Office Mojo調べ)

本作は、「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側の日常をユーモラスに描きだした、ペットたちの笑いと絆と感動の物語。

>『ペット』の記事をもっと読む


映画『ペット』
大ヒット上映中

声の出演: 設楽統(バナナマン)、日村勇紀(バナナマン)、佐藤栞里、永作博美
宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、中尾隆聖、銀河万丈、山寺宏一 他

監督:クリス・ルノー、ヤローウ・チェイニー
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
原題:The Secret Life of Pets/全米公開7月8日[予定]
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST