『レヴェナント:蘇えりし者』レンタル前に見ておいて欲しい、レオ様の軌跡を知る作品5選―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

何度も名前が上がりながら、ついに悲願のアカデミー男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオの作品『レヴェナント:蘇えりし者』。8月24日のレンタル開始前に彼の足跡をたどる映画を、「タイタニック」をあえて入れずに厳選して勝手にレコメンド!

天才的な演技はこの頃から

  ギルバート・グレイプ

ギルバート・グレイプ

好評レンタル&発売中

生まれてから24年、この退屈な町を出たことがない青年ギルバートは、知的障害を持つ弟アーニー、過食症を病む母親、2人の姉妹の面倒を見ている。毎日を生きるだけで精一杯のギルバートの前に、ある日トレーラー・ハウスで祖母と旅を続ける少女ベッキーが現れる。ベッキーの出現によりギルバートの疲弊した心にも少しずつ変化が起こっていく…。

【レオ様のPoint】
ディカプリオが知的障害を持つ弟役を演じて、アカデミー助演男優賞にノミネート。若くしてまさに天才ともいえる演技力を発揮した本作品です。映画自体は様々なもどかしさを感じさせながらハッピーエンドとは言えないまでも、明るい気持ちで見終わる事が出来る良作です。主演のジョニー・デップも若いっ!

⇒作品紹介・レビューを見る

まさに「レオ様」悲恋の代名詞

  ロミオ&ジュリエット

ロミオ&ジュリエット

好評レンタル&発売中

二大マフィア、モンタギュー家とキャピュレット家は毎度のこと抗争が絶えず、街を巻き込む銃撃戦が絶えなかった。そんな中、モンタギュー家の一人息子であるロミオ。またキャピュレット家の一人娘ジュリエットは親が決めた相手との縁談を間近に控えていた。そんな中、ロミオは敵対するキャピュレット家でパーティーがあると聞きつけた親友に誘われ、仮装してパーティーに乗り込み、そこで出会ったジュリエットに一目惚れをしてしまう…。

【レオ様のPoint】
古典の名作「ロミオとジュリエット」を現代版に大胆にアレンジして、ディカプリオがベルリン国際映画祭で銀熊賞 (男優賞)を受賞した本作品。ストーリーは誰でも知っている作品ながらも、監督特有のカメラの動きや鮮やかでカラフルな色彩などで趣の変わった作品になっています。まさにレオ様が王子にふさわしく、相手役のクレア・デインズも超キュート。

⇒作品紹介・レビューを見る

楽園を維持する為には…

  ザ・ビーチ

ザ・ビーチ

好評レンタル&発売中

何かを求めるように、一人旅でタイにやってきた主人公、新しい事をしようとしても、結局、同じ事の繰り返し。そんな時、安宿でダフィという奇妙な男と知り合う。ダフィは伝説のビーチについて、とり憑かれたように語る。美しすぎるほどに美しく、日常の全てから解放されるという夢の楽園の話だったが…。

【レオ様のPoint】
タイタニック』で一躍スーパースターになったディカプリオが、舞い込んだ100本以上のオファーを蹴ってまで出演を決めた異色作。個人的にはこれまで若々しく生き生きした若者を演じてきたディカプリオが、狂気に満ちる男までを好演するようなった転機の作品だと思っています。人が形成するコミュニティという題材を中心に、現代に生きる人の不満や現代社会の問題点などを描いた良作です。

⇒作品紹介・レビューを見る

彼は最後は正気だったのか?

  シャッターアイランド

シャッターアイランド

好評レンタル&発売中

1954年。絶海の孤島“シャッター アイランド”にあるアッシュクリフ病院には、精神を患った犯罪者が収容され、厳重な監視の下に置かれていた。しかしそこで女性患者の失踪事件が発生する。さっそく捜査のため、連邦保安官のテディとチャックが島を訪れる。しかしテディが島へやって来た本当の目的は、事件とは別のところにあったのだが…。

【レオ様のPoint】
映画の公開時、上映前に「この映画のラストはまだ見ていない人には決して話さないでください」「登場人物の目線や仕草にも注目しましょう」という旨のテロップが入ったというミステリー作品で、謎の孤島で捜査にあたる保安官の恐怖と混乱をディカプリオが怪演しています。映画自体も脚本がかなり創り込まれており、何度でも見直したくなる(というか見直さないと分からない?)良作です。

⇒作品紹介・レビューを見る

極限の環境で人の生きる力を感じる

  レヴェナント:蘇えりし者

レヴェナント:蘇えりし者

2016年8月24日DVD&Blu-rayレンタル&発売開始

西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチームのひとり、ヒュー・グラスは息子ホークとともにガイドとして同行していた。グラスは子連れの熊に襲われ、瀕死の重傷を負う。足手まといとして殺されそうになるところを、息子ホークが見つけ助けようとするが、返り討ちにされて息子は殺されてしまう。一部始終を見ていたが動けないグラスは奇跡的に一命をとりとめ、折れた足を引きずり這いながら息子の仇を追う…。

【レオ様のPoint】
実際に、凍った川に入ったり、生肉を食べたり、動物の死体の中で眠る等過酷を極めて撮影された本作品。自然界の過酷な姿と人間の生きるための行動、またその中でも主人公が思い出す妻や息子への想いが温かい人間の姿を描いています。ついにこの作品でアカデミー男優賞を取ったディカプリオ、円熟した演技をこの作品でご覧ください!

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:中川一樹

エンタメ大好き人間でSHIBUYA TSUTAYA・湘南T-SITEなどの店舗を経て現在なぜか人事部に、、、TSUTAYAのコンテンツをこよなく愛すが、えり好みがヒドイので、まんべんなくしていかなきゃなと思いつつ、いまだに映画鑑賞やゲームで夜更かししちゃいます。

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

レヴェナント:蘇えりし者

レヴェナント:蘇えりし者

出演者 レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン  ウィル・ポールター  フォレスト・グッドラッグ  ドウェイン・ハワード  アーサー・レッドクラウド  グレイス・ドーヴ  ポール・アンダーソン[俳優]  ルーカス・ハース
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  アレハンドロ・G・イニャリトゥ
製作総指揮 ブレット・ラトナー  ジェームズ・パッカー  ジェニファー・デイヴィソン  デヴィッド・カンター  ポール・グリーン[製作]  マーカス・バーメットラー  フィリップ・リー[製作]
脚本 マーク・L・スミス  アレハンドロ・G・イニャリトゥ
原作者 マイケル・パンク
音楽 坂本龍一  カーステン・ニコライ
概要 アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に迎え、過酷な大自然の中で繰り広げられるひとりの男の壮絶な復讐劇を壮大なスケールで描いたサバイバル・アクション。共演はトム・ハーディ。1823年、アメリカ北西部。狩猟の旅を続けている一団が未開の大地を進んでいく。ヘンリー隊長をリーダーとするその集団には、ガイド役を務めるグラスとその息子ホーク、グラスを慕う若者ジム・ブリジャーや反対にグラスに敵意を抱くフィッツジェラルドなどが一緒に旅をしていた。ある時、一行は先住民の襲撃を受け、多くの犠牲者を出す事態に。混乱の中、グラスたち生き残った者たちは船を捨て陸路で逃走することに。そんな中、グラスがハイイログマに襲われ、瀕死の重傷を負ってしまうが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジョニー・デップ

生年月日1963年6月9日(56歳)
星座ふたご座
出生地

ジョニー・デップの関連作品一覧

レオナルド・ディカプリオ

生年月日1974年11月11日(44歳)
星座さそり座
出生地米・カリフォルニア 

レオナルド・ディカプリオの関連作品一覧

ジュリエット・ルイス

生年月日1973年6月21日(46歳)
星座ふたご座
出生地米・カリフォルニア・ロサンゼルス

ジュリエット・ルイスの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST