豪華キャスト集結の『怒り』 トロント国際映画祭とサン・セバスティアン国際映画祭に出品決定!

 

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

吉田修一の同名小説を、邦画史上類を見ない豪華キャストを迎えて実写化し、9月17日に全国公開となる映画『怒り』が、第41回トロント国際映画祭、第64回サン・セバスティアン国際映画祭へ出品されることが正式に決定した。

本作は、八王子で発生した陰惨な殺人事件を物語の起点に、逃亡を続ける犯人、そして犯人と親しくなってしまった、あるいは親しくなってしまったのではないかという疑念に葛藤する人々の姿を描いたヒューマン・サスペンス。劇中では主演の渡辺謙をはじめ、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮﨑あおい、妻夫木聡など、豪華で実力のある俳優陣が、それぞれ重厚で魅力的な演技を見せている。

 

(C)2016 映画「怒り」製作委員会

第41回トロント国際映画祭では、スペシャル・プレゼンテーション部門に出品されることが決定。本編で父娘を演じた渡辺と宮﨑、そして李相日監督が招待を受け、9月10日(現地時間)のプレミア上映に参加する。トロント国際映画祭は、1976年より開催され、世界最大級の映画市場である北米にとって欠かせない映画祭に成長し、例年300本以上の作品が上映され、ベルリン国際映画祭、カンヌ国際映画祭に次ぐ規模の、来場者数32万人を集める北米最大の映画祭だ。また、米アカデミー賞の前哨戦としても広く知られている。

さらに、同じく9月にスペインで開催される第64回サン・セバスティアン国際映画祭では、コンペティション部門での出品が決定。『怒り』は邦画唯一のコンペティション部門への出品となり、9月23日(現地時間)のプレミア上映に、渡辺謙・李相日監督が参加する。また、現地時間24日に行われるクロージングセレモニーにも出席し、これまで日本作品が受賞していない最高賞となる最優秀作品賞を狙う。

渡辺は、「オリンピックでもたくさんの種目があるように、日本の映画もいろいろなタイプの映画があります。今、本当に誇れる映画が出来たなという気がしています。ちゃんと日本でこういう映画をつくりました、という誇りを持って、日本代表として行きたいと思います」とコメント。宮﨑は、「『すごい映画が出来ました』と自信を持って言える作品なので、その気持ちを伝えて、たくさんの人に観ていただけるように頑張りたいなと思います。とても緊張していますが、『怒り』を観た海外の方々の反応を楽しみにして行きたいと思います」と話している。


映画『怒り』
9月17日(土)より全国東宝系にて公開

原作:吉田修一(「怒り」中央公論新社刊)
監督・脚本:李 相日
出演:渡辺 謙 森山未來 松山ケンイチ 綾野 剛
広瀬すず 佐久本 宝 池脇千鶴 ピエール瀧 三浦貴大 高畑充希 原 日出子
宮﨑あおい 妻夫木 聡
(C)2016 映画「怒り」製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

渡辺謙

生年月日1959年10月21日(59歳)
星座てんびん座
出生地新潟県

渡辺謙の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST