新海誠の最新作『君の名は。』―秋元康ら、著名人からの絶賛コメントが到着!

2016「君の名は。」製作委員会

『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』など、意欲的な作品を数多く作り出してきた気鋭のアニメーション映画監督・新海誠の最新作『君の名は。』が、いよいよ今週8月26日に公開となる。その公開を間近に控えた本作に、ひと足早く鑑賞した各界の著名人から、絶賛のコメントが寄せられた。

秋元 康(作詞家)
心が震えた。
風が木々を揺らすように、心の奥底がざわざわした。
人は、誰かを探している。
人は、誰かを待っている。
運命はいつだってもどかしい。
新海誠が描く世界は、”それでも”希望に満ちている。

鈴木敏夫(スタジオジブリ プロデューサー)
人類が最後にかかるのは、希望という名の病気である。
――映画を見ながら、サン=テグジュペリのこの言葉が何度も脳裏を過った。

岩井俊二(映画監督)
新海作品はマグリットの『ピレネーの城』に似ている。
大胆不敵にして不朽の説得力。
『君の名は。』はそんな彼の集大成だと言いたい。
けど彼の『ピレネーの城』はもっともっと高みにあるような気もするのだ。

秦 基博(シンガーソングライター)
「君の名は。」、どれほどの思いを巡らせばこんな物語を結べるのだろうかと打ち震えました。
それは感動と畏怖とが綯い交ぜになったような、
なんとも言い表わせない複雑な感情で、
鑑賞後、僕はしばらく言葉を失ってしまいました。
このピュアネスとリアリティ、そしてスケール感。あまりにも圧倒的です。

関口靖彦(本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』編集長)
あの人と、ずっと一緒にいたい。
そんな切実な思いすら、僕たちは日々の雑事にかまけて忘れてしまう。
『君の名は。』は、そんな僕たちのための物語だ。
「忘れること」に抗い、ただひたすらに「あの人」に手を伸ばすための物語なのだ。

相田冬二(ノベライザー)
わけもなく、涙がながれた。
なにかをおもいだす。
なにかがよみがえる。
人間の、そんな根源的な力に、
初めて出逢った気がした。

『君の名は。』は、夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。世界の違う二人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマを圧倒的な映像美とスケールで描いた作品だ。作画監督に数多くのスタジオジブリ作品を手掛けたアニメーション界のレジェンド安藤雅司、キャラクターデザインに『心が叫びたがってるんだ。』などで知られる田中将賀、主題歌を含む音楽をRADWIPSが担当するなど、日本最高峰のスタッフが集結。声の出演には、神木隆之介・上白石萌音・長澤まさみ・市原悦子ほかアニメーションと実写の垣根を越えた豪華キャスティングが実現している。


映画『君の名は。』
8月26日(金)全国東宝系公開

監督・脚本:新海誠
声の出演:神木隆之介 上白石萌音
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:安藤雅司
製作:東宝 コミックス・ウェーブ・フィルム 他
制作プロダクション:コミックス・ウェーブ・フィルム
配給:東宝

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

上白石萌音

生年月日1998年1月27日(22歳)
星座みずがめ座
出生地鹿児島県

上白石萌音の関連作品一覧

岩井俊二

生年月日1963年1月24日(57歳)
星座みずがめ座
出生地宮城県仙台市

岩井俊二の関連作品一覧

新海誠

生年月日1973年2月9日(47歳)
星座みずがめ座
出生地長野県南佐久郡小海町

新海誠の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST