ステイサム主演の『メカニック:ワールドミッション』、オリジナル版で主演したブロンソンの命日にちなみ、場面写真を一挙解禁!

(C)ME2 Productions, Inc. 2016

(C)ME2 Productions, Inc. 2016

ジェイソン・ステイサム主演の映画『メカニック:ワールドミッション』から、1973年に公開されたオリジナル版『メカニック』に主演した名優チャールズ・ブロンソン(2003年没)の命日である8月30日に合わせて、新たな場面写真が解禁となった。

(C)ME2 Productions, Inc. 2016

ブロンソン版の『メカニック』は、1972年に全米公開された作品。「組織」からの依頼を請け負い、ターゲットの家族構成や健康状態、そして生活習慣などを研究し、最も自然な形で、事故死や病死に見せかけて速やかに暗殺する精密機器=メカニックと呼ばれるプロフェッショナルな殺し屋アーサー・ビショップの活躍を描いた作品で、当時男性用化粧品「マンダム」のCMで大ブレイクしたチャールズ・ブロンソンが主演だったこともあり、日本でも話題を呼んだ。

(C)ME2 Productions, Inc. 2016

そのチャールズ・ブロンソン主演作を完全リメイクしたのが、2011年に公開されたステイサム版の『メカニック』。アーサー・ビショップ役がステイサムにぴったりとハマり、二転三転するストーリーの意外性も評価され、今でもステイサムファンの間では、必見の1本と熱く支持されている。『メカニック:ワールドミッション』は、そんなファンの期待を背負う待望の続編なのだ。

(C)ME2 Productions, Inc. 2016

今回解禁された新たな場面写真は8点。日本で大人気のサントリーBOSS・宇宙人ジョーンズのCMからは想像できない、あごヒゲを蓄えワイルドな武器商人に扮した名優トミー・リー・ジョーンズの姿や、ステイサム演じるアーサーから命を狙われているスリリングなショットも確認できる。またミシェル・ヨーとのショットも解禁され、今回の役柄がステイサム演じるビショップに昔、助けたられたというメイというキャラクターで、今作ではステイサムのピンチをサポートするということも明らかになった。さらに、アーサーが殺し屋としての復帰を余儀なくされるきっかけをつくる重要なキャラクター:ジーナを演じるジェシカ・アルバも、コテージでの妖艶な表情を披露している。


映画『メカニック:ワールドミッション』
9月24日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

監督:デニス・ガンゼル
出演:ジェイソン・ステイサム、トミー・リー・ジョーンズ、ジェシカ・アルバ、ミシェル・ヨー
配給:ショウゲート
協力:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST