『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の10分前までを描く?

『ローグ・ワン』ティザーポスター

(C)Lucasfilm 2016

ジョージ・ルーカスのアイデアから誕生した、『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』へと続く“アナザー・ストーリー”『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日(金)全世界で公開となる。新たなる SW プロジェクトに注目が集まるなか“すべては、ここから始まる。”というコピーと共にティザーポスタービジュアルが解禁となった。ビジュアルには完成を目前に控えたシスの暗黒卿ダース・ベイダーを擁する帝国軍の究極兵器デス・スター。そして、美しい海辺に似つかわしくない姿でありながら凛々しく立ち上がる主人公ジン・アーソの姿が─。

物語の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』の少し前、「新たなる希望」ではあのレイアも所属していた反乱軍によるはぐれ者の寄せ集め極秘チーム<ローグ・ワン>が全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うミッションに挑むというストーリー。しかも「97.6%の確率で失敗する」といわれる不可能なミッションだ。

“すべては、ここから始まる。”という言葉が意味することとは?

『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』で、レイア姫が R2-D2 に託した“デス・スター”の設計図。だが、そもそもレイア姫は、そして反乱軍は、いかにしてこの超極秘情報を入手することができたのか?─という、長きに渡る謎を解き明かす物語になる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。

先ごろUSのメディアが、本作は「ep4 /新たなる希望」のオープニングの10分前までを描いている」と掲載し話題を呼んだが、本作の監督で、自他共に<スター・ウォーズ おたく>と認めるギャレス・エドワーズはその噂について、「ローグ・ワン」が『新たなる希望』に繋がる出来事について描いている事は確かだ。『新たなる希望』の冒頭にどこまで近いかというと…、いや、やめておくよ、ネタばれになるといけないから、どこまで直前かは観客に本作を観てその目で確かめて欲しい」と際どいコメント。

彼の言葉通り、本作では「スター・ウォーズ」伝説の“最初の謎”をドラマチックに解き明かし、全ての原点が明らかになる。

>『ローグ・ワン』の記事をもっと読む


映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)全国ロードショー

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST