MovieNEX発売の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』本編クリップ映像が到着!

 

 

全世界で大ヒッを飛ばした『アベンジャーズ』シリーズに続くアクション超大作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が、9月7日より先行デジタル配信となり、16日からはMovieNEXが4,000円+税で発売、同日にブルーレイ・DVDのレンタルも開始となる。これに併せて、本編クリップ映像が到着した。

 

 

本作は、世界の危機を救ってきたヒーロー集団“アベンジャーズ”が、その活動に制限を与えられるべき年、国連の管理下に置かれることを巡って、アイアンマンとキャプテン・アメリカが織り成す対立、そして互いが結成したチームが繰り広げる、激しい戦いを描く作品。キャストには、ロバート・ダウニー・Jrやクリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキー、ドン・チードル、ジェレミー・レナー、チャドウィック・ボーズマン、ポール・ベタニー、エリザベス・オルセン、ポール・ラッドといったハリウッドのA級俳優陣が名を連ねている。

 

今回解禁されたのは、空港でチーム キャプテン・アメリカと、チーム アイアンマンが、大迫力のバトルを繰り広げる姿を収めた本編クリップ映像。劇中のバトルシーンについて、VFXを担当したダン・デレウは、計画に8ヶ月、撮影に1ヶ月半、ポストプロダクションについては、時間が許す限り最後まで粘り、壮大に見えるようにひたすら頑張ったと振り返っている。また、ファイト・コーディネーターのジェームズ・ヤングは、空港の戦闘シーンには力を入れたので、何度でも見てもらいたい、お気に入りのシーンの一つだ打ち明けており、映像からはその気合いの入れようが伝わってくる。

本作にはキャプテン・アメリカとアイアンマンはもちろん、スパイダーマンやアントマンといった人気のスーパーヒーローが多数登場する。マーベル・スタジオの映画は、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)として同じ世界観を共有しながら描かれており、アイアンマンやキャプテン・アメリカは、個々のストーリーを持ちながらも、互いに世界がつながっているため、登場人物やストーリーがクロスオーバーする。だからこそ、一度劇場で観た人も、本作をMovieNEXで観直し、さらに繰り返し観返していけば、それまでは気づかなかった、新たな発見に気づくことができるはずだ。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST