映画『聲の形』が公開12日目に興行収入10億円突破!

 

(c)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

9月17日より公開中のアニメーション映画『聲の形』が、公開12日目にして、興行収入10円を突破。週末観客動員ランキング(9月24日&25日)でも第3位にランクインした。<動員数:775,092 人/興行収入:1,018,396,150 円※9 月28 日現在>

◆公開館数120 館にして異例の大ヒット!
ランキング第1位の『君の名は。』(公開館数299 館)、初登場第2位にランクインした『ハドソン川の奇跡』(334 館)に対して、『聲の形』は半分以下の120 館での公開。今週初登場の邦画大作をも抑え、公開2週目も見事動員数第3位(初週第2 位)にランクインした。また、日本でトップクラスの観客動員を誇る“新宿ピカデリー”では、『君の名は。』を抑えて『聲の形』が公開2週連続週末動員数第1位(9月17日&18日、9月24日&25日)を記録するなど、勢いと盛り上がりは増していくばかり。

◆agraph 牛尾憲輔が手掛ける劇伴&aiko の主題歌も話題!!
テクニカルエンジニア、プロダクションアシスタントとして電気グルーヴや石野卓球など、様々なアーティストの楽曲をサポートし、ソロユニット“agraph”でも活躍中の牛尾憲輔が手掛ける本作の劇伴にも、絶賛の声が続々と挙がっている。山田尚子監督とのコンセプトワークから携わったという今回の制作方法は、映画の劇伴を作る方法としては異例なこと。また、ピアノの打鍵ノイズや椅子の軋む音など、コンセプトとして大事な“ノイズ”の再現にも成功。繊細な音作りが評価された結果、劇伴に注目する観客も少なくないという。また、aiko が歌う主題歌「恋をしたのは」(9月21日シングルリリース)も、見事に初登場3位を記録している。


映画『聲の形』
公開中

キャスト:石田将也:入野自由/西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧/永束友宏:小野賢章/植野直花:金子有希
佐原みよこ:石川由依/川井みき役:潘めぐみ/真柴智:豊永利行
石田将也(小学生):松岡茉優

原作:「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
設定:秋竹斉一
撮影監督:高尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:映画聲の形製作委員会
配給:松竹

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST