行定勲がロマンポルノに挑んだ映画『ジムノペディに乱れる』からポスタービジュアル&予告編が解禁!

(C)2016 日活

(C)2016 日活

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』などで知られる行定勲監督が、28年ぶりに復活するロマンポルノに挑んだ映画『ジムノペディに乱れる』から、ポスタービジュアルと予告編が解禁。主演の板尾創路と女優陣が織りなす、官能的な世界の一部が明らかになった。

本作は、今年2016年で製作開始から45周年を迎える、日活ロマンポルノリブートプロジェクトの一環で製作された作。、行定勲監督のほか、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、中田秀夫監督ら第一線で活躍する監督陣が、完全オリジナルの新作を撮りおろすことで話題になっている。先日行われた第21回釜山国際映画祭でのワールドプレミア上映時には、韓国を代表する鬼才キム・ギドク監督や、映画プロデューサーのアン・ドンギュなど、韓国の映画関係者が来場し、本作を絶賛していた。

 

 (C)2016日活

主演の板尾が演じるのは、全てを失って自暴自棄になっている映画監督の男・古谷だ。そして古谷を惑わすヒロイン・結花には、透明感の溢れる美しさで注目される新進気鋭の女優・芦那すみれが扮する。これまではBOMI名義でミュージシャンとして活動してきた芦那は、本作で本格的な映画デビューを飾る。もうひとりのヒロイン・安里には、NHK大河ドラマ『真田丸』へ出演していた若手女優・岡村いずみ。慶応義塾大学を卒業した才女で、non-noの専属モデルを経て、現在は女優として様々な作品に出演。二人とも本作で、濡れ場に初挑戦している。

劇中では、板尾が演じる映画監督の古谷が<1週間>にわたって、ヒロインの二人をはじめ、田山由起、 田嶋真弓、木嶋のりこ、西野翔らが演じるさまざまな年齢層の女性たちと、官能的に乱れる姿が描かれる。また、ロマンポルノを代表する女優・風祭ゆきもカメオ出演しているなど、見どころは盛りだくさんで、今年に生誕150年を迎えたエリック・サティの名曲「ジムノペディ」の調べも、官能的な物語を美しく彩っている。

初解禁された予告編には、古谷が女たちの肌のぬくもりに助けられながら、失った何かを探し求める姿が描かれており、古谷をとりまく女たちとの官能的なシーンを想起させる映像がちりばめられている。本作は中央線沿線が舞台になっており、ロマンポルノにも深い関わりがある映画監督の実話エピソードにもインスパイアされているとのこと。終盤に放たれる「感じるんだ」というセリフも、不感症的で不寛容な時代へ、一石を投じるものになっている。


映画『ジムノペディに乱れる』
2016年11月26日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

芦那すみれ 岡村いずみ 田山由起 田嶋真弓 木嶋のりこ 西野翔 / 風祭ゆき
監督:行定勲
脚本:行定勲・堀泉杏
音楽:めいなCo.
2016/日本/83分/5.1ch/スコープサイズ/カラー/デジタル/R18+

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST