メリル・ストリープ、今も歌手を目指して努力中!―映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』来日記者会見

 

来日したメリル・ストリープ

24日、都内で、第29回東京国際映画祭の公式オープニング作品である映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』に出演したメリル・ストリープが、来日記者会見を実施。夢を追いかける女性の姿を描く作品であることに絡めて、今も追い続けている夢は何かと問われたストリープは、「いまだに歌手になりたいという夢を追っています」と語った。

本作は、絶望的に音痴なフローレンス・フォスター・ジェンキンス(ストリープ)が、心優しい夫のシンクレア・ベイフィールド(ヒュー・グラント)に支えられながら、カーネギー・ホールでのコンサート開催という夢の実現を目指す姿を描いた夫婦のドラマ。ストリープはオープニング作品に選ばれたことについて「『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』が、オープニング作品に選ばれたということで、非常に光栄に思っています。この映画を誇りに思っていますし、この作品を代表してここに来ることができて、うれしく思っています」とにっこり。続けて、「スティーヴン・フリアーズ監督、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ(ピアニストのコズメ・マクムーン役)が来ることができなかったのは残念ですが、みんな仕事で忙しいんです。私だけ暇で今日来ることができたわけですが、大変うれしく思っています」とジョークを飛ばし、会場の笑いを誘った。

 

来日したメリル・ストリープ

実在した音痴な歌姫という役柄については、「演じたフローレンスは、あまり歌は上手くないのですが、音楽を心から愛していたんです。ニューヨークにおける音楽シーンを支援していて、カーネギーホールや、(アルトゥーロ・)トスカニーニのオーケストラに寄付をするなどして、貢献していたんです。でも、心の中では自分が歌手になりたかった。芸術のパトロンの方には、実はこういう方が多いんですよ」とコメント。

役作りについては、「2か月トレーニングを行って、本物のオペラコーチについてもらい、アリアをきちんと歌えるように練習したんです。そして、最後の2週間でそれを崩したというか、音程を外すという特訓を受けたのです」と振り返った。また、夢を追いかけることがテーマのストーリーに絡めて、自身が今も追い続けている夢を聞かれると、「私も、いまだに歌手になりたいという夢を追っていますよ。あまりうまくはありませんけどね(笑)。努力はしているんです」と愛嬌たっぷりに答えた。

 

来日したメリル・ストリープ

劇中では、フローレンスの食に対するこだわりも見どころになっている。自身の食のこだわりについては、「おいしい寿司が好きなのですが、日本でしか食べることができないので、日本に来なくてはならないんですよね」と回答。フローレンスの食生活については、「料理を全くしないんです。彼女のアパートにはキッチンがなくて、いつもどこかに注文する。彼女はサンドウィッチとサラダしか食べない、とてもエキセントリックで奇妙な人ですね」と語った。イベントの前日には京都を訪れたそうで、「レストランに入ったら、豆腐があったんです。アメリカには一種類しかないので、ありとあらゆる豆腐の種類があって、びっくりしました。素晴らしかったです」と楽しそうに振り返っていた。

海外の記者に、アメリカ大統領候補のヒラリー・クリントンが、自分を演じる女性に指名したと伝えられたストリープは、「すごくびっくりしています(笑)」と驚いた様子。演じるにはどんなアプローチを取るか尋ねられると、「彼女が成し遂げる功績は、未来に起こることだから、待たなければなりませんね」とにこやかに答えた。また、自分自身の演技を見て驚くことがあるか問われると、「自分の作品を見ていつも驚くのは、共演者の素晴らしさです。演じている間は主観的ですが、初めて映画を見るときは客観的になります。監督の目線で見ることができるから、最初のスクリーニングは大好きなんです」と話した。

 

来日したメリル・ストリープ

自身と彫刻家のドナルド・ガマーの、夫婦関係の円満の秘訣については、「夫はアーティストなので、それが大きいですね。他の職業の人だったら、難しかったかもしれません。役に固執したり、ムードが変わったり、何かに強いつながりを持つことを理解してくれる人なので、上手くいっているのではないかと思います」と分析。

フローレンスとベイフィールドの夫婦関係については、「フローレンスとベイフィールドにも、そういった共通点があったと思うんです。二人は夢を共有していましし、何かしらの形で芸術に携わっていたいと考えていました。ベイフィールドは、自分が役者として不十分であると気付いていましたが、フローレンスは誤解しているところがありました。でも二人は、芸術や音楽と関係していたいという夢を共有していたから、一緒にいられたんじゃないでしょうか」と話していた。

(取材・文:岸豊)


映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
12月1日(木)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開

監督:スティーヴン・フリアーズ『クィーン』『あなたを抱きしめる日まで』
出演:メリル・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、ヒュー・グラント『ラブ・アクチュアリー』、サイモン・ヘルバーグ
原題:FLORENCE FOSTER JENKINS
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

メリル・ストリープ

生年月日1949年6月22日(70歳)
星座ふたご座
出生地

メリル・ストリープの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST