『永い言い訳』第11回ローマ国際映画祭レッドカーペット&公式上映に本木雅弘と西川美和監督が登場

西川美和監督(左)と主演の本木雅弘(右)

西川美和監督(左)と主演の本木雅弘(右)

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化した最新作『永い言い訳』(アスミック・エース配給)が全国大ヒット公開中。

今回、第11回ローマ国際映画祭のオフィシャルセレクションとして『永い言い訳』が招待され、現地時間の10月19日夜、レッドカーペットと公式上映に主演の本木雅弘と西川美和監督が登場。ヨーロッパプレミアでもある上映の期待を問われた西川監督はレッドカーペットで「文化も違いますし、どのように主人公の人物像を捉えられるのかということが、半分怖いような気持ちです」と緊張の面持ちで語った。

レッドカーペットを歩く主演の本木雅弘(左)と西川監督美和(右)

終映後の場内

上映は400席の会場が満席となり、終映後は場内から割れんばかりの拍手が鳴りやまなかった。上映後、登壇した本木は、「イタリア語で挨拶をしようと思っていましたが、映画に夢中になってしまい、すっかり忘れてしまいました」と茶目っ気たっぷりに挨拶。「こんなに自分の国とは離れた場所で上映されて、皆さんが物語に集中してくださっている、映画がつないでくれるものというのは、素晴らしいものだなと改めて実感しました。上映の機会をくれた映画祭の皆さん、遅い時間にも関わらず、映画をご覧になってくださった皆さんに本当に心から感謝いたします。いい記念になりました」と感無量の様子で謝辞を述べた。

また、西川監督との仕事について聞かれた本木は、「だいたいの方が、見られたくない感情を暴き出す作風の監督だと思っていると思いますが、今回そんな西川さんが絆が壊れていく話ではなく、そこから他者とつながっていき、人間が変わっていくきっかけが生まれるという優しさが加わったところが新鮮に思えたので、ご一緒してとてもよかったと思っています」と監督への思いを熱く語ると、初タッグで長期間の撮影をともにした主演俳優の温かい言葉に、西川監督が思わず涙を浮かべる場面もあった。
『永い言い訳』は日本映画では唯一の招待作品であり、22日に発表される観客賞に大きな期待がかかる。


映画『永い言い訳』
大ヒット上映中

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里
原作・脚本・監督: 西川美和

製作:『永い言い訳』製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)
原作:「永い言い訳」(文藝春秋刊)
制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 配給:アスミック・エース
(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

西川美和

生年月日1974年7月8日(44歳)
星座かに座
出生地広島県広島市安佐南区

西川美和の関連作品一覧

本木雅弘

生年月日1965年12月21日(53歳)
星座いて座
出生地埼玉県

本木雅弘の関連作品一覧

竹原ピストル

生年月日1976年12月27日(42歳)
星座やぎ座
出生地千葉県

竹原ピストルの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST