『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』と一緒に観てほしい映画5選-TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

(C) Universal Pictures.

(C)Universal Pictures.

あのとびきりチャーミングな等身大ヒロインが帰ってくる!シリーズ3作目となる『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』が10月29日に公開されますが、ぜひ合わせて一緒に観ていただきたいオススメ作品をご紹介します。

キュートな等身大アラサーヒロイン誕生!

ブリジット・ジョーンズの日記

世界23か国、500万人の女性を魅了したベストセラーの映画化。現代女性が抱える問題に“プラス思考”で立ち向かう独身OLの日常を描く。誰もが自己投影した究極の等身大ヒロイン・ブリジットを演じるのはレニー・ゼルウィガー。彼女の恋の相手を演じるのはコリン・ファースとヒュー・グラントの人気2大俳優。

【併せて観たいPoint】

ブリジット・ジョーンズは出版社勤務のOLで32歳、独身。彼女は新年にあたってひとつの決意をします。「日記をつけ、タバコとお酒を控えめにし、体重を減らして、恋人を見つける!」そして、「ハンサムな上司ダニエルには気をつける」――はたして彼女の誓いは無事達成されるのでしょうか? 今改めて観てみると、レニー・ゼルウィガーがとっても若くて可愛い!全然崖っぷちに見えないよ?と思ったりもしますが、当時は飾らない等身大ヒロインというのが話題になりました。彼女が映画のためにわざと体重を増やす役作りをしたところもスゴイですね。

そして相手役のコリン・ファースとヒュー・グラントも若くてカッコ良い!特にコリン・ファース演じるマーク・ダーシーは最初愛想が悪くムスっとしていますが、だんだん紳士的な一面が見えてきて、観終わる頃にはみんなダーシー派に傾いているでしょう。昔観たことがある人はもう一度!まだ観たことがなくて自分がアラサーに近づいた人はゼヒ今観ていただきたい作品です。誰もが共感できるポイントがあると思いますし、主人公を応援したくなり、きっと自分自身も励まされるはず!

⇒作品紹介・レビューを見る

前作から体重も面白さもパワーアップ!

  ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

多くの女性の共感を得た『ブリジット・ジョーンズの日記』の第2弾。前作で素敵な恋人を得たブリジットが、七転八倒しながら恋のゴールを目指す姿がコミカルに描かれている。主要キャストはレニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラントらが続投。

【併せて観たいPoint】

前作でマークと両想いになり、見事に恋人をゲットした主人公ブリジットは、久しぶりの幸せな恋愛で楽しい毎日を送っていました。でも、幸せの絶頂は長くは続かないものです…コンプレックスの塊で自分に自信が持てない彼女は、自分がマークと釣り合わないのではないかと思ったり、彼の周りの完璧な女性の存在が気になったり、彼の欠点が再び目についてしまったり…と、恋人ができたら新たな悩みが勃発しました。

彼との付き合い方に悩む様子は、まさに等身大アラサーヒロインそのもの。結婚への焦りから空回りしてしまったり、突然の妊娠疑惑に慌てたり…もちろん恋愛だけじゃなく、自分のキャリアについても悩みはつきません。そんな中、タイへ取材に向かうことになったブリジットにまさかの大事件が起こるなど、前作よりエンターテインメント性もパワーアップ! 果たして彼女に幸せな未来は訪れるのでしょうか…!? 前作よりも増量したブリジットと一緒に、泣いたり笑ったりしながら、自分自身の幸せについて見つめ直してみませんか?

⇒作品紹介・レビューを見る

ブリジット・ジョーンズの日記の元ネタ!?

  プライドと偏見

プライドと偏見

好評レンタル&発売中

ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』をキーラ・ナイトレイ主演で映画化した文芸ラブ・ストーリー。“プライド”と“偏見”が邪魔をして素直になれない男女の恋の行方を、雄大なロケーションを背景に活き活きと描き出す。

【併せて観たいPoint】

18世紀末のイギリス。田舎町に暮らすベネット家には5人の姉妹がいました。母親は娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていました。そんなある日、近所に独身の大富豪ピングリーが引っ越してきます。にわかに浮き足立つ5人姉妹。そして舞踏会の夜、次女エリザベスは、ピングリーの親友ダーシーと出会うのですが…という古典のお話です。

実は「ブリジット・ジョーンズの日記」の著者ヘレン・フィールディングは原作を執筆する際に、ブリジットの相手役マーク・ダーシーのモデルとして、自身がファンであった「高慢と偏見」という海外ドラマでコリン・ファースが演じたミスター・ダーシーを意識したそうです。そして、映画でミスター・ダーシー役をコリン・ファースが見事に演じてくれたのだから著者としては大満足でしょう(笑)!

そのため、「ブリジット・ジョーンズの日記」の作品中には「高慢と偏見」のパロディのようなシーンが多くあります。たとえば、<最初の出会いで悪印象を持ったのは、どちらもダーシーがヒロインの聞こえるところで彼女の悪口を言ったこと>、<ヒロインがダーシーへの偏見を強めたのは、どちらも自分の悪行をダーシーがやったことであるかのように吹き込んだ人物が存在したこと>など…両方の作品を見比べてみると面白い発見があるかもしれません。海外ドラマ「高慢と偏見」のDVDはほとんど取り扱いがない為、ここでは映画の「プライドと偏見」をご紹介しました。

⇒作品紹介・レビューを見る

コリン・ファースはやっぱり紳士の鑑!

  キングスマン

キングスマン

好評レンタル&発売中

オスカー俳優コリン・ファースを主演に迎え、『キック・アス』などのマシュー・ヴォーン監督がメガホンを取って放つ痛快スパイアクション。世界を股に掛けて秘密裏に活躍するスパイ機関所属の主人公が、最強の敵相手に奮闘する姿が描かれる。エレガントな小道具やウイットに富んだ会話はもとより、切れ味のいい怒とうのアクションに見ほれる。

【併せて観たいPoint】

ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団でした。ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリーもその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていました。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジーをスカウトします…。

ブリジット・ジョーンズでも素敵な紳士マーク・ダーシーを演じたコリン・ファースが、この作品ではやっぱり紳士の鑑だ! と思わせてくれます。颯爽とスーツを着こなしキレキレな動きをみせるスパイ役がとてもハマっていてカッコ良いです! マーク・ダーシーでコリンに惚れた方にぜひ観ていただきたい作品です。スタイリッシュな持ち物から繰り出されるちょっとレトロでもあるスパイグッズにもわくわくするはず。色々なスパイ映画などに捧げるオマージュ的な遊び心もあり、目の肥えたスパイ映画ファンにも楽しめる作品です。

⇒作品紹介・レビューを見る

レニー・ゼルウィガーがセクシーに大変身!

  シカゴ

シカゴ

好評レンタル&発売中

第75回アカデミー賞最多6部門、第60回ゴールデン・グローブ賞最多3部門を受賞。1920年代のシカゴを舞台にしたミュージカル・エンターテインメント。監督はミュージカル「キャバレー」の演出家ロブ・マーシャルがブロードウェイで驚異のロングランを続けるミュージカル「シカゴ」を完全映画化。

【併せて観たいPoint】

1920年代のシカゴ。平凡な日常をくり返すロキシー・ハートの憧れは美しいスターのヴェルマ・ケリーでした。ある日、2人の運命の歯車が狂いだす。ロキシーとヴェルマはそれぞれ別の殺人事件の容疑者として逮捕されてしまって…。

ブリジット・ジョーンズでぽっちゃりしたレニー・ゼルウィガーを観たあと、この作品でセクシーに変身した姿を観ると、そのギャップに驚くでしょう! 歌もダンスも一流の演技で、レニーは本作でゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞を獲得しました。共演にはキャサリン・ゼタ=ジョーンズとリチャード・ギアと豪華な顔ぶれで、3人が見せる吹き替えなしのダンスと歌は圧巻です! ミュージカル映画がちょっと苦手な人にも、エンターテインメントとしてぜひ一度は観ていただきたい作品です。

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:Chihiro

TSUTAYAで映像バイヤーをしています。
ミニシアター系作品をよく観ますが、ハリウッド超大作も好きです。
得意なジャンルはラブコメ、ミュージカル、SF、ゾンビなど。
アメリカの学園映画に必ず登場するプロムは永遠の憧れ。

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

出演者 レニー・ゼルウィガー  コリン・ファース  ヒュー・グラント  ジム・ブロードベント  ジェマ・ジョーンズ  ジャシンダ・バレット  サリー・フィリップス  シャーリー・ヘンダーソン  ジェームズ・キャリス  ジェシカ・スティーヴンソン
監督 ビーバン・キドロン
製作総指揮 ライザ・チェイシン  デブラ・ヘイワード
脚本 ヘレン・フィールディング  アンドリュー・デイヴィス[脚本]  リチャード・カーティス  アダム・ブルックス
原作者 ヘレン・フィールディング
音楽 ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ
概要 独身OLのブリジットは、めでたく弁護士のマークと付き合い始めてから6週間、あのサイテー男ダニエルが旅行番組の案内役として人気なのは癪に障るけど、とにかく人生バラ色、まさに幸せの絶頂。そんな矢先、マークと彼の美人アシスタント、レベッカの怪しい噂が耳に入り、一気に不安を募らせるブリジット。その後も行き違いや誤解が重なり、ブリジットはついにマークと大ゲンカをしてしまう。マークからの連絡が途絶えて5週間。落ち込むブリジットのもとに、旅行番組でダニエルとコンビを組み案内役を務めるという仕事が舞い込んでくるのだった…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

レニー・ゼルウィガー

生年月日1969年4月25日(50歳)
星座おうし座
出生地米・テキサス

レニー・ゼルウィガーの関連作品一覧

コリン・ファース

生年月日1960年9月10日(58歳)
星座おとめ座
出生地イギリス

コリン・ファースの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST