映画『一週間フレンズ。』から、女子ならキュンと、男子なら共感必至の場面写真が到着!

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

川口春奈山﨑賢人の共演作として話題の青春映画『一週間フレンズ。』から、新たな場面写真が解禁。川口演じるヒロインの香織、山﨑が扮する主人公の祐樹、そして松尾太陽が演じる祐樹の親友・将吾が織りなす青春の日々が、一部明らかになった。

本作は、累計発行部数150万部を超える大人気コミック『一週間フレンズ。』(葉月抹茶)の実写映画版。劇中では記憶障害を抱える女子高校生・藤宮香織と、男子高校生・長谷祐樹が、少しずつ距離を縮めていく姿が描かれる。初めて見かけた日から、香織に心惹かれるようになった祐樹は、「友達になってください」と声をかけるも、香織はかたくなに拒否。今回解禁となったのは、そんな香織が“記憶障害”を持つことを知り、何もできない自分に「無力だな~」と憂鬱な気分に沈む祐樹が、親友である将吾と過ごす昼休みのひとコマだ。

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

祐樹の視線の先には、友達を作らずに、いつも一人で過ごす香織の姿が。そんな香織を想う祐樹の悩める言葉に、将吾はクールながらもちゃんと耳を傾けてくれる。確かな友情を感じさせる祐樹と将吾の姿が写し出されている場面写真は、女子ならキュンと、男子なら思わず共感してしまう、爽やかで甘酸っぱい1枚だ。

「初めて挑むタイプの役柄だった」と撮影を振り返る山﨑が演じる祐樹は、友達との記憶が7日間で消えてしまう“記憶障害”を持つ香織に、ひたむきに思いを寄せる“片思い男子”。『ヒロイン失格』『orange-オレンジ-』『四月は君の嘘』などの大ヒット映画や月9ドラマを始め、幅広い役どころを演じ分けて注目を集め続けてきた山﨑は、本作で新たな一面を披露。茶目っ気と純粋さを持ち合わせた憎めない祐樹のキャラクターは、女性のみならず、男性も親しみの持てるキャラクターになっている。

一方の将吾は、頭が良くクールでありながらも、実はいつも祐樹のことを思いやる友達思いで優しい心を持った男の子。実は、山﨑と松尾は、所属する事務所の先輩・後輩の関係。撮影時になかなか緊張が解けなかった松尾だが、川口と山﨑らに温かく迎えられ、待ち時間の間も様々な雑談を交わすことで、少しずつ本物の“友達”さながらの関係を構築していったという。


映画『一週間フレンズ。』
2017年2月18日(土)公開

監督:村上正典
脚本:泉澤陽子
主演:川口春奈・山﨑賢人
原作:葉月抹茶「一週間フレンズ。」(ガンガンコミックスJOKER/スクウェア・エニックス刊)
配給:松竹株式会社

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

川口春奈

生年月日1995年2月10日(24歳)
星座みずがめ座
出生地長崎県

川口春奈の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST