トム・クルーズが日本にメッセージ!映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』メッセージ映像が到着!

『ジャック・リーチャー』

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

トム・クルーズ主演、世界興収2億1800万ドルのヒットを記録した『アウトロー』の続編『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』が、11月11日(金)より全国公開。この度、来日を目前に控えたトム・クルーズより、日本のファンのためだけのスペシャルメッセージ映像が到着した!

54歳とは思えない超絶アクションも必見

本映像では、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』以来22回目の来日となるトム・クルーズが、流暢な日本語の挨拶から始まる…・。

御年54歳ながら、今作でもほぼスタントなしに自らアクションをこなしているトム。映像内でも確認できる、数々の超人技のオンパレードから、敵から「恐怖を感じるか?」との問いに、「恐怖じゃない、興奮だ」と返すその台詞には痺れること間違いなし!

ハリウッド史上最強のアウトロー、ジャック・リーチャーという役柄は、俳優、プロデューサーとして世界を飛び回るトムにとっては当たり役。トム自身「この役柄はとても楽しくやり甲斐もあり、迫力のある演技が求められるので面白いんだ」と語っている。また、本作についても「この作品は、ストーリーも素晴らしく、アクション満載で、リーチャーの戦い方にも魅了されると思う。とても満足する作品だと思うし、観客には夢中になってもらいたいね」とコメントを、最新作の出来栄えに自信をのぞかせた。


映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』
2016年11月11日(金)より全国公開

出演:トム・クルーズ、コビー・スマルダース、ダニカ・ヤロシュ、ロバート・ネッパー他
監督:エドワード・ズウィック(『ラストサムライ』『ブラッド・ダイヤモンド』)
脚本:エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ(『ラストサムライ』『トラフィック』)
製作:クリストファー・マッカリー『アウトロー』、トム・クルーズ、ドン・グレンジャー(『M:Iローグ・ネイション』『アウトロー』)
原作:リー・チャイルド「Never Go Back」(2013年、シリーズ18作目)
原題:『Jack Reacher Never Go Back』
北米公開:2016年10月21日(金)
配給:東和ピクチャーズ

アウトロー

アウトロー

出演者 トム・クルーズ  ロザムンド・パイク  リチャード・ジェンキンス  デヴィッド・オイェロウォ  ベルナー・ヘルツォーク  ジェイ・コートニー  ジョセフ・シコラ  ロバート・デュヴァル  マイケル・レイモンド=ジェームズ  アレクシア・ファスト
監督 クリストファー・マッカリー
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ  ケン・カミンズ  ケヴィン・メシック  デヴィッド・エリソン  デイナ・ゴールドバーグ  ポール・シュウェイク
脚本 クリストファー・マッカリー
原作者 リー・チャイルド
音楽 ジョー・クレイマー
概要 元エリート軍人の流れ者ジャック・リーチャーが様々な事件に巻き込まれて活躍するリー・チャイルドのベストセラー・シリーズを「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズ主演で映画化したクライム・アクション大作。監督は「誘拐犯」のクリストファー・マッカリー。ある日、ピッツバーグ近郊で男女5人が犠牲となる無差別殺人事件が発生。現場に残された証拠から、元米軍スナイパーのジェームズ・バーが逮捕され、事件はスピード解決したかに思われた。ところが警察の尋問にバーは黙秘を続け、“ジャック・リーチャーを呼べ”と謎のメモを残した後、護送中に瀕死の重傷を負ってしまう。やがて警察のもとにやって来たリーチャーは、事件の背後に危険な陰謀の臭いをかぎ取るのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トム・クルーズ

生年月日1962年7月3日(57歳)
星座かに座
出生地

トム・クルーズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST