トム・クルーズと池松壮亮『ラストサムライ』以来13年ぶりの再会で大興奮! 『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』来日記者会見

『ラストサムライ』で共演した池松も登壇でこの笑顔!

『ラストサムライ』で共演した池松も登壇でこの笑顔!

11月8日(火)、都内にて『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』主演トム・クルーズエドワード・ズウィック監督の来日記者会見が開催。13年ぶりのタッグとなるふたりが、本作の魅力について熱く語った。また、イベント後半には、スペシャルゲストとして『ラストサムライ』以来の再会となる池松壮亮も登壇!ふたりの反応は…?

『ラストサムライ』と対になる作品

前作の『アウトロー』から引き続き、元米軍エリート秘密捜査官にして街から街へと放浪を続ける一匹狼ジャック・リーチャーを演じたトム・クルーズ。『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』以来1年3か月ぶり、22回目となる今回の来日について、「日本に来れることは、大変光栄です。特に『ラストサムライ』のエド監督と来れたことが本当にうれしいです」とエド監督との来日に一段と喜びを感じている様子だった。

トム・クルーズ

トム・クルーズ

本作の魅力について聞かれたエド監督も「アウトロー(前作のタイトル)を和訳すると浪人という意味になると思うので、『ラストサムライ』とつながりがあるのかもしれないです。ジャックリーチャーは機関の中心から離れ、自分一人で、自分なりの道徳観を持って行動する主人公。そういう意味ではラストサムライとは“対”になる作品かもしれないですね」とコメントした。

トムも「エド監督は、本当に素晴らしいフィルムメーカー。色んな人間の視点から物語を語るのが特徴でキャラクターの感情をうまく表現してきた。また作品に対して敬意を持っている、その点でも『ラストサムライ』に似ている」と14年来の関係性の中でも変わらない、エド監督の作品作りについてコメントした。

エドワード・ズウィック監督

エドワード・ズウィック監督

前作とは異なる要素について聞かれたエド監督は「シリーズからは独立した作品として存在することを大事にした」と語る。「19冊の原作の中から本作に選んだのは、キャラクターに深みのある作品。前作のアクション面の面白さをキープしながらも、1作目では描ききれなかった人間関係を掘り下げていくことを意識しました」と本作の魅力についてコメントした。

池松にとってトムとエドは「指標となる存在」

13年ぶりの再会!

13年ぶりの再会!

イベント後半には、『ラストサムライ』で共演した池松が登壇! 13年ぶりの再会にトム、エド監督も嬉しそうな表情を見せた。エドは「あれから沢山の素晴らしい映画に出演していたのは知っていたよ!」とコメント。トムも「あの頃から君の演技は素晴らしかったんだ!」と池松の活躍にはずっと注目していたようだ。

また、『ラストサムライ』での日没をバックに池松がトムに別れを告げるシーンについて、監督は「ベテランでも難しいシーンなのに1テイク目から完ぺきだった」と当時の撮影を振り返った。しかし、トムに「覚えてる?」と聞かれると「いや、覚えてないです(笑)」と答え会場に笑いがあふれた。

『ラストサムライ』から13年、今や日本映画界には欠かせない存在となった俳優・池松壮亮。トムと、エド監督について「ふたりに出会っていなければ東京にもでていなかった。ふたりをずっと指標としてて、まだまだやれるなと思っていました」と大きな存在であったことを語った。

また本作については「ふたりのタッグは特別。エドが撮るトムのカッコいい男がもつ、真実の正義、ひけらかさない正義。ラストサムライ以来素晴らしいキャラクターでした。日本人がみんな共感できるような、忘れていたもののように思えました」と見所を熱く語った。

(取材・文:nony)


映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』
2016年11月11日(金)より全国公開

出演:トム・クルーズ、コビー・スマルダース、ダニカ・ヤロシュ、ロバート・ネッパー他
監督:エドワード・ズウィック(『ラストサムライ』『ブラッド・ダイヤモンド』)
脚本:エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ(『ラストサムライ』『トラフィック』)
製作:クリストファー・マッカリー『アウトロー』、トム・クルーズ、ドン・グレンジャー(『M:Iローグ・ネイション』『アウトロー』)
原作:リー・チャイルド「Never Go Back」(2013年、シリーズ18作目)
原題:『Jack Reacher Never Go Back』
北米公開:2016年10月21日(金)
配給:東和ピクチャーズ

アウトロー

アウトロー

出演者 トム・クルーズ  ロザムンド・パイク  リチャード・ジェンキンス  デヴィッド・オイェロウォ  ベルナー・ヘルツォーク  ジェイ・コートニー  ジョセフ・シコラ  ロバート・デュヴァル  マイケル・レイモンド=ジェームズ  アレクシア・ファスト
監督 クリストファー・マッカリー
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ  ケン・カミンズ  ケヴィン・メシック  デヴィッド・エリソン  デイナ・ゴールドバーグ  ポール・シュウェイク
脚本 クリストファー・マッカリー
原作者 リー・チャイルド
音楽 ジョー・クレイマー
概要 元エリート軍人の流れ者ジャック・リーチャーが様々な事件に巻き込まれて活躍するリー・チャイルドのベストセラー・シリーズを「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズ主演で映画化したクライム・アクション大作。監督は「誘拐犯」のクリストファー・マッカリー。ある日、ピッツバーグ近郊で男女5人が犠牲となる無差別殺人事件が発生。現場に残された証拠から、元米軍スナイパーのジェームズ・バーが逮捕され、事件はスピード解決したかに思われた。ところが警察の尋問にバーは黙秘を続け、“ジャック・リーチャーを呼べ”と謎のメモを残した後、護送中に瀕死の重傷を負ってしまう。やがて警察のもとにやって来たリーチャーは、事件の背後に危険な陰謀の臭いをかぎ取るのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トム・クルーズ

生年月日1962年7月3日(57歳)
星座かに座
出生地

トム・クルーズの関連作品一覧

エドワード・ズウィック

生年月日1952年10月8日(67歳)
星座てんびん座
出生地米・イリノイ・シカゴ

エドワード・ズウィックの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST