園子温のロマンポルノ作品『アンチポルノ』に筒井真理子が出演!ポスタービジュアルも解禁

 

(C)2016 日活

園子温監督が、自身のオリジナル脚本で挑んだロマンポルノ映画『アンチポルノ』のポスタービジュアルが解禁となり、併せて今年のカンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した『渕に立つ』での演技が絶賛されたことが記憶に新しい、実力派女優・筒井真理子の出演情報が解禁となった。

本作は、今年2016年で製作開始から45周年を迎える、日活ロマンポルノリブートプロジェクトの一環で製作された一本。同プロジェクトは、園監督のほか、塩田明彦監督、白石和彌監督、中田秀夫監督、行定勲監督ら第一線で活躍する監督陣が、完全オリジナルの新作を28年ぶりに撮りおろすことで注目を集めている。

主演を務めるのは、本作が長編映画の単独初主演となる女優・冨手麻妙。2015年に公開された園監督作品のほぼ全てに出演するなど、いま園子温が最も成長を期待する若手女優だ。見出した俳優が次々とブレイクしている鬼才が見初めた新しいミューズとして、冨手は「園監督の作品のためなら脱ぐ」と裸上等で難しい役所に挑戦している。

 

(C)2016 日活

そして、今回初めて出演情報が解禁となったキャストが筒井。劇中では冨手が演じる京子のサディスティックな振る舞いを受け止めるマネージャーの典子を演じ、カメレオン女優と評される幅の広い演技力で作品に堂々たる存在感を残し、物語中盤の<ある仕掛け>に最大限の効果をもたらしている。筒井は冨手と同じく、本作で初めて本格ヌードを披露しており、美しく過激な問題作で本物の女優魂を魅せた。また、解禁されたビジュアルには、劇中にも登場する絵画(画家・篠原愛による)が使用されており、物憂げに横たわる少女が夢みる虚構の世界が表現されている。

さらに、本作が12月8日から開催される第1回マカオ国際映画祭へ招待され、冨手が映画祭へ参加することが決定。マカオ国際映画祭は、世界三大映画祭であるベネチア国際映画祭など、数々の国際映画祭でディレクターをつとめたマルコ・ミュラーが作品を選定しているほか、今年が第1回目ということでも、世界の映画関係者から注目を集めている。本作は、今を表現するアジア映画が対象となるガラ部門「Hidden Dragons」に出品される。

 

(C)2016 日活

【ストーリー】

小説家兼アーティストとして時代の寵児となった京子(冨手)。極彩色の部屋に籠もり、マネージャー典子(筒井)が伝えるスケジュールを分刻みでこなす毎日。現実と虚構、サディズムとマゾヒズム、自由と不寛容、カリスマと奴隷・・・寝ても覚めても終わらない悪夢。私は京子なのか?京子を演じているのか?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

【第1回マカオ国際映画祭】 開催期間12月8日~12月13日

マカオで初めて開催される国際映画祭。立ち上げとなる第1回目ということで世界の映画関係者も注目する。国際コンペ部門や、コンペ外となるガラ部門があり、最優秀作品賞など8つの賞が設けられている。映画祭ディレクターを、ベネチア国際映画祭のディレクター時代に、数々の日本映画を世界に紹介したマルコ・ミュラー氏が務める。「クロスファイア部門」では、12人の東アジアの映画監督が、自分が影響を受けたジャンル映画から東アジア以外の作品を1本選んで上映する。12人の監督の中には、ジョン・ウーやパク・チャヌクなどアジアの巨匠監督が並ぶ中、日本からは園子温、黒沢清、三池崇史の3監督が参加している。(3監督の選定作品は、園子温監督「吸血鬼ドラキュラ」(テレンス・フィッシャー監督)、黒沢清監督「顔のない眼」(ジョルジュ・フランジュ監督)、三池崇史監督「殺しが静かにやって来る」(セルジオ・コルブッチ監督)

 

(C)2016 日活


映画『アンチポルノ』
2017年1月28日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

監督・脚本:園子温
冨手麻妙 筒井真理子
不二子 小谷早弥花 吉牟田眞奈 麻美 下村愛 福田愛美 貴山侑哉

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST