ソン・ガンホ主演最新作『密偵(原題)』が2017年に日本公開決定!鶴見辰吾のコメント&劇中ビジュアルも到着

 

(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

韓国の名優ソン・ガンホが主演を務める映画『密偵(原題)』が、2017年に日本公開することが決定。併せて、日本から参加している鶴見辰吾のコメント、劇中のビジュアルが解禁となった。

 

(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

本作は、ワーナー・ブラザーズ・コリアが初めて制作を手掛けたサスペンス・アクション巨編で、ガンホを筆頭に、コン・ユ、ハン・ジミン、オム・テグら韓国屈指の人気スター俳優が集結、また、ハリウッド進出も果たし、世界に活躍の場を広げているイ・ビョンホンが特別出演していることでも話題を呼んでいる。また、1980年の日本統治時代を舞台にした物語であるため、日本警察のNo,2である総督府警務局部長役で、鶴見辰吾が出演し、重厚な演技を見せている。

 

(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【あらすじ】
1920 年代の日本統治時代。元朝鮮人の日本警察イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は武装独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが...。

 

(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

【鶴見辰吾 コメント】
「密偵」の現場は最高の作品作ろうとする意欲とともに、常に緊張感に包まれていた。ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、オン・テグ、イ・ビョンホン、多くの韓国の名優たちの中で、私は演技を激突させた。私にとっては 1995 年『GONIN』以来のリマーカブルで誇れるべき作品だ。早くも日本での公開となったのが本当に嬉しい。


映画『密偵(原題)』
2017年公開

監督:キム・ジウン
出演:ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、鶴見辰吾、オム・テグ、シン・ソンロク、イ・ビョンホン
2016年/韓国/韓国語・日本語/カラー/140分/原題:密偵(밀정)
配給:彩プロ

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ソン・ガンホ

生年月日1967年1月17日(52歳)
星座やぎ座
出生地韓・慶尚南道金海

ソン・ガンホの関連作品一覧

鶴見辰吾

生年月日1964年12月29日(54歳)
星座やぎ座
出生地東京都

鶴見辰吾の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST