【声優がすごい!】金曜ロードショー『猫の恩返し』山田孝之ら「イケボ」な名シーンまとめ!

金ローは『猫の恩返し』はイケメンボイス祭り!

金ロー『猫の恩返し』はイケメンボイス祭り!(画像は公式サイトより)

11月18日の金曜ロードSHOW!はスタジオジブリ森田宏幸監督の『猫の恩返し』。『耳をすませば』にも登場する紳士な猫「バロン」のイケメン過ぎるセリフとキャラクターで多くの女性ファンを虜にしてきた一作だ。しかし、イケメンボイスはバロンだけではなかった!

『猫の恩返し』

吉岡ハルは高校生の女の子。ある日助けた猫は、猫の国を治める猫王の息子・ルーンだった。「ぜひルーンのお后に」と言われ、猫になるのもいいかも、と思うハルだったが…。

勇者ヨシヒコ」で話題の山田孝之をはじめ、実力派俳優陣の声優キャストも見どころの一つ!今回は本編を見る前に、そんなイケボな各キャストをキャラクター、注目シーンと合わせておさらいしておこう!

【律儀なイケボ】ルーン:山田孝之

現在、「勇者ヨシヒコ」や「闇金ウシジマくん」などユニークな役どころが話題を呼んでいる山田孝之

山田が本作で演じた、王子ルーンは皇族で気品あふれる真面目なキャラクターだ。公開年当時19歳の山田の若々しく柔らかみのある声は、そんなルーンの王子の律儀なキャラクターによくマッチしている。

【ルーンのココを見ろ!~ハルに助けられた後のお礼シーン~】

映画冒頭、トラックに轢かれそうになったルーンをハルが助けた後のシーン。ハルに突如「大変危ないところを助けて頂き、誠にありがとうございました」と喋り始めるルーン。礼儀正しいしゃべり口調が印象的なワンシーンは、本作で初めて描かれる猫の発話のインパクトと合せて、ルーンの律儀で真面目なキャラクターをより強く印象づけている。

【アニキ的なイケボ】 ムタ:渡辺哲

冷たい熱帯魚』『ヒミズ』など厳つい強面なキャラクターの印象が強いベテラン俳優の渡辺哲。実は同じジブリ作品の『もののけ姫』で山犬の声を担当した経歴を持つ。

そんな、渡辺演じるムタは、一見とっつきにくそうだが、根はやさしい下町おやじ的な猫。そんなムタのぶっきら棒なセリフを、気難しそうなき雰囲気の声で渡辺が熱演!ふてぶてしくも愛くるしいそのキャラはSNS上でも根強い人気を誇っている。ある意味、一番“猫っぽい”キャラクターかも知れない…。

【ムタのココを見ろ!~猫の事務所でツンデレなシーン~】

映画中盤、ハルが猫の事務所を訪れたシーン。当初は冷たい態度をとるムタだったが、困ったハルの姿を見かねて「あーあわかったよっ」と承諾。その後、猫の国にさらわれるハルを「おにょれー!」と最後まで体を張って追いかける姿からは、兄貴的な面倒見の良さを感じられる必見のシーンだ。

【紳士すぎるイケボ】 バロン:袴田吉彦

ダイナソー』『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』など幅広いジャンルで活躍してきた袴田吉彦。近年でも『呪怨 終わりの始まり』や『Another アナザー』『嫌な女』など話題作に出演する引く手あまたの実力派俳優だ。

袴田演じる、バロン、本名はフンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵。初登場シーンでもオシャレな猫の事務所で、ハルにスペシャルブレンドの紅茶を振る舞うなど、女性を魅了する紳士的な要素が満載。さらに、袴田の男らしくも上品な声がバロンのジェントルマンさに磨きをかけている。

【バロンのココを見ろ!~カッコよすぎる仮面舞踏会シーン~】

映画後半、猫の国のお城での食事のシーン。「ハル様を喜ばせてごらんにいれます」と仮面をつけたバロンが颯爽と登場し、アコーディオンのワルツの中でハルと優雅に踊リ始める。それまでの喧騒から一転、オシャレで上品な雰囲気に我を見失いそうになるハルに、バロンが「キミはキミの時間を生きるんだ。前にもそう言っただろ」と名セリフをささやく姿には、女性に限らず男性でもしびれること間違いなしだ!

また映画終盤、人間世界に戻るため塔を駆け上るシーンも必見。走りつかれたハルをお姫様抱っこ!さらに「いいよ、バロン」と恥ずかしがるハルに「まかせろ!」と気遣うセリフも! バロンの男らしさが垣間見える、女子悶絶のシチュエーションとなっており、こちらも見逃せない。

【ギャップ萌えのイケボ】 猫王:丹波哲郎

本作の中でも、筆者がイチオシなのは丹波哲郎。『八甲田山』『砂の器』『切腹』など往年の名作に出演。高倉健仲代達矢ら日本映画の礎を築きあげてきた名優の一人だ。

そんな丹波が演じたのは、猫の国を治める猫王。ギロっとした目つき、いかにも悪代官風な王様を、丹波が渋いダンディーな声で演じている。しかし、そのほとんどが「にゃ~」が付く“猫語”というのがポイント。丹波の深みのある声とセリフのギャップでたまらなく可愛いのだ!

【猫王のココを見ろ!~バロンとの最終決戦シーン~】

物語のクライマックス。逃げようとするバロンたちを追いかけ、剣を投げつけバロンと一対一の勝負を仕掛けるシーン。その時のセリフも「神妙に勝負だニャー!」と猫語を忘れない。緊迫感のあるセリフにも、どこか猫王の可愛らしさを感じられるシーンだ。この他にも、“渋みのある猫語”を劇中でお楽しみあれ。

大泉洋ら「水曜どうでしょう」のメンバーも出ていた!?

この他にも、個性的な俳優陣が声優を担当していた本作。その中には、当時の大人気旅番組「水曜どうでしょう」に出演していたTEAM NACS大泉洋安田顕、さらに鈴井貴之も出演していた!?

大泉洋は、本編冒頭でハルが寝坊して教室に入ってきたとき、漢文の授業をしていた教師役の声を担当している。また、現在タレント、構成作家、映画監督(『不便な便利屋』)として活躍している鈴井貴之は食事会でハルに魚を給仕する猫のコックとして登場!さらに、安田顕はハルが片想いしている同級生・町田の声を担当している。

本編の随所に隠れて登場している「水曜どうでしょう」のメンバーたち。上記イケボキャストと併せて注目して頂きたい。

その他、出演キャスト

ハル:池脇千鶴
ユキ:前田亜季
ひろみ:佐藤仁美
ナトリ:佐戸井けん太
ナトル:濱田マリ
トト:斉藤洋介
ハルの母:岡江久美子

本作を彩る、個性的な豪華イケボキャストたち。あなたは、どの猫がお気に入りだろうか?18日の夜は、“きゃっと”、あなたを虜にする2時間と“にゃ”るだろう。ぜひ“耳をすまして”お楽しみ頂きたい。

(文・nony)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

山田孝之

生年月日1983年10月20日(35歳)
星座てんびん座
出生地鹿児島県

山田孝之の関連作品一覧

袴田吉彦

生年月日1973年7月16日(45歳)
星座かに座
出生地静岡県

袴田吉彦の関連作品一覧

大泉洋

生年月日1973年4月3日(45歳)
星座おひつじ座
出生地北海道江別市

大泉洋の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST