フェリシティ・ジョーンズが初来日!スターウォーズシリーズ最新作映画『ローグ・ワン』主要メンバーが集結!

『ローグ・ワン』

映画『ローグ・ワン』フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ギャレス・エドワーズの来日決定!

12月16日(金)よりシリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が全国公開。『エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれるアナザー・ストーリーを描いた本作。全世界が公開を待ちわびる中、主人公ジンを演じるフェリシティ・ジョーンズ、情報将校キャシアン役のディエゴ・ルナ、そしてギャレス・エドワーズ監督の3名が、世界に先駆け、来日することが決定した!

本国アメリカのプレミアより、一足早く来日!

本作の主人公で「スター・ウォーズ」の新たなヒロイン、ジン・アーソを演じるのは、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズ。本作では、15 歳の頃から一人で生きる孤独なアウトローという、これまでとは一味違う役どころ。さらに、初の本格的なアクションにも挑戦したフェリシティは、「カンフー」のトレーニングを積んで、肉体面、精神面から役作りに挑んでいる。そんなフェリシティが映画のプロモーションとしては今回が初来日!果たして何を語るのだろうか?

また、ジンのお目付け役で情報将校のキャシアン・アンドーを演じるのは、メキシコ出身のイケメン俳優ディエゴ・ルナ。子役時代から活躍し、2000 年ハビエル・バルデム主演の『夜になる前に』でハリウッドデビュー。以来、メキシコやハリウッドで俳優として活躍する一方、ガエル・ガルシア・ベルナルと共に自身の映画製作会社を立ち上げ、映画監督・プロデューサーとしてもマルチな才能を発揮。今年のカンヌ国際映画祭では、「ある視点」部門で審査員を務めた(同賞を受賞したのは、深田晃司監督作品『淵に立つ』)ディエゴは「第4回スペイン・ラテンアメリカ映画祭」以来、9年ぶり2回目の来日となる。

「スター・ウォーズ」オタクを自認する、ギャレス・エドワーズ監督は、今回が2年ぶりの来日となる。ゴジラ好きが高じてハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の監督でメジャーデビューを果たし、本作の監督に大抜擢。日本文化の影響を色濃く受けている「スター・ウォーズ」シリーズのアナザー・ストーリー『ローグ・ワン』に込められた“サムライ魂”についてどう語ってくれるのか、注目が集まる。

アメリカで行われるワールドプレミアの前に世界に先駆けての来日。ローグ・ワンの主要メンバーが集結するのはアジアで唯一、日本だけであり、日本映画や日本文化から多大な影響を受けている「スター・ウォーズ」シリーズだからこその来日となるだろう。また、レッドカーペットイベントや特別映像上映会など、直接日本のファンと交流する機会があるほか、来日記者会見を予定。大注目の本作で何を語るのか、3人の動向にますます目が離せない!


映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)全国ロードショー

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

博士と彼女のセオリー

博士と彼女のセオリー

出演者 エディ・レッドメイン  フェリシティ・ジョーンズ  チャーリー・コックス  エミリー・ワトソン  サイモン・マクバーニー  デヴィッド・シューリス
監督 ジェームズ・マーシュ
製作総指揮 アメリア・グレインジャー  ライザ・チェイシン  デヴィッド・コス
脚本 アンソニー・マクカーテン
原作者 ジェーン・ホーキング
音楽 ヨハン・ヨハンソン
概要 “車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士と彼を長年支え続けた妻ジェーンの感動の半生を映画化した伝記ドラマ。主演は本作の演技でみごとアカデミー主演男優賞に輝いた「レ・ミゼラブル」のエディ・レッドメイン、共演にフェリシティ・ジョーンズ。監督は「マン・オン・ワイヤー」のジェームズ・マーシュ。1963年、イギリス。名門ケンブリッジ大学大学院で理論物理学を研究する天才学生スティーヴン・ホーキング。彼は、パーティで出逢った女性ジェーンと恋に落ちる。ところが、その頃からスティーヴンの体調に異変が起き始める。やがてALSと診断され、余命2年と宣告されてしまう。それでもジェーンは、将来を悲観したスティーヴンや周囲の反対を押し切り、彼と結婚する道を選ぶのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

GODZILLA ゴジラ[2014]

GODZILLA ゴジラ[2014]

出演者 アーロン・テイラー=ジョンソン  渡辺謙  エリザベス・オルセン  ジュリエット・ビノシュ  サリー・ホーキンス  CJ・アダムズ  カーソン・ボルデ  デビッド・ストラザーン  ブライアン・クランストン  リチャード・T.ジョーンズ
監督 ギャレス・エドワーズ
製作総指揮 パトリシア・ウィッチャー  アレックス・ガルシア  坂野義光  奥平謙二
脚本 マックス・ボレンスタイン
音楽 アレクサンドル・デスプラ
概要 日本が世界に誇る怪獣キャラクター“ゴジラ”を、ハリウッドがワールドワイドな実力派キャスト陣の豪華共演で映画化するアクション大作。出演はアーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセン、渡辺謙。監督は「モンスターズ/地球外生命体」のギャレス・エドワーズ。1999年、フィリピン。採掘現場の調査にやって来た芹沢博士が謎の巨大生物の痕跡を発見する。同じ頃、科学者のジョーとその妻サンドラが働く日本の原子力発電所が謎の大振動に見舞われ、深刻な放射能事故が引き起こされてしまう。15年後。ジョーの息子フォードは米海軍に所属し、妻と息子とサンフランシスコで幸せに暮らしていた。そんなある日、ジョーが立入禁止区域に侵入して逮捕されたとの知らせを受け、急ぎ日本へと向かうフォードだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST