「婦人公論」表紙にメリル・ストリープ登場!篠山紀信が撮り下ろしたビジュアル公開

(C)2016 Pathé Productions Limited. All Rights Reserved

NYカーネギーホールのアーカイブ1番人気を誇る伝説の歌姫の実話を、メリル・ストリープ×ヒュー・グラントの豪華共演で映画化した『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』が12月1日(木)より公開となる。『クィーン』ヘレン・ミレンにオスカーをもたらし、『あなたを抱きしめる日まで』ジュディ・デンチにオスカーノミネートをもたらした、ベテラン女優を輝かせる名匠スティーヴン・フリアーズが監督を務める本作は、現代最高峰の名女優メリル・ストリープと、“ラブコメの帝王”ともいえるヒュー・グラントの夫婦役での初共演ということでも世界的に話題を呼んでいる。

今回、主演のメリル・ストリープが「婦人公論」11月22日発売号(12月13日号)の表紙を飾ることが決定した。撮影は日本を代表する篠山紀信が担当し、アカデミー賞女優の表紙登場は初であるという。

内面・外面ともに美しく年を重ねる女性たちのために、豊かな人生のヒントを詰めこんだ「婦人公論」は今年創刊100周年! 独自な切り口の特集企画を中心に、旬の芸能人や著名人のことば、話題の作家の小説、美容・ファッション・カルチャーなどの最新情報が取り上げられることでも注目を集めている雑誌だが、その顔となる表紙は毎号話題の人物が飾り、日本を代表するカメラマン篠山紀信が撮影を手がけていることでも有名だ。

「婦人公論」でアカデミー賞女優が表紙を飾るのはなんと今回が“初”であり、海外女優の登場自体も約10年ぶりになるという。紙面では、最新作『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』についてや、ハリウッドの第一線で活躍し続けるメリルにとっての“女優”という仕事について、さらに家族の話にも触れている。また、女性の活躍についても語る中では小池都知事についても言及している。

アカデミー賞前哨戦としても知られる2017年のゴールデングローブ賞では、長年に渡り映画界に貢献してきた人物に贈られる特別功労賞が授与されることもすでに明らかにされているメリル・ストリープ。「婦人公論」への登場と新作公開にご期待が高まる。


映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
12月1日(木)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開

監督:スティーヴン・フリアーズ『クィーン』『あなたを抱きしめる日まで』
出演:メリル・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、ヒュー・グラント『ラブ・アクチュアリー』、サイモン・ヘルバーグ
原題:FLORENCE FOSTER JENKINS
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

メリル・ストリープ

生年月日1949年6月22日(70歳)
星座ふたご座
出生地

メリル・ストリープの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST