【旬!】映画『ファンタスティック・ビースト』豪華コメント動画到着!J.K.が語るハリポタとのつながりとは?

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』特別映像解禁!

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』特別映像解禁!/(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

「ハリー・ポッター」新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が11月23日(水・祝)公開!本年度に公開の洋画実写作品でナンバーワンとなる、ぶっちりの絶好スタートが話題を呼んだ。この度、最新映像が到着!J.K.ローリングが本作と『ハリー・ポッター』シリーズについて「意外なつながりがある」とコメントした!

J.K.ローリングが明かすヒントとは?

今回到着した映像の中では、主演のエディ・レッドメインをはじめ、パーバル・グレイブス演じたコリン・ファレル、クリーデンスを演じたエズラ・ミラー、そして本作で初めて脚本を担当したJ.K.ローリングのコメントも収録されている。その中で、J.K.が語った「ハリポタ」との関連とは?

魔法動物学者のニュート・スキャマンダーが降り立ったアメリカ・ニューヨークでは、アメリカの魔法議会(MACUS)による「魔法使いの存在は絶対に知られてはならない」の不可侵の掟が存在していた。ニュートを演じるエディは「映画には、J.K.ローリングらしいユーモアと温かさに加えて、恐怖も描かれます。理解できないものに対する恐れや、その恐れに対する極端な反応を描いています。だからニューヨークの魔法使いたちは人目を忍ぶようにして暮らしているし、ノー・マジとは全く交流が無い。だから魔法動物を抹殺しようとするのも、魔法使いの存在を知られてはいけないという恐怖があるからだと思う」と明かす。

そして、コリンは「MACUSAのメンバーでさえ、グレイブスのことはよく知らないので、僕はこのキャラクターがどこまで謎なのかを楽しんで演じたんだ」と語る。本作でもミステリアスなキャラクターのグレイブス。クリーデンスに対する非常に強い関心がある様子も本作では注目の謎である。そんなクリーデンスが手にはあの“死の秘宝”のネックレスが映し出される一場面も! このシーンが意味するものとは一体?

また映像の中で、J.K.は「『ハリー・ポッター』とは意外な形でつながっている。グリンデルバルドの攻撃に関連がある。魔法使いが世界の秩序を始めて脅かすの」とファンにはたまらないヒントも明かしてくれた!

SNSなどでは「観終わったばかりなのにもう1回観たい。」「あと2回は観る!」など、複数回鑑賞を宣言している方も多く見受けられリピーターが続出。まだまだ、『ファンタビ』旋風が広まっていくことは間違いなしだ!

>『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の記事をもっと読む


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
大ヒット上映中

監督:デヴィッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ハリー・ポッター』全8作品、J・K・ローリング
出演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

コリン・ファレル

生年月日1976年5月31日(43歳)
星座ふたご座
出生地アイルランド・ダブリン

コリン・ファレルの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST