オダギリジョー大絶賛!西川美和監督が10年ぶりのトークショー実施

トークショーに登壇したオダギリジョー(左)と西川監督(右)

トークショーに登壇したオダギリジョー(左)と西川監督(右)

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化する最新作『永い言い訳』(アスミック・エース配給)が現在全国で公開中。

今回、西川美和監督と、西川監督の大ヒット作『ゆれる』(06年)に主演したオダギリジョーさんをお招きして、トークショーが行われた。『ゆれる』をきっかけに盟友として交流を深めてきたふたりの公の場でのツーショットは『ゆれる』以来10年ぶり。この10年間のそれぞれの活動や、役者論などを中心にここでしか聞けない濃いトークが繰り広げられた。

池袋・シネマロサにて行われた今回のトークショー、『永い言い訳』西川美和監督と、以前西川監督の『ゆれる』(2006年)で主演・早川猛をつとめたオダギリジョーが登場。西川監督が、オダギリを「とても信頼している俳優」と紹介すると、「嘘くさいですね(笑)。」と笑うオダギリ。一方オダギリも「西川監督のこの『永い言い訳』は傑作です。」とベタ褒めし、「嘘くさいですね、今の流れだと(笑)。」と監督も笑顔をみせた。

『永い言い訳』を二回観たというオダギリは、今回の西川監督とのトークショーに登壇するにあたり、06年の公開以来初めて『ゆれる』を観たそうで、「20代最後の作品で、十分に気合いを入れて臨んだはずなのに、今観ると自分がショボいですね。取り直したい(笑)。」とコメント。西川監督も「やり直すか」と息ピッタリの掛け合いを見せ、会場を沸かせた。

オダギリが『永い言い訳』での印象に残っている台詞を聞かれると、「本木さんの『そうでしょう?』は、あれは台詞ですか?本木さんのリアルな口癖だから。」と本木の素の姿を知る者ならではの質問を投げ、「本木さんには幸夫役がピッタリ、本木さんが幸夫じゃなかったら観ないですもん。」と、本木の役のハマりっぷりを証言。「僕、本木さんから影響受けてるところが20%くらい…言い過ぎか、17%くらいあるんですよ。芝居もそうだけどファッションとか。」と、以前より本木さんの大ファンであること明かした。

普段からオダギリの活躍に注目しているという西川監督は、「最近の作品を観ていると、私と一緒にやっていた頃はとんがっていたんだなと思います。」と話す。するとオダギリも「僕も『ゆれる』のメイキングを観ていて、自分生意気だなと思いました。」と若い頃の自分を振り返った。西川監督が「オダギリさんは良い緊張感を出してくる。目指しているものも近いものがあると思うし、同志として特別に思っています。」とオダギリへの信頼を見せると、オダギリも「こんな凄い作品撮ったら、次に撮りたいものがないでしょう。西川作品の完成形を見せつけられた気がします。観点が素晴らしく、同世代なのに西川監督は、研ぎ澄まされすぎています。拝みそうになっちゃった!」と絶賛。また、オダギリは「自分の演じた早川が歳をとったら、幸夫みたいな人間になるんだと思う。西川監督の作品が一本繋がっているように見えました。」と自身が主演した『ゆれる』と『永い言い訳』に通じる接点を語った。

息の合ったトークを繰り広げていたふたりだったが、トーク終了時間を司会者から伝えられるとオダギリは「僕、今日時間があるからまだできますよ。」と西川監督との久しぶりの再会に、笑顔で終わりを惜しむ姿を見せた。


映画『永い言い訳』
大ヒット上映中

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里
原作・脚本・監督: 西川美和

製作:『永い言い訳』製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)
原作:「永い言い訳」(文藝春秋刊)
制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 配給:アスミック・エース
(C) 2016 「永い言い訳」製作委員会 PG-12

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

西川美和

生年月日1974年7月8日(44歳)
星座かに座
出生地広島県広島市安佐南区

西川美和の関連作品一覧

本木雅弘

生年月日1965年12月21日(53歳)
星座いて座
出生地埼玉県

本木雅弘の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST