行定勲監督が初めて挑んだロマンポルノ―映画『ジムノペディに乱れる』イベントで内田裕也がぶっちゃける

 

内田裕也と行定勲監督

行定勲監督が、28年ぶりに復活するロマンポルノに挑んだ最新作『ジムノペディに乱れる』がプロジェクト第1弾として、新宿武蔵野館ほか全国劇場にて大ヒット上映中。
本作で、行定監督がインスパイアされたと語る日活ロマンポルノのクラシック作品『嗚呼!おんなたち 猥歌』で主演を務めた内田裕也がゲストで登場、舞台挨拶を行った。

先日、ロンドンで転倒し、入院中であることが報じられた内田は、スタッフに支えながら登壇。ロマンポルノへの熱い思いは並々ならぬものがあり、負傷中でありながら劇場にかけつけた。内田は「ロンドンのホテルでシャワー中にスリップしちゃって、リハビリセンターに入院してるんだけど、今日の舞台挨拶に出るって男の約束をしたから今日は来ました。行定監督のような自分よりも若い監督が俺を指名してくれてうれしい」と挨拶。

行定監督からは「この作品は僕が20歳ぐらいのときに浅草で見た作品です。もちろんフィクションなんですが、リアリティがありメタフィクションという感じのする作品です。どの場面も記憶に深く残っています。男の弱さが肯定されていて、出てくる女性がみんな切ない。そして内田さんがすごくかっこいいんです。何かに抗っていて。この作品を見てなかったら、『ジムノペディに乱れる』や『贅沢な骨』はできなかったです」と興奮気味に話した。

『嗚呼!おんなたち 猥歌』について内田は、「『嗚呼!おんなたち 猥歌』は名匠・神代辰巳監督ほか、素晴らしいスタッフに恵まれてできた作品です。実はこの作品には因縁があって、1週間みっちりリハーサルをしてさあクランクイン、というタイミングで、プロデューサーから中止の電話があったんです。主演女優が降板したという情報が入って。スタッフみんな良いものを創ろうと必死になっていることを思うと、我慢ができず、キレまくりました。どんなことしても絶対に完成させてやると思っていたので、代わりの女優を見つけるために1週間待ってくれとプロデューサーを説得し、篠山紀信と加納典明に相談をして脱げる女優を探したんです。そこで出会ったのが中村れいこ。結果、彼女を主演にして本当によかったと思っています。降板した女優は、最近息子が強姦で捕まったんですが、ちょうど『嗚呼!おんなたち 猥歌』で、俺が強姦で捕まる役を演じています(笑)。とにかく、悪いことをすると人間ってやったら必ず自分に返ってくるんだなと思いました。降板した女優?タカハタジュンコです」と撮影秘話を暴露。

本作が内田が日活に持ち込んだ企画の映画化であるという経緯があるため、当時を振り返り「すごく面白い企画だと思って日活に持ち込んで、故・神代辰巳監督に話をしたんです。そしたら神代監督からはゆっくりと一言、『本当にできますか?』と言われたのを今でもよく覚えています。制作中止になるかもしれなかった作品ですが、その年の「映画芸術」では第2位、「キネマ旬報」ベストテンでは第5位に選ばれました。苦労して完成させて本当に良かったと思っています」と感動を吐露。

今年、ロマンポルノが45周年を迎えるにあたりロマンポルノ・リブート・プロジェクトとして制作されることに関して「今もロマンポルノを好きでいてくれている人がいるのは大変うれしいことです。第二弾があるならぜひ、主演女優はタカハタジュンコにしてください。」との一言で舞台挨拶を締めくくり、大盛り上がりの舞台挨拶となった。


映画『ジムノペディに乱れる』
大ヒット上映中!

芦那すみれ 岡村いずみ 田山由起 田嶋真弓 木嶋のりこ 西野翔 / 風祭ゆき
監督:行定勲
脚本:行定勲・堀泉杏
音楽:めいなCo.
2016/日本/83分/5.1ch/スコープサイズ/カラー/デジタル/R18

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

高畑淳子

生年月日1954年10月11日(64歳)
星座てんびん座
出生地香川

高畑淳子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST