『モンスターストライク THE MOVIE』焔レン役・坂本真綾インタビュー「ちょっと自分にはハードルが高いかなっていうラインに挑戦することが好き」

坂本真綾

坂本真綾

2013年10月にリリースされたスマホアプリ「モンスターストライク」。2016年4月には世界累計利用者数が3,500万人を突破、また、2015年10月にはアニメ版「モンスターストライク」の配信をYouTubeにて開始し、2016年8月27日には世界累計再生回数1億回を突破するなどアプリにとどまらない「モンスト」の劇場版アニメ『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』が現在大ヒット公開中だ。

大ヒット中の本作で主人公の焔レンを演じた坂本真綾にインタビュー。彼女から見た「モンスト」とはどのようなものだったのか? そして役にかける想いとは―??

――10歳のレンを演じるにあたって、14歳のレンを演じている小林裕介さんのお芝居を参考にされたのでしょうか?

坂本真綾(以下、坂本):参考にしました。小林くんが1年かけて作ってきたレンというキャラクターのことは、絶対に知っておかなきゃと思いました。実際にYouTube版を見てみると、この映画版とは全体のトーンやテンションがかなり違う。参考になったような、余計わからなくなったような(笑)。小林くんとは他の作品でご一緒していて、いつも自然な演技で素敵だなと思っていたので、あの小林くんがやっている役の少年時代をできるっていうことに、嬉しさと妙な安心感がありました。私が演じるのは、レンくん自身も忘れている記憶の話。小林くんも、「僕も初めて知るエピソードがいっぱいあったし、レン本人も覚えていないことだから。多少ズレがあったとしてもそれはそれで成り立つ。自由に好きなようにやってください」と言ってくれました。

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

――『モンストアニメ』について全体的にどんな印象を持ちましたか?

坂本:見る前は、バトルものなのかなって思ったんです。もちろんアクションシーンはありますが、それよりも今回の映画は、主人公たちの心の成長が描かれている。『スタンド・バイ・ミー』のように少年たちがだんだん大人にスライドするきっかけになるような物語。たった数時間の出来事の間に子供がグッと大人に近づくような、そんな人間ドラマに焦点が当たっています。もちろん見所のひとつとしてアクションシーンはあるんですけど。それ以上に印象に残るのはやっぱり、彼らのセリフやぶつかり合い、そういう部分だと思います。

――小学生の男の子というとまだ子供のように思いますが、レン君はいろいろなものを抱えていますね。

坂本:そうですね。特にレンくんの場合は早くにお父さんが行方不明になってしまうという出来事があったために、早く大人にならなきゃとか、家族がお母さんや妹という中で自分がたったひとりの男の子だから早く成長しなきゃっていう思いがあったんだと思います。普通はもっと子供のまましばらくいられると思うんですけどね。

――『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』でレンを演じるにあたって気をつけたことや、監督からの演出はありましたか?

坂本:自分としては作品に途中参加になるので、緊張して行ったんですが、思っていた以上にあまり細かい指示はありませんでした。テストで一度やってみて、「そんな感じで」と、わりとすぐOKをいただけました。途中のシーンで具体的に、「このセリフはこういう風に言ってほしい」というのは所々ありました。

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

――坂本さんの中で特に印象的だったシーンやセリフはありますか。

坂本:レンがオラゴンにモノローグ的に話しかけるシーンがあるんです。それは行方不明になったお父さんについて言及するようなシーンで。文字で読んだ時は結構悲しげに語るのかなと思ったんですが、監督が、「寂しそうなセリフですけどあえて明るく。暗く悩んでいるような雰囲気じゃなく、むしろちょっと笑いながら話すぐらいの感じでやってください」と言ってくれて、なるほどと思いました。そのぐらいいつも強いところを見せたいのがレンくんだし、逆にそうやって笑って見せることで、見ている側に、彼の本当の寂しさが伝わってくる部分もあると思うので。台本を読んでいたときにはわからなかったんですけど、監督の言葉でなるほどなと思った部分でした。

――レンが仲間と一緒に旅に出て成長していく姿がとても印象的な物語ですが、坂本さんの中で印象に残ったキャラクターはいますか?

坂本:自分で演じたのでやっぱりレンくんの気持ちが一番わかるし、共感しましたね。私は春馬みたいに冷静なタイプでもないし、皆実ほどムードメーカーでもない。葵ちゃんはすごくしっかり者だし。

――坂本さんは葵のようなクールなイメージがありますよ。

坂本:どうなんでしょう、そうだったら嬉しいですけど。確かに今まで私が演じてきたキャラクターは、この中で言ったら葵や春馬みたいに、一歩引いた視点で包んで全体を見ているようなキャラが多いので。レンくんみたいに猪突猛進で周りが見えなくなるみたいなキャラクターは今まであまりやったことがなかったタイプかもしれないですね。

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

――レンは前向きで明るいけれど影もある。わかりやすい主人公ではなく、成長の途中なんだなって思わせてくれる主人公ですよね。

坂本:そうですね。もともとYouTube版で見ている人はびっくりするかもしれないですけど、(映画での)レンくんは結構わがまま。周りに対して吐き捨てるようなことを言ったりもする。昔はそういうところがあったんだなって、逆に親近感を覚える人もいるんじゃないかなと思います。いろんなことがあって後のレン君になるんだなって。今回のバックボーンを知って、より一層レンくんに共感を持つ人は覚えるんじゃないかなと思います。

――こういったキャラクターを演じる事は珍しいということですが、男の子を演じる時はどんな心境で臨むのですか。

坂本:男の子の役を演じること自体そんなに多いわけじゃないんですけど、今までやった男の子の役は、年齢的にもう少し上。小さいといっても10歳ですけど、これくらいの年齢の子は自分の中では不慣れという意識があったんです。なので今回やったことのない役に挑戦するのは、自分にとってチャレンジでもありました。でも男の子といってもまだ声変わり前だし、男らしい声ってわけじゃない。声の音で少年っぽさを出すというよりは、マインドの部分で彼の持っている熱血なところを演じたいと思いました。レンくんって子供らしく常に動いているんですよね。走っていたり、ボールを投げながらしゃべっていたり、常にじっとしていない。そういう子供ならではの動きのある話し方など、声色ではない部分で少年っぽさが出せたらいいなというのを目標にしていました。

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

――ご自身の手応えとしてはいかがですか?

坂本:私の中では結構実験的にやってみた役なので(笑)。私にとっても勉強になりましたし、こういう役をいただいたってことにすごく感謝しています。それなりに長い時間いろんなキャラクターをやってきて、その都度もちろんキャラクターは大事ですし、その都度勉強になる部分もあるんです。現場に行くのがすごく緊張する、そういう気持ちで挑める役にまたここで出会えたっていうのは貴重な機会でした。私を選んでくださったのが誰なのかはわからないけど、なんでですかって聞きたいぐらい。ありがたいなって(笑)。私としては、小林くんが演じる14歳のレンくんにスライドするという点から、(共通点を)どなたかが感じてくださったのかなと思っています。

――この映画は、レンたちが子供だけで街を出て旅に出る冒険の物語です。坂本さんが子供の頃に体験した初めての冒険について教えてください。

坂本:9歳ぐらいのとき、初めてひとりで飛行機に乗ったときのことをよく覚えています。私の祖父母が九州と北海道に住んでいて、遊びに行くときは飛行機に乗らないといけないんです。家族で毎年のように飛行機に乗って行っていたんですが、ある年の夏休みに「ひとりで行ってきなさい」と言われて。いつも乗っているから大丈夫と思ったんですけど、やっぱりひとりになった瞬間に不安になりました。誰にも話しかけられないから心細い。ほんの1時間ちょっとなのに、すごく長く感じたんですよね。そんな中、飛行機の中でジュースをこぼしてしまって、すごく恥ずかしかった。子供っぽいことをしてしまったって思ったんですよね(笑)。女の子ってませているから、そこでも堂々とふるまいたかったのに、失敗しちゃった……って。でもその時に助けてくれた隣の席のおじさんやフライトアテンダントの方の存在が、いまだに印象に残っているんです。私は当時からこういう仕事を始めていましたけど、ずっとこういう道で行くか、あるいは飛行機にまつわるお仕事につきたいって思ったりもしたので、その時の経験に相当影響を受けたんだと思いますね。今でもひとり旅は好きですし。あの時、ひとりで何かをやり遂げる喜びを初めて知ったんだと思います。

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

――ひとりでやり遂げたという経験は、坂本さんにとってどんな意味があったんでしょう。

坂本:私は末っ子で、普段から周りのみんながいろいろ構ってくれていたんですよね。自分も甘えることに慣れていたと思うんですけど、だからこそ親が「ひとりで行かせてみよう」って思ったんじゃないでしょうか。もともと自分の力でやりたいという欲求は強い方だったので。今も、あえて難しいことに挑戦してみるとか、行ったことのない場所にひとりで行ってみるのが好き。ドMなんでしょうか(笑)、自分を困らせたい、ちょっと自分を試したいという気持ちがあるんだと思います。

――人生におけるスリルが好きなんですね。

坂本:そうですね。強くなりたいというか。これを克服することで先に行けるんじゃないかっていう気持ちがあるんです。お仕事でも、このレン役のようにあまりやったことがないキャラクターに挑んでみたいって思う。ちょっと自分にはハードルが高いかなっていうラインに挑戦することが好きなのかなって思います。

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

(C)mixi,Inc. All rights reserved.

――最後に、作品を楽しみにしている方々に向けて見どころやメッセージをお願いします。

坂本:私はこの『モンストアニメ』という作品に出ることになって、それを入り口に『モンスト』を知ったので、本当にビギナーなんです。『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』は必ずゲームの『モンスト』をやっていないといけないのかなと思ってたんですけど、そうではない。映画を入り口にしても楽しめる作品になっています。最初にこの映画を観ると、その後のレンくんが知りたくなるでしょうし、そこからYouTube版を観たり、また、その流れからゲームをやったりという順番もありだなと思っています。今までゲームやYouTube版で応援してきた方はもちろん、はじめましてな人でも大丈夫。私もそうでしたから、一緒に楽しんでほしいなと思います。


映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』
大ヒット上映中

出演:坂本真綾、村中知、Lynn、木村珠莉、河西健吾、福島潤、小林裕介、水樹奈々、山寺宏一、北大路欣也

監督:江崎慎平
脚本:岸本卓
ストーリー構成:イシイジロウ、加藤 陽一
キャラクターデザイン原案:岩元辰郎
モンスターデザイン原案:近藤 雅之
キャラクターデザイン・総作画監督:金子 志津枝
制作:ライデンフィルム/ウルトラスーパーピクチャーズ/XFLAG PICTURES
製作:XFLAG

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

坂本真綾

生年月日1980年3月31日(39歳)
星座おひつじ座
出生地東京都板橋区

坂本真綾の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST