池松壮亮、松居大悟監督に本気のダメ出し!映画『アズミ・ハルコは行方不明』トークイベント

 

映画『アズミ・ハルコは行方不明』トークイベントより

公開中の映画『アズミ・ハルコは行方不明』のトークイベントが15日に都内で実施され、メガホンを取った松居大悟監督、そして松居監督と公私で付き合いがある池松壮亮が登壇。池松は製作当時の松居監督について、「今までの作品にない、松居さんにとってかなり難解なものに挑戦しているな、とそばで見ていて感じました」と語った。

上映後の熱気冷めやらぬ満席の会場から拍手で迎えられた二人。『自分の事ばかりで情けなくなるよ』『私たちのハァハァ』に出演し、先日放送されたNHK BSプレミアム『横溝正史短編集 金田一耕助登場!』では松居監督と共演していた池松は、「最初に悪口を言って、あとから全部褒めますね」と断りを入れたうえで「少女ギャング団を幻想的にではなく、もっと生々しく描いてほしかった!」と本気のダメ出し。

親友からの正直すぎる感想にショックを受ける松居監督だったが、池松は「素晴らしかったのは、なんといっても蒼井優さん。蒼井さんは主演オファーもいっぱいあったであろう中、8年ぶりの主演作にこの映画を選んだという、松居さんは本当に引きが強いなと思いました。ラストの高畑さんと対峙するシーン、あれだけでも十分この映画を観る価値があると思います。あとすごく“今”を描いているリアリティのある題材だと思いました」ともコメント。これを聞いた松居監督は「そのシーンのよさでギャング団の部分を取り返せないの?」と弱気にすがり、会場の笑いを誘った。

 

映画『アズミ・ハルコは行方不明』トークイベントより

これまでの自身の作品と比較して賛否両論が巻き起こっている本作への感想が気になる松居監督は、SNSなどで感想をチェックしていることを明かした。これを聞いた池松からは「エゴサーチするからいけないんですよ!」とアドバイスをもらう一コマも。製作当時の松居監督の様子を聞かれた池松は、「今までの作品にない、松居さんにとってかなり難解なものに挑戦しているな、とそばで見ていて感じました」と振り返った。

「3世代の女性を描いていたんですが、自分は体験していないから分からなくて…」と題材への苦労を吐露して、「そんなこと言ったら、また童貞映画作るしかないじゃないですか!」と池松にツッコまれた松居監督は、本作に携わった女性陣へ感謝のコメント。「蒼井さん、プロデューサーの枝見さん、脚本の瀬戸山さんら周りにいた女性陣が頼もしくて、信じられたことが大きかった。この映画に命を吹き込んでくれるのはこの人たちだと確信していたし、その中で監督として判断するのは心地よかったです」

 

映画『アズミ・ハルコは行方不明』トークイベントより

これに続けて池松は、「蒼井さんが一番冷静にこの映画のことを俯瞰的に見ている気がしましたね。監督が分からない分からないと言っていた中(笑)、高畑さん、太賀さん、葉山さんら若い役者たちが自由にやれていたのは、蒼井さんのお影だと思いました」と鋭い指摘を飛ばし、これには松居監督も「よくわかったね(笑)」と驚いた様子だった。

公開後、東京を中心に興行が盛り上がっているという情報を聞きつけた池松は「こういう映画こそ地方に住む人に観て欲しいですね。でも松居さんの作品って東京では盛り上がるんですけど、地方では“松居大悟”を誰も知られてないからね」とチクリ。「池松君もちょっと前までそうだったでしょ」と松居監督が反論するも、「でも僕は『デスノート (Light up the NEW world)』やったんでね」と見事に切り返し、会場からは大きな笑いが起こった。


映画『アズミ・ハルコは行方不明』
公開中

出演:蒼井優 高畑充希 太賀 葉山奨之 石崎ひゅーい
菊池亜希子 山田真歩 落合モトキ 芹那 花影香音 /柳憂怜・国広富之/加瀬亮

監督:松居大悟(『ワンダフルワールドエンド』『スイートブールサイド』『私たちのハァハァ』)
原作:「アズミ・ハルコは行方不明」山内マリコ(幻冬舎文庫)
配給:ファントム・フィルム

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

太賀

生年月日1993年2月7日(25歳)
星座みずがめ座
出生地東京都

太賀の関連作品一覧

松居大悟

生年月日1985年11月2日(33歳)
星座さそり座
出生地福岡県北九州市

松居大悟の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST