『妖怪ウォッチ』最新作、圧倒的な人気で「週末観客動員数」1位に!

 

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2016

レベルファイブが企画・原作をつとめ、国民的人気を誇る『妖怪ウォッチ』の映画第3弾『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』が、12月17日に公開(361館415スクリーン)。初日舞台挨拶を行ったTOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7(キャパ531席)には、南出凌嘉、浜辺美波、山﨑賢人、斎藤工、遠藤憲一、武井咲、小桜エツコ(ジバニャン・声優)、レベルファイブの日野晃博と個性豊かなキャスト・スタッフが集結し、今年の「神ってる出来事」や撮影時のエピソード、そしてクリスマスの思い出をそれぞれ披露した。

パソコンと携帯を使ったweb初日アンケート(子どもが対象)結果によると、男女比は74.8:25.2。年代別では小学1~3年生が53.5%、未就学児(0~幼稚園・保育園児)が19.9.%、小学4~6年生が13.5%。「どなたと来場されましたか?」という質問では、「お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん」75.6%、兄弟・姉妹での来場も含め、初日~2日目に関しては、ほとんどの観客が家族連れでの来場となっている。鑑賞動機(複数回答可)は「テレビアニメの『妖怪ウォッチ』が好きだから」63.9%、「アニメと実写を行ったり来たりする内容(ストーリー)が面白そうだから」30.3%、「ゲームの妖怪ウォッチが好きだから」27.5%、「入場者プレゼントのメダルがほしかった」25.0%という結果になった。

認知経路(複数回答可)は「テレビアニメの妖怪ウォッチ」が83.4%と圧倒的。次いで「テレビCM」30.7%、「映画館の予告篇やポスター」27.9%、「コロコロコミック」17.6%となった。「テレビアニメの妖怪ウォッチを見ていますか?」という質問では、「毎週見ている」91.0%、「時々見ている」5.9%となり、ほとんどの観客がテレビアニメを見ていることが証明された。先日公開が発表された「映画第4弾も見たいですか?」という質問に対する回答は、「見たい」96.3%と、映画第4弾への期待も上々な結果となっており、今後も妖怪人気は続きそうだ。

「アニメと実写を行ったり来たりする」という新しい試みも評判が良い様子。作品の満足度は94.3%と非常に高く、85.9%が「人にすすめる」と回答していることから、クリスマスを控え、また本格的なお正月休みに向けて、更なる動員が見込めるスタートとなった。また、「週末観客動員数」(12月17日~18日 ※興行通信社調べ)は、この冬公開の大作を軒並み抑え、堂々の第1位を獲得している。


『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』
2017年7月5日(水)レンタル開始

【キャスト・スタッフ】
声の出演:戸松遥 関智一 小桜エツコ 遠藤綾 重本ことり 梶裕貴 潘めぐみ

出演:南出凌嘉
浜辺美波 黒島結菜 澤部 佑/遠藤憲一
山崎賢人 斎藤 工/武井 咲
※山崎賢人さんの「崎」は正しい文字が環境により表示できないため、「崎」を代用文字としています。

製作総指揮/原案:日野晃博
原作:レベルファイブ
連載:月刊コロコロコミック
監督:ウシロシンジ
実写パート監督:横井健司
脚本:日野晃博・加藤陽一

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST