実写映画『鋼の錬金術師』エルリック兄弟の画像解禁!ティザービジュアルに込められたこだわりとは?

『鋼の錬金術師』イメージカット

『鋼の錬金術師』イメージカット/(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

大ヒットコミック「鋼の錬金術師」の実写映画化が2017年12月に公開。この度、ハガレンイヤーの幕開けを記念して、本作公式サイトにてティザービジュアルを初披露! 実写“ハガレン”のアルフォンスの姿も公開となったほか、新春の運試しに、特別コンテンツ「ハガレンみくじ」も実施となる。

機関車と石畳を求めてイタリアまで…

公式サイトで公開されたティザービジュアルは、蒸気に包まれた駅構内でエド(山田涼介)とアルフォンスが2人の超ド級の冒険の始まりを暗示する姿が描かれている。エルリック兄弟のビジュアルと共に曽利文彦監督こだわりのイタリアの街で撮影されたティザービジュアル。 “ハガレン”の世界観そのままの歴史あるヨーロッパの空気を感じることができる仕上がりだ。

曽利監督は、ロケ地・イタリアについて「イタリアに行きたかった一番大きな理由が機関車です。原作を読んでいて、“機関車”がモチーフとして一番重要だと考えました。兄弟が旅をする話なので移動は全部機関車で移動していて、機関車が日本の機関車だとしっくりこないので西洋の機関車を求めて街を探しました」とイタリアでの撮影において機関車がいかに重要であったかについて語る。

また、「石畳の風景が欲しかった。日本に現代の石畳はあるが、年季が入った石畳を探すと西洋風の石畳はなく、最近のものだったりする。ある程度年季の入った石畳を探すと、ある面積を必要とするので機関車と石畳を探しました」と、こだわりを明かしてくれた。

さらに、公式サイト内で見ることの出来る時計にはある仕掛けが施されているとのこと。果たして、時計に隠された意味とは!? ぜひ、その仕掛けも楽しんでいただきたい。

大規模原画展も開催決定

2017年秋には“ハガレン”史上初の大規模原画展「鋼の錬金術師展」の開催が決定! 詳細については春、発表予定。本作の更なる続報に目が離せない。

>関連記事「山田涼介主演の映画『鋼の錬金術師』特報動画にフルCGのアルフォンスが登場!」


映画『鋼の錬金術師』
2017年冬、全国ロードショー

監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉
配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

山田涼介

生年月日1993年5月9日(25歳)
星座おうし座
出生地東京都

山田涼介の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST