『スパイダーマン:ホームカミング』から新スパイダーマン・スーツの解説映像が到着!

 

(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.

8月11日に日本公開する、2017年最大の話題作品にして全世界が待望するスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』から、新スパイダーマン・スーツの全容がわかる映像が公開となった。また、日本“初解禁”となる場面写真も併せて解禁となった。

今回解禁となった新スパイダーマン・スーツの解説映像では、「DESIGNED BY TONY STARK FOR PETER PARKER(デザイン by トニー・スターク for ピーター・パーカー)」という文字が登場する。つまり、15歳の高校生ピーター・パーカーを、スパイダーマンという真のヒーローへと導こうとするトニー・スターク=アイアンマンが、ピーターにスーツを贈ったという事実がはっきりと示されているのだ。

天才発明家でもあるスタークが作った新しいスーツには、最先端のテクノロジーが詰め込まれている。スパイダーマンの代名詞にして最大の武器でもあるウェブ・シューターには、ウェブ・タイプをセレクトできる、レーザー・ターゲティング・システム「SELECTABLE WEB TYPES」(セレクタブル・ウェブタイプス)なる新機能が搭載。

さらに、ビルから飛び降りる際にムササビのように羽を広げて飛ぶことができる新スペック「WEB WINGS」(ウェブ・ウィングス)も登場。この機能は、本作で登場するヴィラン・怪鳥ヴァルチャー(マイケル・キートン)との対決の際に重要なカギを握る機能となりそうだ。また、右腕に搭載された敵の位置情報を確認する為であろう「GPS TRACKING SYSTEM 」(GPSトラッキング・システム)が導入されたほか、表情が豊かとなったマスクには「EYES ARE EXPRESSIVE」(感情を表す目)がアップグレード。新機能の数々が、戦闘中にどのようなタイミングで使用されるのか、今から期待が高まる。

スパイダーマンを演じるのは、20歳の英国俳優トム・ホランド。昨年、東京コミコンで来日したスパイダーマンの生みの親スタン・リーに「トム・ホランドはスパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめるほどの逸材だ。アイアンマン役には、同役での出演がこれで8作目となるロバート・ダウニー・Jr。スパイダーマンが対峙する敵・ヴァルチャーには『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートンがふんし、ピーターの叔母であるメイおばさんは『レスラー』などのマリサ・トメイが演じる。


映画『スパイダーマン:ホームカミング』
8月11日全国公開

全米公開:2017年7月7日 監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』
キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニー・Jr(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタラン
公式サイト:Spiderman-Movie.JP 公式Facebook:https://www.facebook.com/SpiderManJapan/ #スパイダーマン (C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST