『ニュースの真相』、『コロニア』、『神様の思し召し』ほか【TSUTAYA×Filmarks】イチオシ! この映画が面白い

Filmarks(フィルマークス)で評価が高い洋画作品を、ユーザーのクチコミとともにチェック!!
※Filmarksのユーザー平均点は2016年12月20日時点のものです

Filmarks(フィルマークス)とは“いい映画と出会える”映画クチコミアプリ

日本最大級! 2,000万件以上の映画のクチコミが集まるアプリ。最新作から過去の名作まで、気になる映画のクチコミをチェックして投稿もできる、映画ファンに人気のアプリです。
詳しくはこちら⇒http://filmarks.com

『ニュースの真相』

『ニュースの真相』

大統領の軍歴詐称を証明する極秘文書は偽物か!?

'04年の米国で起きたスクープをめぐる騒動の裏側を、ケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォード共演で再現した社会派ドラマ。報道番組でジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑を報じるも、証拠文書に偽造の疑いが浮上し、女性プロデューサーらが真相を追究する。

『ニュースの真相』

ユーザー平均点(3.7/5)
番組を作る裏での戦い。キャスターもまた、あらかじめ決められた言葉にどれだけ自分の言葉をのせられるか。ロバート・レッドフォードの視聴者へ向けた最後の言葉がよかった。【ユーザー名:ずん】

2.2 RENTAL
'15年・米、豪
監督・製作・脚本/ジェームズ・ヴァンダービルト
出演/ケイト・ブランシェット、ロバート・レッドフォード

⇒作品紹介・レビューを読む

© 2015 FEA Productions, Ltd. All Rights Reserved.

『コロニア』

『コロニア』

ナチス残党の極秘施設に潜入した女性の闘い

独裁政権下のチリに実在したドイツ人居留区“コロニア・ディグニダ”を題材にしたサスペンス。反体制派として捕らえられた恋人を救い出すために、表向きは慈善団体のコミュニティだが、実際はナチス残党が仕切る拷問施設に潜入する勇敢なドイツ人女性をエマ・ワトソンが演じる。

『コロニア』

ユーザー平均点(3.8/5)
何度か目を伏せたくなるような痛々しい場面があり、胸をえぐられる思いだった。最後の20分間はハラハラどきどき。祈るような思いで見入っていた。鳥肌が止まらなかった。【ユーザー名:Shinkai】

2.8 RENTAL
'15年・独、ルクセンブルク、仏
監督・脚本/フロリアン・ガレンベルガー
出演/エマ・ワトソン、ダニエル・ブリュール

⇒作品紹介・レビューを読む

© 2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH/IRIS PRODUCTIONS S.A./RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH/REZO PRODUCTIONS S.A.R.L./FRED FILMS COLONIA LTD.

『神様の思し召し』

神を信じない医師が神父との出会いで気付く大切なもの

医大に通う息子が神父になりたいと言い出したことから、傲慢で信仰心ゼロの天才外科医が、息子の慕う前科者の神父に正体を偽って接触する。何もかも正反対の二人に芽生える友情をユーモラスかつテンポよくつづった人生賛歌。

『神様の思し召し』

ユーザー平均点(3.8/5)

2.2 RENTAL
'15年・伊
監督・脚本/エドアルド・ファルコーネ
出演/マルコ・ジャリーニ、アレッサンドロ・ガスマン

⇒作品紹介・レビューを読む

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』

教師の情熱と歴史の授業が問題児たちに変化をもたらす

女性教師の提案により全国歴史コンクールに参加することになった落ちこぼれクラスの生徒たちが、アウシュビッツ強制収容所の惨劇を学び、成長していく。さまざまな人種の若者たちが通うパリ郊外の高校の実話を基にしたドラマ。

『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』

ユーザー平均点(3.8/5)

2.8 RENTAL
'14年・仏
監督・製作・脚本/マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール
出演/アリアンヌ・アスカリッド

⇒作品紹介・レビューを読む

(文:橋真奈美)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アリアンヌ・アスカリッド

生年月日1954年10月10日(64歳)
星座てんびん座
出生地フランス、マルセイユ

アリアンヌ・アスカリッドの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST