【来日!】『ローグ・ワン』で話題のマッツ・ミケルセンが『ドクター・ストレンジ』舞台挨拶に登壇決定!

哀しきヒール…マッツ2度目の来日!

哀しきヒール…マッツ2度目の来日!/(C)2017MARVEL

「アベンジャーズ」「アイアンマン」シリーズをはじめとするマーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』が1月27日(金)に公開。そして今回、『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』でも話題となった“北欧の至宝”ことマッツ・ミケルセンの緊急来日が決定した!

『ローグ・ワン』とキャラが同じ!?

約1年半ぶり2度目の来日となる今回、なんと公開日である1月27日(金)の初日舞台挨拶にも登壇予定! 日本の初日舞台挨拶にハリウッドスターが登場するという、ファンにはたまらない異例の事態となっている。

本作でマッツが演じるのは、主人公ドクター・ストレンジの宿敵で、不老不死のユートピア”を実現するため闇の魔術に魅せられていく魔術師カエシリウス。ドクター・ストレンジの前に立ちはだかり、ニューヨークの街全体も歪めるほどの圧倒的な魔術の力で彼を追い詰める敵だ。しかし、カエシリウスが不老不死を執拗に追い求める理由は愛するものを失った時に生まれた“悲しみ”にあり、この心の傷によって彼は“死のない世界”を目指しているのだった。

そして偶然にも、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でマッツが演じたゲイレン・アーソというキャラクターも、カエシリウスと似た境遇に立たされた人物。主人公ジンの父親で、デス・スター開発に関する重要なカギを握る存在として描かれるゲイレンは、自分の子どもを守るため世界を滅亡させる兵器の設計に従事しなければならない苦境に立つ。

愛するものを再び取り戻そうと闇の力に手を染めるカエシリウスと、自身の子どもを守るために世界を滅亡に導く兵器を設計するゲイレン・アーソ。“ごく普通の人間が、悲劇の運命によってダークサイドに堕ちていってしまう”、そんな二人のキャラクターを同時期に演じたマッツの口から、どんな発言が飛び出すのかも期待が高まる。

マッツ・ミケルセン

デンマーク出身の51歳。これまで、一躍その名を世界中に知らしめた『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)で主人公ジェームズ・ボンドを苦しめる強敵ル・シッフルを、海外ドラマ『ハンニバル』では、映画『羊たちの沈黙』(1991)でも有名な若き日のハンニバル・レクター博士を演じ、“ヒール役俳優”としての確固たる地位を築いている。さらに、持ち前の端正な顔立ちとシリアスな演技が世の女性たちを虜にしており、母国では“デンマークで最もセクシーな男”とも言われている。2010年には、デンマーク女王から文化・芸術などに貢献した人物に贈られる“ナイトの称号”を与えられ、“北欧の至宝”と呼ばれる存在の彼は、日本での人気も絶大。前回、主演映画『悪党に粛清を』(2015)で初来日した際は、Twitterにて“マッツ”というワードがトレンド入りを果たし、舞台挨拶を行った「新宿武蔵野館」では数百人ものファンが劇場の外まで殺到するなど、日本中を熱狂させていた。

また“私服ではジャージをこよなく愛する”という、ハリウッドスターらしからぬ親しみあるギャップも魅力の一つ。世界中のスターが一堂に会する国際映画祭の場でも、ラフすぎるジャージ姿で登場するマッツが度々話題になるほどだ。今回の来日では、ファンたちの前にどんな姿を披露してくれるのか? そのファッションにも注目が集まるだろう。


■イベント概要

マッツ・ミケルセン初日舞台挨拶

会場:TOHOシネマズ六本木 スクリーン2
日程:1月27日(金)
(1)9:45上映回/舞台挨拶11:55~12:10
(2)12:45上映回/舞台挨拶12:45~13:20

『ドクター・ストレンジ』
2017年1月27日(金)全国ロードショー

原題:Doctor Strange
監督:スコット・デリクソン
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ベネディクト・カンバーバッチ/レイチェル・マクアダムス 他
全米公開:2016 年11月4日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

アイアンマン

アイアンマン

出演者 ロバート・ダウニー・Jr  ジェフ・ブリッジズ  テレンス・ハワード  グウィネス・パルトロー  ショーン・トーブ  レスリー・ビブ  ファラン・タヒール  サイード・バッドレヤ  ビル・スミトロヴィッチ  クラーク・グレッグ
監督 ジョン・ファブロー
製作総指揮 ジョン・ファブロー  ルイス・デスポジート  ピーター・ビリングスリー  アリ・アラッド  スタン・リー  デヴィッド・メイゼル
脚本 マーク・ファーガス  ホーク・オストビー  アート・マーカム  マット・ハロウェイ
音楽 ラミン・ジャヴァディ
概要 演技派ロバート・ダウニー・Jrを主演にマーベル・コミックの人気キャラクターを実写映画化した痛快SFアクション。軍需産業の経営者で発明家でもある主人公が、自社兵器の悪用を食い止めるため自ら開発したハイテクの鉄鎧を身に纏い、凶悪一味に立ち向かう。巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、発明家としての顔も持つトニー・スターク。彼はある日、アフガニスタンで自社新型兵器のデモ実験を成功させるが、テロリスト集団の襲撃に遭い、胸に深い傷を負ったまま囚われの身となってしまう。しかし、彼は一味の目を盗んで飛行可能なパワードスーツを開発、それを装着して脱出し、生還を果たすが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マッツ・ミケルセン

生年月日1965年11月22日(53歳)
星座さそり座
出生地デンマーク・コペンハーゲン

マッツ・ミケルセンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST