新作映画『沈黙-サイレンス-』を観るべき3つの理由――まるで“巡礼”のような比類なき人間賛歌

(c) 2016 FM Films, LLC.  All Rights Reserved.

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

『沈黙-サイレンス-』ってどんな映画?

17世紀、江戸初期。若きポルトガル人宣教師のロドリゴとガルペは、キリスト教が禁じられた長崎で棄教(信仰を捨てる)したとされる師の真実を確かめようと現地入りし、そこで日本人信徒が味わう壮絶なキリシタン弾圧を目の当たりにする。ついに自身も囚われの身となってしまったロドリゴら。次々と信徒の命が失われる中、「お前たちのせいで、キリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る長崎奉行の言葉が、頑ななロドリゴを追い詰める。

観るべき理由:1――2時間41分、長さを感じさせない濃密な人間ドラマ

原作は戦後日本文学の最高峰と称される遠藤周作の「沈黙」。キリシタン弾圧が横行する江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の視点から、信仰と疑念に揺れる人間のか弱さを描きだし「人間にとって本当に大切なものとは?」と問いかける壮大な人間賛歌が、遠藤氏の没後20年、原作発表から50年を経た2016年、ついに完全映画化された。

上映時間は2時間41分。劇中には目を覆いたくなる壮絶なシーンも登場するが、それでも宗教や文化の違い、経済的な格差といった課題を解決できず、信じるべきものを見失いつつある現代人にダイレクトに突き刺される問題提起がなされており、“共感”の枠を超えた力強いメッセージが放たれる。圧倒的な映像美(特に照明が生み出すビジュアルの効果が出色)は未体験の領域で、決して長さを感じさせないヒューマンドラマだ。

観るべき理由:2――日米のスターが火花を散らす、厳粛なアンサンブル

原作のテーマの1つである異文化間の衝突と和解を体現するかのように、本作には日米を代表するスター俳優が顔を揃え、演技の火花を散らしながら、厳粛なアンサンブルを奏でている。主人公の宣教師ロドリゴ役には、『アメイジング・スパイダーマン』アンドリュー・ガーフィールド。彼に同行するガルペを『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバーが、2人の師である高名な宣教師フェレイラを『シンドラーのリスト』リーアム・ニーソンが演じている。

一方、日本勢も若き宣教師を長崎に導くキチジロー役に窪塚洋介浅野忠信イッセー尾形塚本晋也小松菜奈加瀬亮笈田ヨシら世代を超えた実力派が名を連ねている。

観るべき理由:3――巨匠マーティン・スコセッシ『沈黙-サイレンス-』とは「巡礼」

メガホンをとるのは長年にわたり、米映画界をけん引し続ける巨匠にして、アカデミー賞受賞監督のマーティン・スコセッシ。原作との出会いから28年を経て、ついに念願の一大プロジェクトを実現させたスコセッシ監督が来日を果たし、本作への深い思いを熱弁している。

マーティン・スコセッシ監督

マーティン・スコセッシ監督

「初めて原作を読んだときは、いかに解釈し、どう映画化すべきか答えが見つからずにいた。自分自身も信仰心を見失っていた時期で、もっと題材について深い探究が必要だと自覚していたんだ。やっと映画化できると手応えが覚えたのは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002年公開)を撮り終えた頃。キリシタンの皆さんの勇気や、日本文化への敬意を損なうことなく、力の限り忠実に描きたかったし、信じること、疑うことというテーマについて、教義を超えて包括的に問いかけたかった。私にとっては映画作りそのものが、まるで“巡礼”であり、完成したからといって、これで終わりだとも思わない。一生、この作品と共に生きていくつもりだよ」(1月16日 東京で行われた来日記者会見)

(文:内田涼)


映画『沈黙-サイレンス-』
2017年1月21日(土) 全国ロードショー

原作:遠藤周作『沈黙』(新潮文庫)
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス
撮影:ロドリゴ・プリエト
美術:ダンテ・フェレッティ
編集:セルマ・スクーンメイカー
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信
イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ
配給:KADOKAWA

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アンドリュー・ガーフィールド

生年月日1983年8月20日(35歳)
星座しし座
出生地米・カリフォルニア・ロサンジェルス

アンドリュー・ガーフィールドの関連作品一覧

マーティン・スコセッシ

生年月日1942年11月17日(76歳)
星座さそり座
出生地米・ニューヨーク

マーティン・スコセッシの関連作品一覧

リーアム・ニーソン

生年月日1952年6月7日(66歳)
星座ふたご座
出生地

リーアム・ニーソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST