映画『沈黙-サイレンス-』主演のアンドリュー・ガーフィールドが驚嘆!「イッセー尾形は魔術師だ」

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

悪役は単なる悪だけじゃない方が作品に深みが出る。イッセー尾形が演じた井上筑後守に迫る。

LA批評家協会賞《助演男優賞》次点となったイッセー尾形が演じる井上筑後守は、遠藤周作の「沈黙」に登場する実在した人物の一人。自らもキリスト教を信じた過去を持つとされる老獪な長崎奉行は、時代の変化に合わせて信仰を捨て、隠れキリシタンを激しく弾圧し、踏み絵を踏めと棄教を迫る。農民たちに「そんなに手こずらせんでくれよ」と囁き、宣教師には「お前のせいで多くの人々が犠牲になるのだ」と容赦なき言葉を放つ。長崎に潜入することになるロドリゴとガルペ、ふたりの宣教師か師と仰ぐフェレイラを棄教に追い込んだのもこの人物だ。

イッセー尾形が演じた井上筑後守について、アンドリュー・ガーフィールドら共演者、そしてスタッフのコメントが到着した。

監督のマーティン・スコセッシは、「イッセー尾形は奉行を演じる。彼のことは長年よく知っていて、評価していた。『ヤンヤン 夏の想い出』で見て以来、注目していた。彼は日本のサラリーマンを演じた。アレクサンドル・ソクーロフ『太陽』では、終戦直前の数日間の昭和天皇を演じた。彼はマッカーサーに会う。素晴らしかった」と、イッセー尾形の主演作『太陽』に心惹かれた。そして「映画で観るイッセー尾形の演技はすべて彼が考えたもの。扇子でハエを追い払うアイデアや頭を扇子であおぐ動き、ぬかるみにハマる動きもそうだよ。素晴らしい演技だ」と微笑んだ。

監督と共に脚色に挑んだジェイ・コックスは、「井上という奉行は、実はとてもイエズス会士に近いところがある。彼は、若いイエズス会士と議論ができ、知性の力とそれに強引な行動を組み合わせることで、彼が一番大切だと考えている信仰を放棄させようと、宣教師の反応に合わせて策を繰り出す。彼は抜け目のない無慈悲な人物だが、自分が何をしたいかよくわかっている人だ。神父たちが信仰や教会を大切にするように、彼は日本という国を大切にしている。だから対立が起こる」のだと、井上筑後守のインテリぶりを指摘する。

井上から激しく棄教を迫られる宣教師ロドリゴを演じたアンドリュー・ガーフィールドは、「イッセー尾形は、不思議な蛇を操る人のような存在感がある。彼は魔術師とか錬金術師のようで、目をそらすことができないが、でも、長く見過ぎると石に変えられてしまいそうな怖さを感じさせる。イッセー尾形はどこか神秘的なところのある人」だったと、その不可思議な演技力に魅了された。

「彼は老けるためのメイクアップをしなかった。自分の役よりも実際には20歳も若いのに、彼は自分で顔に皺を作って、違う表情をつけた。彼がどうやったのか、僕にはまったくわからない。本当に魔術師だ」と、イッセー尾形のキャラクター作りには驚愕した。日本人キャストとの仕事について、「いろいろな役者の演じ方やアプローチの仕方をじっくりと観察できて、うれしかった。映画で扱っている多国籍の人々の共存を、まるで実際に目にしたような気がした」と振り返っている。

本作に登場するもう一人の実在人物、井上によって棄教へと追い込まれるフェレイラを演じた名優リーアム・ニーソンは、「イッセーは素敵な役者だ。マーティから、ロシア映画の『太陽』を見るようにと言われた。彼は昭和天皇を演じていて、その演技は上級で特別なレベル。だから、共演する場面では、彼の存在からオーラを強く意識していた」と証言している。

イッセー尾形は、「監督は新しいことをトライするのが好き。だからいろいろやってみせると『素晴らしい! もう一回!』とテイクを重ねる。全面的に信頼してくれていると分かるからこそ、井上になりきれた」と、ユニークな演技を引き出すスコセッシの演出によって井上を体現した。「役柄になりきれた。60歳を過ぎて“神様はいるな”と思いました」と微笑む。さらに、役作りと本作が訴えかけるテーマについて、「井上は追い詰める役でしたが、僕自身は悪から逃げようと務めた。本作は、悪とか善とかだけの話ではなく、もっと深い、追い込まれた人間の話。だからこそ、悪役は単なる悪だけじゃない方が作品に深みが出る」と語ってくれた。

井上筑後守の好演によって、ロサンゼルス映画批評家協会《助演男優賞》次点という栄誉を与えられたイッセー尾形には、今後もさらに世界からの熱い視線が注がれることになるだろう。マーティン・スコセッシ監督渾身の最新作『沈黙-サイレンス-』は、1月21日(土)より全国ロードショー。


映画『沈黙-サイレンス-』
2017年1月21日(土) 全国ロードショー

原作:遠藤周作『沈黙』(新潮文庫)
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス
撮影:ロドリゴ・プリエト
美術:ダンテ・フェレッティ
編集:セルマ・スクーンメイカー
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信
イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ
配給:KADOKAWA

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

イッセー尾形

生年月日1952年2月22日(67歳)
星座うお座
出生地福岡県福岡市

イッセー尾形の関連作品一覧

アンドリュー・ガーフィールド

生年月日1983年8月20日(35歳)
星座しし座
出生地米・カリフォルニア・ロサンジェルス

アンドリュー・ガーフィールドの関連作品一覧

マーティン・スコセッシ

生年月日1942年11月17日(76歳)
星座さそり座
出生地米・ニューヨーク

マーティン・スコセッシの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST