【テレビ放送!】『STAND BY ME ドラえもん』大人もガチ泣きする名セリフ3選

憂鬱な日曜の夜「ドラ泣き」でスッキリしてみませんか?

日曜の夜は、大人も「ドラ泣き」!

1月22日(日)、21時からテレビ朝日系列「日曜洋画劇場」にて、映画『STAND BY ME ドラえもん』の放送が決定!「のび太の結婚前夜」や「帰ってきたドラえもん」など、コミック版「ドラえもん」の往年の名作エピソードが3DCGで蘇る。

そんな本作を手掛けたのは、『ALWAYS 三丁目の夕日’64』『永遠の0』山﨑貴監督と『friends もののけ島のナキ』八木竜一。日本映画界きっての“感涙”タッグが仕掛ける名シーンには、「大人になって、アニメで泣かないだろ(笑)」という方でも、涙を禁じ得ないこと間違いなしだ!今回は、本作の中でも是非注目して頂きたい名セリフをご紹介。本編ではお見逃しなく!

しずかちゃんのパパが、深い…

「少しくらい寂しくても思い出が温めてくれるさ」

結婚式前夜のしずかちゃんに会いに、未来へやってきたのび太とドラえもん。しかし“結婚”という大きな人生の岐路を前に、「結婚しない!」とマリッジブルーになってしまったしずかちゃんを目撃する…。

そんな娘に対して、しずかちゃんのパパは、これまでの思い出や結婚相手ののび太のことについて語り始める。その優しく、深みのあるセリフは本作の中でも必見のワンシーン。特にこれから結婚を意識している方やその親御さんにとっては、涙なしには見られない名シーンと言えるだろう。

水田わさびのドラえもんも、アツい…

「ドジで のろまで… 」

のび太の幸せを受信したドラえもんの成し遂げプログラム。48時間以内未来に帰ることになったドラえもん。「肩の荷が下りたよ」と独り言を言いながらも、涙ながらにのび太のことを語り出す。

長年のファンにとっては「大山のぶ代のドラえもんじゃなきゃ…」という方も多いとは思われるが、是非、このシーンでの声優・水田わさびが魅せる熱演ぶりに注目して頂きたい。“ドジッ子”のび太を思うドラえもんの今にもこぼれ出しそうな想いに、目頭が熱くなること間違いなしだ。

やっぱり往年の名シーンで涙腺崩壊

「ぼくだけのちからで勝たないと ドラえもんが安心して帰れないんだ!」

プログラミングで、未来に帰らなければならなくなったドラえもん。のび太は、自分一人の力だけで困難に立ち向かわなければならなくなる。そんな中ジャイアンが喧嘩を仕掛けてくるのだが…。

やっぱり、この往年の名シーンは見逃せない。それまでドラえもんに頼りっぱなしだったのび太が一人自立して、立ち向かう健気な姿に涙のダムが崩壊決定だ!

大人も子供楽しめること間違いなしの本作。ぜひ、ちょっと憂鬱な日曜の夜はタオル片手にドラえもんで「ドラ泣き」して、スッキリと週明けを迎えてみては?

(文・nony)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

山崎貴

生年月日1964年6月12日(55歳)
星座ふたご座
出生地長野県

山崎貴の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST