『デスノート』最新作のブルーレイ&DVDがリリース!値段に隠された意味とは

 

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

2016年10月29日に公開された『デスノート Light up the NEW world』のブルーレイ&DVDが、いよいよ4月19日に発売。今回は、その内容はもちろん、値段に隠されている、ファンにうれしい裏設定に迫る。

前作から10年ぶりに復活した劇場版最新作は、原作に存在しながらも前作にはなかった6冊ルールを軸に、新たなノート争奪戦を描いた。新キャストには、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉の三人を迎え、新たな死神役として松坂桃李、沢城みゆきが声を担当し、豪華競演が実現。前作に引き続き戸田恵梨香が弥海砂を演じたほか、前作で夜神月を演じた藤原竜也と、Lを演じた松山ケンイチがサプライズ出演したことも大きな話題を呼んだ。

 

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

ブルーレイ&DVDは、complete setと通常版で全4形態を展開。映像特典として、劇場公開時に実施された舞台挨拶やジャパンプレミア、メイキングなどの貴重な映像の数々を収録しているなど、ファンにはたまらない豪華仕様に仕上がっている。

また、その価格にも『デスノート』ならではの遊び心が隠されている。DVD通常版の値段は、3,333円(税抜)。そう、ミサミサ(弥海砂)を想起させる価格設定なのだ。

では、他の3形態にも何か意味が隠されているのだろうか…?

その真相は、ぜひ手に取って確かめてほしい。


映画『デスノート Light up the NEW world』

2017年4月19日 DVD&Blu-ray 発売・レンタル開始

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST