【全受賞結果発表!】栄冠は誰の手に?『第89回アカデミー賞』ノミネート作品一覧

米アカデミー賞公式サイト(http://oscar.go.com/)より

米アカデミー賞公式サイト(http://oscar.go.com/)より

『ラ・ラ・ランド』、圧倒的強さで13部門14ノミネート。日仏合作でジブリも再び!

今年もこの季節がやってきた――。日本時間の1月24日22時より発表となった『第89回アカデミー賞』ノミネート作品。ゴールデン・グローブ賞で歴代最多7冠の『ラ・ラ・ランド』などすでに話題となっている作品もあるが、これから日本で公開される作品の目安とするためにも、まずはノミネート作品を頭の片隅に入れておきたいところだ。

先に書いた『ラ・ラ・ランド』(日本公開:2月24日)が13部門(歌曲賞は2つノミネート)、次いで『メッセージ』(日本公開:5月19日)『ムーンライト』(日本公開:春)が8部門、『Hacksaw Ridge(原題)』(日本公開:夏)『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(日本公開:5月)『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(日本公開:4月)が6部門ノミネートと、今後日本で公開となるこれら6作品への注目度が俄然高まった形に。また、スタジオジブリ初の海外合作となる『レッドタートル ある島の物語』も長編アニメ映画賞にノミネートされ、こちらも受賞へ期待が高まるところ。

なお受賞作品は、日本時間2月27日(月)10時よりアメリカ ロサンゼルスのドルビー・シアターにて開催される『第89回アカデミー賞授賞式』にて発表となる。

作品賞は『ムーンライト』、最多受賞となった『ラ・ラ・ランド』は6部門!

最多受賞は『ラ・ラ・ランド』の6部門(監督賞、主演女優賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞、美術賞)、次いで『ムーンライト』が作品賞ほか助演男優賞と脚色賞の3部門受賞、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が主演男優賞、脚本賞の2部門、『ハクソー・リッジ』も同じく2部門(編集賞、編集賞)となった。

第89回アカデミー賞ノミネート作品一覧

※★は受賞作

作品賞

『メッセージ』
『Fences(原題)』
『Hacksaw Ridge(原題)』
『最期の追跡』
『Hiddn Figures(原題)』
『ラ・ラ・ランド』
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
★『ムーンライト』

主演男優賞

ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
アンドリュー・ガーフィールド(『Hacksaw Ridge(原題)』)
ライアン・ゴズリング(『ラ・ラ・ランド』)
ヴィゴ・モーテンセン(『はじまりへの旅』)
デンゼル・ワシントン(『Fences(原題)』)

主演女優賞

イザベル・ユペール(『ELLE(原題)』)
ルース・ネッガ(『ラビング 愛という名前のふたり』)
ナタリー・ポートマン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)
メリル・ストリープ(『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』)

助演男優賞

マハーシャラ・アリ(『ムーンライト』)
ジェフ・ブリッジス(『最後の追跡』)
ルーカス・ヘッジズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー)』)
デヴ・パテル(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
マイケル・シャノン(『Nocturnal Animals(原題)』)

助演女優賞

ヴィオラ・デイヴィス(『Fences(原題)』)
ナオミ・ハリス(『ムーンライト』)
ニコール・キッドマン(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)
オクタヴィア・スペンサー(『Hiddn Figures(原題)』)
ミシェル・ウィリアムズ(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)

長編アニメ映画賞

『Kubo And The Two Strings(原題)』
『モアナと伝説の海』
『MyLifeAsA Zucchini(原題)』
『レッドタートル ある島の物語』
『ズートピア』

撮影賞

『メッセージ』(ブラッドフォード・ヤング)
★『ラ・ラ・ランド』(リヌス・サントグレン)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(グレイグ・フレイザー)
『ムーンライト』(ジェームズ・ラクストン)
『沈黙―サイレンス―』(ロドリゴ・プリエト)

衣装デザイン賞

『マリアンヌ』(ジョアンナ・ジョンストン)
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(コリーン・アトウッド)
『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(コンソラータ・ボイル)
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(マデリーン・フォンテーヌ)
『ラ・ラ・ランド』(メアリー・ゾフレス)

監督賞

『メッセージ』(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
『Hacksaw Ridge(原題)』(メル・ギブソン)
★『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル)
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(ケネス・ロナーガン)
『ムーンライト』(バリー・ジェンキンス)

長編ドキュメンタリー賞

『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』
『I Am Not Your Negro(原題)』
『ぼくと魔法の言葉たち』
★『O.J.:Made In America(原題)』
『13th -憲法修正第13条』

短編ドキュメンタリー賞

『最期の祈り』
『4.1 Miles(原題)』
『Joe's Violin(原題)』
『Watani:My Homeland(原題)』
★『ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-』

編集賞

『メッセージ』(ジョー・ウォーカー)
★『Hacksaw Ridge(原題)』(ジョン・ギルバート)
『最後の追跡』(ジェイク・ロバーツ)
『ラ・ラ・ランド』(トム・クロス)
『ムーンライト』(ナット・サンダース/ジョイ・マクミロン)

外国語映画賞

『ヒトラーの忘れもの』(デンマーク)
『幸せなひとりぼっち』(スウェーデン)
★『セールスマン』(イラン)
『Tanna(原題)』(オーストラリア)
『Toni Erdmann(原題)』(ドイツ)

メイク・ヘアスタイリング賞

『幸せなひとりぼっち』(ラヴ・ラーソン/エヴァ・フォン・バール)
『スター・トレック BEYOND』(ジョエル・ハーロウ/リチャード・アロンゾ)
『スーサイド・スクワッド』(アレッサンドロ・ベトラッツィ/ジョルジオ・グレゴリーニ/クリストファー・ネルソン)

作曲賞

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(ミカ・レヴィ)
★『ラ・ラ・ランド』(ジャスティン・ハーウィッツ)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(ダスティン・オハロラン/ハウシュカ)
『ムーンライト』(ニコラス・ブリテル)
『パッセンジャー』(トーマス・ニューマン)

歌曲賞

「“AUDITION(The Fools Who Dream)”」(『ラ・ラ・ランド』)
「“Can't Stop The Feeling”」(『Trolls(原題)』)
★「“City Of Stars”」(『ラ・ラ・ランド』)
「“The Empty Chair”」(『JIM:The James Foley Story(原題)』
「“How Far I'll Go”」(『モアナと伝説の海』)

美術賞

『メッセージ』(パトリス・ヴァーメット/ポール・ホッテ)
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(スチュアート・クレイグ/アンナ・ピノック)
『ヘイル,シーザー!』(ジェス・ゴンカー/ナンシー・ハイ)
★『ラ・ラ・ランド』(デイビット・ワスコ/サンディー・レイノルズ・ワスコ)
『パッセンジャー』(ガイ・ヘンドリックス・ディアス/ジーン・セルディーナ)

短編アニメ映画賞

『盲目のヴァイシャ』
『Borrowed Time(原題)』
『Pear Cider And Cigarettes(原題)』
『Pearl(原題)』
★『ひな鳥の冒険』

短編実写映画賞

『Ennemis Interieurs(原題)』
『彼女とTGV』
『Silent Nights(原題)』
★『合唱』
『タイムコード』

音響編集賞

★『メッセージ』(シルヴァン・ベルマール)
『バーニング・オーシャン』(ワイリー・ステートマン/レニー・トンデリ)
『Hacksaw Ridge(原題)』(ロバート・マッケンジー/アンディ・ライト)
『ラ・ラ・ランド』(Ai-Ling Lee/ミルドレッド・イアットルー・モーガン)
『ハドソン川の奇跡』(アラン・ロバート・マレー/バブ・アズマン)

録音賞

『メッセージ』(Bernard Gariépy Strobl/クロード・ラ・アヤ)
★『Hacksaw Ridge(原題)』(ケヴィン・オコネル/アンディ・ライト/ピーター・グレース)
『ラ・ラ・ランド』(アンディ・ネルソン/Ai-Ling Lee/スティーブン・A・モロー)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(デイヴィッド・パーカー/クリストファー・スカラボシオ/スチュアート・ウィルソン)
『13時間 ベンガジの秘密の兵士』(グレッグ・P・ラッセル/ゲイリー・サマーズ/ジェフリー・J・ハバッシュ/マック・ルース)

視覚効果賞

『バーニング・オーシャン』(クレイグ・ハマック/ジェイソン・スネル/ジェイソン・ビリントン/バート・ダルトン)
『ドクター・ストレンジ』(ステファン・セレッティ/リチャード・ブラフ/ヴィンセント・シレッリ/ポール・コーボールド)
『ジャングル・ブック』(ロバート・レガート/アダム・バルディーズ/アンドリュー・R・ジョーンズ/ダン・レモン)
『Kubo And The Two Strings(原題)』(スティーブ・エマーソン/オリバー・ジョーンズ/ブライアン・マクリーン/ブラッド・シフ)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(ジョン・ノール/モエン・レオ/ハル・ヒッケル/ニール・コーボールド)

脚色賞

『メッセージ』(エリック・ハイセラー)
『Fences(原題)』(オーガスト・ウィルソン)
『Hiddn Figures(原題)』(アリソン・シュレーダー/テオドール・メルフィ)
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(ルーク・デイビーズ)
★『ムーンライト』(バリー・ジェンキンス/タレル・アルバン・マクレイニー)

脚本賞

『最後の追跡』(テイラー・シェリダン)
『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル)
『ロブスター』(ヨルゴス・ランティモス/エフティミス・フィリップ)
★『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(ケネス・ロナーガン)
『20センチュリー・ウーマン』(マイク・ミルズ)

>アカデミー賞のニュースをもっと見る

【振り返り】第88回受賞作品一覧

『レヴェナント:蘇えりし者』でついにレオナルド・ディカプリオが悲願の主演男優賞を、女優では『ルーム』ブリー・ラーソンが初受賞したことでも大きな話題となった第88回の授賞式。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(『レヴェナント:蘇えりし者』)の2年連続監督賞受賞(作品は計3部門受賞)や、ジョージ・ミラー監督の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が最多6部門受賞など強さを見せた作品が際立った年でもあった。

作品賞:『スポットライト 世紀のスクープ』
主演男優賞:レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者』
主演女優賞:ブリー・ラーソン『ルーム』
助演男優賞:マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ』
助演女優賞:アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』
監督賞:アレハンドロ・G・イニャリトゥ『レヴェナント:蘇えりし者』
脚色賞:『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
脚本賞:『スポットライト 世紀のスクープ』
撮影賞:『レヴェナント:蘇えりし者』
美術賞:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
音響編集賞:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
録音賞:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
編集賞:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
作曲賞:『ヘイトフル・エイト』
歌曲賞:『“Writing’s On The Wall”』(『007/スペクター』
衣装デザイン賞:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
メイク・ヘアスタイリング賞:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
視覚効果賞:『エクス・マキナ』
外国語映画賞:『サウルの息子』(ハンガリー)
長編アニメ映画賞:『インサイド・ヘッド』
短編アニメ映画賞:『ベア・ストーリー(原題)』
短編実写映画賞:『スタッタラー(原題)』
短編ドキュメンタリー賞:『ア・ガール・イン・ザ・リヴァー(原題)』
長編ドキュメンタリー賞:『AMY エイミー』

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST