【超必見!】エマ・ワトソン主演『美女と野獣』オーケストラ生演奏上映が決定!

美女と野獣

『美女と野獣』/(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

エマ・ワトソン主演で贈る、ディズニー不朽の名作の実写映画化『美女と野獣』が4月21日(金)より公開。このたび本作の公開を記念して、公開中の映画作品では世界初となる実写映画『美女と野獣』の全編を90名の東京フィルハーモニー交響楽団のフルオーケストラ生演奏と合わせて楽しむ上映を、4月29日(土・祝)30日(日)の2日間で4公演、東京国際フォーラム・ホールAにて開催することが決定した!

世界初!劇場公開中の映画作品をフルオーケストラ付で体験

実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラは、実写化による素晴らしい映像美とディズニー・アニメーションを代表する華やかでエモーショナルな音楽で世界中から期待の高い作品を、指揮ニコラス・バック、オーケストラ東京フィルハーモニー交響楽団が、巨大なスクリーンに映し出される映像に合わせてサウンド・トラックを忠実にシンクロ演奏するシネオケ(R)のフォーマットで上映。

ディズニーによる劇場公開中の映画作品での開催は世界初となり、エマ・ワトソンとライブのオーケストラの共演をご覧いただける新しい映画鑑賞体験になることは間違いなしだ。

世界中で愛され続けるディズニー「美女と野獣」の名曲+新曲3曲を演奏

1991年にアメリカで公開されたディズニー「美女と野獣」は、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされただけでなく、同時に3曲が歌曲賞の候補にあがるなど、音楽の持つ力が高く評価されている。オスカーを受賞したテーマソング「美女と野獣/Beauty and the Beast」を始め、「朝の風景/Belle」「ひとりぼっちの晩餐会/Be Our Guest」など、いまも世界中で愛され続けている名曲ぞろい。26年の時を経て実写化された本作には、アニメーション版に登場したすべてのミュージカルナンバーが使われているうえ、3曲の新曲が加わったのが大きな魅力だ。

本日、1月25日(水)お昼12時より、チケットの最速先行販売が開始。お申し込み、公演内容詳細は公式HPまで。

■イベント概要

実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ

日時:
2017年4月29日(土・祝)13時開演・18時開演
2017年4月30日(日) 11時開演・16時開演
場所:東京国際フォーラム・ホールA(東京・有楽町)
指揮:ニコラス・バック
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
英語上映・日本語字幕あり
チケットに関する問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799(平日11時〜18時 土日祝10時〜18時)


『美女と野獣』
2017年4月21日(金) 全国ロードショー

監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
原題:Beauty and the Beast
全米公開:2017年3月17日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST