顔も行動もイケメンすぎるマッツに会場のファンもメロメロ―映画『ドクター・ストレンジ』初日舞台挨拶

(左から)マッツ・ミケルセン、樋口可南子、井上和彦

(左から)マッツ・ミケルセン、樋口可南子、井上和彦

『アベンジャーズ』『アイアンマン』シリーズをはじめとするマーベル・スタジオが、ベネディクト・カンバーバッチ主演で贈る最新作『ドクター・ストレンジ』がついに1月27日(金)に公開され、初日舞台挨拶が行われた。

当日は、カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジの敵役となる魔術師カエシリウス役であり、“北欧の至宝”ことマッツ・ミケルセンが登壇。また、ティルダ・スウィントン演じるドクター・ストレンジの師となるエンシェント・ワンの日本語版声優・樋口可南子、本作だけでなく映画『悪党に粛清を』や海外TVドラマ「ハンニバル」でマッツの吹替を担当している声優の井上和彦も駆けつけ、華を添えた。

イケメンと垣間見せる可愛らしさでファンを喜ばせたマッツ

イケメンと垣間見せる可愛らしさでファンを喜ばせたマッツ

“北欧の至宝”は伊達じゃない! ファンをさらにファンにする神対応など…マッツの一挙手一投足に歓声

黄色い歓声の中、颯爽と登場したマッツ。ファンに向けて「コンニチハ、トーキョー!」と呼びかけ、「少年の頃マーベルコミックとブルース・リー夢中だった僕は、この作品のオファーをもらったとき、心から“夢が叶った”と思った。とてもおもしろい作品だし、今まで見たことがないようなキャラクターたちが登場する。何より作っていた僕らが楽しかったから、皆さんにも楽しんで欲しいと思います」と魅力をまず語った。

約1年半ぶり2度目となる来日に、ゲームクリエイターの小島秀夫氏との面会やスタジオ訪問(現在開発中である小島氏の新作ゲーム「デス・ストランディング」に出演)のことや、屋形船に乗ったり、寺の住職さん会ったことなど、今回も日本を満喫している様子を楽しげに語るマッツ。昨年末公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』など立て続けに大作に出ていることには「まさか役者になるとは思っていなかったけど、『マーベル』と『スター・ウォーズ』が大好きな子供だった。僕はアメリカ人ではないので、これらの大作に出ていることはシュールだと感じるよ(笑)。でもチャンスを与えてくれたことをすごく感謝している」とコメント。

マイクの持ち方が可愛らしいマッツ

マイクの持ち方が可愛らしいマッツ

この日の舞台挨拶ではお客さんが直接マッツに質問できる機会が設けられた。MCから先に「どうしてそんなにカッコいいのか?」と聞かれれば「秘密は味噌汁と刺し身だね」と、はたまた「ジャージが素敵だけど着こなすコツは??」には「ただ着るだけじゃダメだ。それを着てワーク・アウトしないとね!」と迷いなく答えていくマッツにお客さんも大喜び。撮影中にカンバーバッチに息子が生まれていたことなど裏エピソードも披露するなど和やかな雰囲気。

「初めてみた時、マッツさんの目元のメイクに引いてしまいました…」というお客さんからの質問には「最初は『毎朝3時間のメイクか…』と思ったけど、メイクの時間中に目を閉じてその日やること考える時間を作ることができたね。僕らとしては、とても効いているメイクだと思っているよ」とここでも裏エピソードが飛び出した。

マッツ自らお客さんの質問を抽選

マッツ自らお客さんの質問を抽選

さらにマッツからのフォトサービス(撮影OK)の時間ではなんと会場前方だけでなく、中盤にかけてポイントポイントに足を伸ばし、それぞれファンが撮影しやすいようにする粋な、これぞ“神対応”という姿勢に会場中が大騒ぎ。あちこちで「マッツー!!」を呼びかけられ、笑顔を振りまいた。

ファンに呼ばれればすぐに動くマッツ。その姿勢に脱帽…

ファンに呼ばれればすぐに動くマッツ。その姿勢に脱帽…

マッツの吹替もしている声優・井上和彦にとっても悲願

イベント中盤には樋口可南子と井上和彦がお祝いに登場。お客さんたちにはサプライズだったため、突然の呼び込みに会場のボルテージがさらにアップ。マッツの真横に立った樋口は「みなさんと同じです! マッツさんに会いたくて…」と興奮状態。吹替について「エンシェント・ワンは女の人から見てもカッコいい。私は吹替一年生なので、井上さんのプロの技術に圧倒されました」とコメント。井上は「3年以上マッツさんの声をやらせてもらっているので…お会いすることができて本当に嬉しい。日本語版もぜひぜひ…」としっかり日本語版もPR。

樋口から、花束のプレゼント

樋口から、花束のプレゼント

  • 井上もこの笑顔
  • 人気と実力を兼ね備えている井上

マッツの印象を聞かれるた樋口は「カエシリウスは、ギラギラしたカッコいいキャラクター。マッツさんもギラギラしていると思ったけど、にこやかで優しいんですよ! このギャップがたまらない。本当にナチュラルでフレンドリー。こんなに横にいてホッとできる方だとは思わなかった」とメロメロ。井上も「もっと近寄りがたいと思っていたけど、すごく…優しいお兄さんで。フレンドリーというか。とっつきやすい感じで。そのマッツさんが演じるとあんなに怖くなるというギャップがすごいなと思いました」と共感していた。

これを受けてマッツは2人を「映像に合わせつつ、自分のモノにしないといけない。声優の仕事は一つの芸術だよ」と賞賛。さらに井上には「僕の声を当てている人がこんなにハンサムで嬉しいよ」とメッセージを伝えた。

>【インタビュー】「北欧の至宝」 マッツ・ミケルセンが語る、映画『ドクター・ストレンジ』で演じた悪役の魅力とは?


『ドクター・ストレンジ』
公開中

原題:Doctor Strange
監督:スコット・デリクソン
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ベネディクト・カンバーバッチ/レイチェル・マクアダムス 他
全米公開:2016 年11月4日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マッツ・ミケルセン

生年月日1965年11月22日(53歳)
星座さそり座
出生地デンマーク・コペンハーゲン

マッツ・ミケルセンの関連作品一覧

井上和彦

生年月日1954年3月26日(65歳)
星座おひつじ座
出生地神奈川県横浜市

井上和彦の関連作品一覧

ベネディクト・カンバーバッチ

生年月日1976年7月19日(43歳)
星座かに座
出生地英・ロンドン

ベネディクト・カンバーバッチの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST