園子温、新作映画『アンチポルノ』に手ごたえ「ルールも気にならないぐらい、自由に作品が作れた」

 

映画『アンチポルノ』公開初日舞台挨拶より

園子温監督がメガホンを取ったロマンポルノ映画『アンチポルノ』の公開初日舞台挨拶が、28日に都内で開催。園監督とともに、主演の冨手麻妙、筒井真理子が登壇し、園監督は「ルールも気にならないぐらい、自由に作品が作れたのでとても楽しかったです」と撮影の日々を振り返った。

本作について「久しぶりに自分を出し切れた作品」と語っている園監督だが、実はオファーされた際、一度断ったという。「日活ロマンポルノはよく見ていましたが、当時は成人映画館に行く意味があったんです。現代でポルノ自体に意味がないと思ったので、”アンチ”ポルノだったらできると言ったら、それがきっかけになって企画がうごきました。(ロマンポルノのルールはあったが)ルールも気にならないぐらい、自由に作品が作れたのでとても楽しかったです」

“鬼才”と呼ばれる園子温監督の作品で念願の主演を射止めた冨手は「監督が思う以上のものを出さなければいけないプレッシャーで、毎日緊張していました。でも完成した作品を見て監督が『この作品は愛の結晶』 と言ってくれてすごくうれしかったんです。私も監督の愛がこもった作品になったと思っていたので。こういうこと言うとネットに『園子温のおんな!』とか書かれちゃうかもしれないけど、そんな浅いところではなくもっと深いところで感動しました。おばあちゃんになっても監督の映画に出ていたいです」と感謝のコメント。

筒井は「園監督にぜひ出演してほしいと言われて、脚本を読んだんです。本編のラストに素晴らしいセリフがあって、このセリフを引き受けないと役者としてだめだと思ったので参加させて頂きました。以前に共演したことのある白川和子さんに電話して、今回のプロジェクトに出演するお話しをしたらすごく喜んでくれました」と喜びを語った。

ムチ打ちや、ビンタといったハードなシーンの多い本作、一番きつかったシーンを聞かれた冨手は「絵具が天井から降ってくるシーンがあって、それが大変でした。かなりの高さから絵具を落とすので痛いんですよね。そんななか監督が、くるくる回って大声で笑え!とか言うんです。体中の穴と言う穴から絵具が入ってきてしまって、撮影後1週間ぐらいは鼻水とか涙がカラフルになりました」と壮絶な撮影エピソードを披露。

一方の筒井は、絵具シーンはもちろんのこと、ビビッドな色合いの撮影セットにも監督のこだわりが大きく出たことを解説。「園監督の頭の中を歩いているような作品ということもあって、どれだけ監督の思い描くものを演じられるか不安でした。でもセットが素晴らしくて、セットに入った瞬間一気に役には入れ込めました」

本作のタイトル『アンチポルノ』にかけて「今一番アンチしたいものは?」という質問を受けた筒井は「私はアンチ<多様性を認めない>です。多様性のある様々な文化や思想を受け入れていきたい」とコメント。これを受けた園監督は、「僕はアンチ<タバコ>です。今まで150回ぐらい禁煙をして、すべて約束を破ってきました。おととい禁煙外来に行って、また禁煙の約束をしてきたのでここで禁煙宣言します」と映画とはまったく関係ない宣言をして、笑いを誘っていた。


映画『アンチポルノ』
公開中

監督・脚本:園子温
冨手麻妙 筒井真理子
不二子 小谷早弥花 吉牟田眞奈 麻美 下村愛 福田愛美 貴山侑哉

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

冨手麻妙

生年月日1994年3月17日(25歳)
星座うお座
出生地神奈川県

冨手麻妙の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST